×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2007/2/27 (火)  香港ニンテンドーDS事情(かじった程度だけどね)
2007/2/26 (月)  帰国しました
2007/2/22 (木)  出発
2007/2/21 (水)  池袋
2007/2/19 (月)  グローバルスプリント2007
2007/2/18 (日)  R−1ぐらんぷり2007
2007/2/17 (土)  えっ、あれで…
2007/2/16 (金)  品川駅は港区
2007/2/14 (水)  渋谷でケロロ
2007/2/12 (月)  バレーボール Vプレミアリーグ東京大会
2007/2/11 (日)  バレーボール Vプレミアリーグ神奈川大会
2007/2/10 (土)  バレーボール Vプレミアリーグ神奈川大会
2007/2/8 (木)  見知らぬ国の日本人
2007/2/6 (火)  プロジェクト途中経過
2007/2/5 (月)  サヨナラ、英雄
2007/2/2 (金)  引退
2007/2/1 (木)  仕事見つからねぇ
2007/1/30 (火)  ヒゲを剃ったその訳とその後
2007/1/29 (月)  香港競馬の話
2007/1/28 (日)  ハロープロジェクト2007Winter 集結!10thアニバーサリー
2007/1/26 (金)  更新しました
2007/1/25 (木)  やばいよ、やばいよ
2007/1/23 (火)  京王百貨店の駅弁大会
2007/1/22 (月)  通信設定
2007/1/21 (日)  訃報
2007/1/19 (金)  記念撮影
2007/1/18 (木)  欲しいな、アレ
2007/1/16 (火)  気分転換
2007/1/14 (日)  ヘルプミー
2007/1/13 (土)  ひとまず
2007/1/12 (金)  ダメ人間です、もう
2007/1/8 (月)  ゲームで人生破産
2007/1/6 (土)  競馬
2007/1/4 (木)  今年の正月
2007/1/2 (火)  マスターズリーグ 札幌対東京 札幌の安定した試合運び
2007/1/1 (月)  ダメダメ男の年越し

過去ログページへ戻る

2007.2.27(火)    香港ニンテンドーDS事情(かじった程度だけどね)
 香港に行く際にこれをしたい、と思っていた中の一つにニンテンドーDSLiteを購入があった。ニンテンドーDS自体一昨年12月から品切れ状態が続いていて日本ではなかなか買う事が出来ない物。が香港なら購入可能。香港に行く時には買いたいと考えていた。で今回旅行に行って実際に調べて感じた事があったので報告いたします。
 補足として今回の調査報告は旺角の信和中心と深水歩の黄金電脳中心のみです。他の店(トイザラスやそごうなど)では確認できなかったので。

 まず本体。基本的に値段は日本と同じ。昨年3月に調べた時は黄金電脳中心が最も安かった(もちろん日本と同じくらいの値段だったが)。信和中心は割高感があり、ここより店の数の多い黄金電脳中心の方が多少の割引もしてくれたし、お買い得ではあった。が今回信和中心と黄金電脳中心を見てみたところ、両者共に値段に大きな誤差はなかった。あっても30香港ドル前後みたい。どこで買っても大きな差にはならない。なのでどの店で買っても問題はない。もっともビル内の店を歩き回って一番安く値段を提示してくれた所で買うのが一番だろうけど。両方のゲーム屋ではとにかくニンテンドーDSが売れまくっていた。本体を買い求める人の姿を多く見た。
 ソフト。信和中心、黄金電脳中心ともにソフトはあまり置いていない。お飾り程度。基本的に日本のゲームが中心で、たまに英語バージョンのソフトも発見できる(中国語のゲームは販売されていないので置いていない)。でもソフトを買っている人はほとんど見なかった。では本体を買ってソフトを買わないとはどういう事か。それは後で述べます。とにかくソフトは売れていなかった。
 本体は売れる、でもソフトは売れない。一体どういう事? その理由は「関連商品」が大きく影響している。その「関連商品」とは何か? いわゆるマジコンである(マジコンについて詳しく述べないので、知りたい方は各自で調べて下さい)。最新の手軽なマジコン「R4」が今香港を席巻している(昨年12月には売っていなかった)。このR4とミクロSD(512KBか1GB)などがセットで販売されていて、本体と一緒に買っていく人が大半である。このセットがプラス300香港ドル(日本円で約4500円)だから安いものである。これのおかげで以前より明らかにニンテンドーDSが売れまくっているようだ。去年3月にマジコンを買う人の数はまばらだったのだが。
 ただこのR4とミクロSDだけでは何も出来ない。ここでネットが登場してくる。ネット上にはゲームをダウンロードできるサイトが中華系を中心に多数存在する。そうなのである、ゲームをネットからダウンロードし、ミクロSDに解凍したデータを落とす。そしてミクロSDを付けたR4をニンテンドーDSに差す。これでゲームが出来てしまうのだ。つまりソフトはダウンロードをするので買わない、となるのである。以前のマジコンは多少の手間がかかったが、これなら素人でも簡単に遊べるのだから誰もが買っていく訳である。以前はマジコンを買う人にはコピーCDを販売していた店があったが、今はそんな店は存在しない。R4セットを売って、ダウンロードは自分でしてね、という店ばかりである。
 ちなみに、ダウンロードサイトは激重でたかだか20MBくらいが一晩かかる事もザラ。それでも売れるのだから、凄いものである。

 そんなわけで以前(一昨年以前)はPSPで遊ぶ人の姿を多く見たが、今ではニンテンドーDSで遊んでいる人が多い。もちろん正式のソフトで遊んでいる訳ではないのだが。
 R4…恐ろしいグッズである。ちなみに私がこれを買ったかどうかは、皆さんの想像にお任せします。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.26(月)    帰国しました
 多分無事に帰国しました。どこかに何かを落としたとは思っていないので、今回は無事だと思います。パチパチ。
 今回の旅、最大の目的でありました日曜日のサイレントウィットネスの引退セレモニー、日本の引退式とは違ってまた良かったかな(少し拍子抜けもしたけど)。日曜日はサイレントウィットネスデーで過去に販売したグッズの再販であったり、今まで勝ち取ったトロフィーの展示であったり(もちろんスプリンターズSのもあり)、競馬場自体が一つのイベントでしたね。ただ引退セレモニー前後で競馬場の空気が一変してしまったのが凄かったです。そうそうオーナーのダシルバ氏に握手してもらっちゃいました。一つ良い経験が出来ました。
 他にも色んな事がありました。初の重慶マンションでの安宿生活、サッカー観戦までの苦難の行程、マカオへ行くまでの苦闘と競馬場での出来事、ニンテンドーDSにまつわる話などなどたくさん話したい事、あります。ニンテンドーDSについては後日改めて書きたいと思っております。
 今回の旅行はあまり乗り気ではありませんでした。気分が盛り上がってこないと言うか。でも行ってみたらノリノリで過ごしていました。機運が高まらないとか言っていたけど、そんな物は関係ない話でした。私を刺激する街はどんな心の状態で行っても楽しませてくれる街でした。
 う〜ん、何か上手く書けないなぁ。今は何故か良い文章が書けないのが残念です。まぁ簡単に言わせてもらえば、楽しい旅行だったという事です。

 細かい話は小出しだったり、旅行記で報告します。しばしお待ち下さい。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.22(木)    出発
 ただ今午前3時です。今から12時間後に日本を発ちます。海外へ行ってきます。場所はどこかというと…言わなくても良いですよね。一応書いておきます、香港です。2ヶ月ぶりの来港になります。
 今回の旅の目的はサイレントウィットネスの引退式を見る事。これが最大の目的ですね。引退レースには立ち会えなかったけど、「Good Luck」が言える舞台があるのなら私も参加しないと。私だって言える権利はあるはず。いつかどこかでもしかしたら会えるかもしれないけど、会えるうちに「ひとまず」の言葉をかけたい。急な発表だったのですが行く事を決めました。過去のグッズも発売されるみたいで、それらも買ってきたいですね。
 ただね、機運というかモチベーションが上がらないのですよね。現状が仕事が見つからないという落ち込んでいる最中。さぁ行くぞ! と気持ちが高ぶってこない。なので香港に行ったらこれをしよう、というのがなかなか出てこない。困った話です。
 何も盛り上がりが来なくても、サイレントウィットネスの姿を見られるのなら。それだけで本当は良いのですけどね。少し贅沢になっているのかな。
 サイレントウィットネス引退式観戦が大きな目的ですが、他にも一応ありまして、マカオで内田利雄騎手を見てくるとか(よく考えれば一応以上の目的だぞ、これだって)、ニンテンドーDSLiteを購入するとか(これは大した話ではない)。香港賽馬博物館の3月4日まで開催しているハッピーバレー競馬場写真展をゆっくり見てきたいよね。そう考えたら毎日何かがあるみたい。
 そんなこんなで香港に行ってきます。帰国は月曜日。今回の旅は落とし物をしたり、忘れ物をしたり等の負の出来事がないようお祈り下さい。

 では行ってきます。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.21(水)    池袋
 今日はフィットネスクラブの入っている駅ビルが休館日のためトレーニングできず。たまには身体を休めるのも良い。だがしばらく休む日が続くのが痛い。まぁ休みのトレーニングの一つと捉えましょう、良い意味でね。
 明日以降の予定が狂ってしまったため今日池袋にある病院へ。処方箋をもらう。がいつも薬を処方してもらう薬局も駅ビルの中にある事を忘れていた。これなら昨日にしておけば良かった…。明日の朝に薬を処方してもらおう。
 今日は何もする事がないので(実はあるのだけど)、池袋を歩き回る。いつもは病院に行った後はすぐに帰宅していたので久々の池袋散歩。昔この地で仕事をしていたし、学校にも通っていた。なので馴染みのある街である。そこを歩く。
 本屋で立ち読みをしたり、ゲーセン行ってみたり、映画館で映画版ケロロ軍曹2のチケットを買ったり。昔行った所や最近もたまに顔を出す所、色々と歩いてみる。夜には昔はいなかったホストがウジャウジャいたのを見る。池袋って狭い中に色んな物が入っているのだな、と実感する。ある意味おもちゃ箱かな。
 以前とはそんなに変わっていないのが嬉しくもあった。たまには気分転換に知っていた街を歩くのも良いものですね。大きくは気分転換できなかったけど、少しだけいい気分になった。またそんな散歩をしてみようかな。

 追伸。ついさっき知ったのですが東池袋の大勝軒が閉店するそうだ。南池袋にも支店があり、本家の味を再現している。やっぱり本家の味の方がよい。その本家がなくなってしまうとの事。なくなる前にもう1度味わいに行かないと。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.19(月)    グローバルスプリント2007
 今テンパり中。かな〜りヤバイ状況。頭の中で描いていたスケジュールが大幅に変更させられる予感。それも悪い方向へ。どうするよ、俺? まさかあそこが満室とは。想定外でしたよ。
 これらが何の事か。それは数日後をお楽しみに。
 しかしヤバイ。今メールを送ったところに空室がある事を祈るのみ。

 去年の今頃はオーストラリア旅行をしていた。観光はほとんどせず、競馬場へ行っていたねぇ。フレミントン競馬場もムーニーバレー競馬場もオーストラリアでは大きな競馬場と聞いていたのに、スタンドが船橋・川崎レベルだったのには驚いた。カルチャーショック。世界の競馬場ってこういう物らしい。良い経験をしましたよ。
 で何のために行ったかというとグローバルスプリントチャレンジのレースを見るため。そのグローバルスプリントが今年も始まった。2月3日のライトニングSから始まったオーストラリアラウンドは、MissAndrettiが2戦を制覇しポイントトップに。以下AnySuggestionが8ポイント、VirageDeFortune、Rewaaya、Magnusが5ポイントと続く。
 MissAndrettiはイギリスラウンドに出走意思があるそうで、もしかしてここで好成績を残したら日本遠征もあるかもしれない。牝馬だけにどこまで本気で捉えて良いのかわからないが楽しみである。
 昨年ムーニーバレーで会ったVirageDeFortune、Rewaayaがまだ現役でいたのが嬉しい。まだ牝馬4歳(南半球産なので北半球とは半年若い)だけど、知った名前がいると安心してしまう。牝馬だけに来年はいないかも。
 TakeoverTargetが出走しなかったのは寂しい。例の違反薬物が影響しているのだろうが、いないのは残念。
 あともう1つ残念だったのはオーストラリアラウンドに外国からの参戦馬がいなかった事。今年はチャンピオンになれる馬が出てこないのではないだろうか。
 いつかまたメルボルンに行きたいな、と思った今年のオーストラリアラウンドであった(多分来年もまた行きたいな、と思うのだろうけど)。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.18(日)    R−1ぐらんぷり2007
 雨が降っていたので競馬場へ行くのを回避。もっともあまり行く気はなかったが。そういえば去年のフェブラリーSの日はオーストラリアからの帰国する飛行機で大半を過ごしていたっけ。あれから1年か。1年経ったのか。
 フェブラリーSはブルーコンコルドが大外から伸びて来るも、先に抜け出していたサンライズバッカスを交わせずゴール。サンライズバッカスとは。ブルーコンコルドは少し後ろから行き過ぎた感が強い。馬券は外れた。
 フジテレビの競馬番組の後はR−1ぐらんぷり2007。これを見たかったから競馬場へ行かなかったというのも大きな要因であったが。

 今回のR−1ぐらんぷりはチュートリアル徳井がM−1とのダブル優勝なるか、が大きな目玉になっていた。目玉というか客寄せパンダか。ピン芸人が意地を見せて欲しいと思って見ていた。
 1番手は土肥ぽん太。まぁこんな感じだろう。ピン芸人の特徴でもあるのだが独特の間合いがいい。ただここからグンと伸びてくるのかな、という所がなかった。それが土肥ぽん太と言えばそこまでなのだが。
 2番手は徳井義実(チュートリアル)。ピンではおなじみのヨギータで来た。いつもならもっと笑いが来るのだが今日はイマイチ。もっと妄想が狂い走りしてくれたら面白かったのだが。それでもある程度まとめて来るのはM−1王者か。
 3番手は大輪教授。ネタ自体は悪くはなかった。もっと笑いがあっても良かったと思う。少し頭を使わせるのも良かったし。今回評価が低すぎでは、と正直感じた。でもベスト3は無理だが。
 4番手は友近。1回から毎回決勝まで行くも優勝できない人。今回は過去とは違って優勝を狙った、確実に笑いが取れるネタを持ってきたように思えた。独自のワールドを作り出したが、ガツンとは来なかったのが痛かったか。
 5番手はウメ。ボソボソと喋りながら紙芝居形式のフリップを使って笑いを取る。同じ絵を違う展開で見せるのはなかなかである。エコロジー芸人か? 絵に出てくる悪役の人は何とも悲しく見えてしまう。それはマジックにかかってしまっているのだろうか。結構ツボにハマった。以前見た事のあるネタだったので今後彼女を見る機会があるのだったら、違うネタを見てみたい。私的には一番良かった。
 6番手はやまもとまさみ。顔にマジックで落書きと出オチ感が強かった。でも身体全体に落書きがあるとは。ネタは普通なのだが、オチに向かって畳みかけるような展開は素晴らしかった。
 7番手はバカリズム。前回大会はフリップの絵で勝負してきたが、今回はフリップ無し。しかし顔には女王様マスクを付けて。そして話す言葉の最初の文字は全てイニシャル。初めは何が何だか、であったが話が進むに従ってその世界観に笑いが。気が付いたら爆笑していた。言い回しが良いのかもしれない。どっぷりバカリズムの世界にハマった。
 最後はなだぎ武(プラン9)。ビバリーヒルズ高校白書のディラン・マッカイで登場。ビバリーヒルズ高校白書自体を知らないのであまり笑う事ができない。ディラン・マッカイというより小杉十郎太マネではないのかな。「あまり笑う事が出来ない」のだが、そこそこは受けた。でも一番良かったとは思えなかった。ある意味楽屋落ちっぽさがあるからだ(去年の博多華丸の児玉清だったり、一昨年の長州小力だったり)。そこが面白いのかもしれない点なのかな。わからない人を置き去りにしていくのはどうなのだろうか。
 結果発表になり、まず3〜8位まで発表。残ったのは徳井となだぎ。どちらが1位かと思ったら得票が同じ。同点であった。審査員の決選投票になり4−1でなだぎに軍配。なだぎ武が今年のR−1ぐらんぷりの優勝者になった。
 結果には文句はないが、1位と2位がコンビやグループの人に取られたのにはどうかと思う。普段からピン芸でやっていない人に優勝を取られたのである。もっと表現をせよ、ピン芸人。そう思ったR−1ぐらんぷりであった。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.17(土)    えっ、あれで…
 先日知ったのだが、漫画版少林サッカー(少林足球)は全4巻で終わりらしい。一応4巻まで持っているのだが、この先続くのかなと思っていた。が続かなかった模様。話はまだ終わっていないし、この先どうなるのかな? と思わせる展開だったのに。何とも残念。頑張れなかったのか、チャウ・シンチー。
 でもその事実を知る事が出来たのは収穫。香港に行く度に信和中心の漫画屋を歩き回る必要が無くなったのだから。そうは言っても信和中心には行くのは間違いない。でも最近のお気に入りは信和中心より深水歩の黄金や高登電脳中心の方なのだけどね。

 今日はここまで。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.16(金)    品川駅は港区
 朝寝坊した。仕方ないだろう。何せ前日の夜はつまらない映画を見てしまって、その後なかなか寝付けず推測午前6時半過ぎまで寝られなかったのだから。約束があって、といった物でもないので気合いを入れて起きられるわけがない。なので寝坊。
 昼御飯を食べて、ゆっくり休んでから品川駅方面へ自転車を走らせる。港南口に自転車を置いて品川駅を横断。高輪口に出て品川税務署へ。今日から確定申告が始まっていて、出来るだけ早く書類を提出したかったのだ。まぁ早く提出すれば早く還付がくるかな、というのが大きな理由なのだが。書類に添付するものの確認をしてもらって申告。早くお金が戻ってくると良いな。
 再び品川駅を横断し港南口へ。南側にある三井住友銀行でお金をおろして北側にある某ショップで支払い。南から北へお金が流れたという事。お金がないのに…。まぁこれは一つの区切りのための事だから、しょうがない。これが終わったらもう後戻りは出来ない。今まで以上に必死で私がしたい仕事を探さないと。
 その思いを胸にハローワーク品川へ。3階の求人検索機で仕事探し。求人自体はあるものの条件に合うものが少ない。やっぱり経験者が求められるのよね。実務未経験は厳しい。仕方ない話なのだが。でも探せばいくつかはある。ただ職場へ行くのに地下鉄があるのは辛い。地下鉄通勤に良い思い出はないからだ。なのでJRで行ける範囲と絞ると…。本当に少ない。ようやく1件だけ見つかって紹介状をもらいに行く。が職業紹介を受けるまでの待つ時間が長い。8人待ちで30分以上待たされる。回転率悪すぎ。少しイラついてしまう。こんな所で怒ってもしょうがないのだが。
 紹介状をもらってから自転車で家へ戻る。今日行った場所は全て品川駅から歩いて3分で「○○品川」と名乗っている。でも品川と言っているが港区所属。何だかなぁ。

 品川駅まで自転車で行くのは辛い。というか面倒。だけどこれらの物が全て品川駅周辺にあるのだから仕方ない。もっと近くで出来ると良いのだけど。まぁ健康のために自転車に乗って行きますか。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.14(水)    渋谷でケロロ
 朝から最悪。期待していた仕事がポシャった。この話が立ち消えてしまったのは痛い。また1から仕事探しになってしまったのだから。ここの仕事を楽しみにしていたのだが。オマケにもう1つ仕事の話もあったのだが、急に条件のハードルが上がっていた。それはもっと先に言ってくれないといけないんじゃないの。そういうサポートが悪いんだよな、ア○コは。
 そんなわけで朝から気分最悪でやさぐれモードに突入。当然気持ちは盛り下がる一方でやる気が出ない。もうダメ…。

 そんな落ち込んでいる中、二子玉川経由で渋谷へ。パルコで行われている「ケロロ軍曹☆吉崎観音展」を見学。300円支払い、チケットとケロロ小隊の誰かの顔が入っているシールをもらって中へ(ちなみに袋に入っていたのはドロロ兵長)。まずは映画の広告。今回の展覧会は映画公開記念だからあるのは当然。なかなか面白そう。前回も見たけど今回も確実に行くでしょう。
 その後作者の吉崎観音の部屋を写真で公開、今までの作品紹介するコーナーへ。部屋には過去に発売されたフィギュアが並んでいるようで、コレ欲しいけど今売っていないのだよな、という物があったりと結構うらやましい物もあった。作品コーナーでは以外に作品を出しているのだね、と知る。その中でもケロロ軍曹は一番のヒットみたいだ。作品紹介の所にはケロロ軍曹などの漫画が置かれていたが、海外版もあってビックリ。正式に発売しているのだからあるのは当然としても、ちゃんと海外版漫画本も飾っているのはさすがだ。
 アニメ版の過去のオープニング曲とエンディング曲が流されていて、懐かしいと思ったりも。ケロロ軍曹は海外でも放送されていて、韓国版・イタリア版・フランス版の1作品をテレビで上映していた。いつも聞いている声とは違っているのも面白い。この国ではこんな声になっているのだ、と勉強にも。今数国で放送されているのだが、一番最初に海外でケロロ軍曹を放映したのは香港だそうだ。海外版テレビの向かいにはケロロ軍曹の声優陣の写真とコメントがあって、この人がこの役をやっているのか、とこれまた勉強。
 出口前にはグッズショップがあって今回の展覧会記念Tシャツや文房具、ヌイグルミなどが売られていた。展覧会記念ポスターが良かったので購入。他にも限定ではないがケロロ軍曹システム手帳も買ってしまった。いつか使う日が来るだろう。ポスターは飾るケースを買ってこないと。
 展内には1/1ケロロ小隊がいたり、ホワイトベースのケロロ軍曹がいたり、ゆっくりと回っていたら時間がアッという間に過ぎていた。ただ残念なのはスペースが小さい事。もっと大きい会場でやって欲しかった。でもケロロ軍曹好きには十分楽しめる内容だと思う。平日の午前中だというのにそれなりに人がいてビックリもしたけど。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.12(月)    バレーボール Vプレミアリーグ東京大会
 最寄り駅から東京体育館のある千駄ヶ谷駅へ行くのに色々と考えてしまう。どれがベストなのかと。秋葉原駅経由だと少し時間がかかる。かと言って代々木駅経由だと乗り換えが1回多くなる。結局は乗り換え1回と楽な秋葉原駅経由になってしまうのだが。本当のベストはバイクなのだけど、それは言わない約束。
 というわけで今日は東京体育館でのVプレミアリーグ観戦。試合開始時間を間違っていて、余裕を持って出発したのに着いたらもう試合が始まっていた。まさに「orz」であった。まぁ今日は3試合だから良いとするか。

 第1試合は東レアローズVSデンソーエアリービーズ。つーか何で3日連続でデンソーの試合を見ているのだろうか。単なる偶然なのだろうが、変な感覚だ。東レは大山加奈が肩の故障で戦列を離れているせいか成績が上がっていない。荒木や木村といった全日本の選手はいるが、ここ一番でのエースの欠場は痛い。またチーム的に若い選手が多いので一度波に乗り損ねると転がり続けてしまうのも難点。ただ力的には東レの方があるので東レが勝つのでは、と予想した。
 第1セット、上記の理由で会場に着いたら21-12とデンソーがリードしていた。多分東レが流れに乗れずにデンソーが勢いに乗って点差を広げていたのだろう。その後もデンソーペースのまま第1セットが終わった(25-14でデンソー)。
 第2セット、一進一退のラリーから東レが抜け出す。最初のテクニカルタイムアウトを取ると勢いに乗り、そのまま連続ポイントを続け22-10と大差が付くまでに。荒木や佐藤のスパイクが何本も決まる。最初のセットとは逆にペースを握ったらそのまま逃げ切った(25-15で東レ)。
 第3セットは一進一退のラリーが続く。まず東レが抜け出すがデンソーも3点差をひっくり返し逆転。お互いに良い攻撃が見られ、点差はそのままで中盤へ、デンソーが16点目のテクニカルポイントを取る。ここから東レが反撃。連続ポイントを重ねて逆転をし点差を広げる。着実に得点を取った東レがデンソーの流れを断ち切り第3セット目を取る(25-20で東レ)。
 第4セットも第3セット同様一進一退で始まる。なかなか点差が広がらないが中盤でデンソーが3点差つける。両チームとも攻撃が良い。何本も気持ちの良いスパイクが決まる。どちらに転がるかわからないくらいだった。終盤にデンソーが4連続ポイントで一気に差を広げると、最後は東レのサーブミスでデンソーが第4セット目を取る(25-21でデンソー)。
 第5セット、ファイナルセットはまず東レが2点差でリード。がデンソーが4連続ポイントで逆転すると先に3点差をつけて10点目に突入。その勢いは衰える事なくデンソーが差を広げて勝負あり。デンソーが、というより東レが勝負所でのミスが目立って負けた感が強かった(15-12でデンソー)。
 東レはやはり若いチームだなというのが実感できた。リズムに乗ると強いが、一旦乱れ始めると立て直すのが大変。あと大山加奈の欠場が予想以上に厳しい。木村や荒木も頑張っているし、佐藤も良い出来であった。ただここ一番での一本が出ない。またデンソーの木村狙いでのサーブが効果的で、攻撃の目を潰されていた。デンソーは昨日の久光製薬戦の負けが相当応えたらしい。なので今日にかける思いが強かったようで、勝利インタビューで桜井が涙ながらに喋っていたのが印象的だった。デンソーは眞があまり良くなかったが、矢野が良かった。高さもあるし。化けたら怖くなりそうな予感。何はともあれ、東レは戦績がトントンなのが何となくわかった。若さ故のもろさが無くなれば、だろう。デンソーは守りがしっかりしているし集中力もなかなか切れない。あとは攻撃の時に決められる力が加われば、と感じた。今後チーム的に化ける可能性は高い。

 第2試合はシーガルズ対JTマーヴェラス。JTはセッターの竹下が指を痛め欠場中。その穴を河村が埋めているが、今日もその穴を埋められるかが鍵だろう。
 第1セット、今シーズン初めて生で見るJT。結構ソツが無く、竹下のいない穴も大丈夫そうに見えた。が試合が進むに従ってペースを握っていくのはシーガルズ。最初は何故か点が入っているように見えた。がそうではなくJTを研究し尽くしたのだろう。JTの攻撃を読んでいてしっかりと守る。そしてきっちりと守りの穴を狙ってスパイクを決めていく。JTも一時は4点あった差を追いつくが、シーガルズは3連続ブロックで再び突き放すと、そのままシーガルズが第1セットを取る(25-22でシーガルズ)。
 第2セットもシーガルズが先に抜け出す。JTは攻撃パターンを読まれていて決める事も出来ない。セッターを河村から遠藤に変えてみるも効果無し。7連続ポイントで差をつけられる。シーガルズは攻撃は面白いように決まっていき、結局12点差をつけて第2セットも取った(25-13でシーガルズ)。
 第3セット、先にJTが飛び出るがすぐにシーガルズが流れを断ち切って取り返す。JTも詰め寄るが差は詰まらない。ケニーのバックアタックまで読まれるようになると完全にJTの攻撃はお手上げ。何故こんなに攻撃を読めるのか不思議になるくらいだった。JTはアタックミスが増えだしてくる。逆にシーガルズの攻撃は止まらない。完全に流れに乗っかってしまった。JTは何もできないまま、最後はケニーのバックアタックがアウトになりゲームセット。予想外のシーガルズのストレート勝ちだった(25-18でシーガルズ)。
 昨日初見だったシーガルズ、以外と多彩な攻撃を持っているのだとビックリした。バックアタックはなかったが、上手くトスを散らしてアタック。昨日NECが苦戦したのも良くわかった。何げに攻撃力があって守りも堅い。華はないが地味に力があるのだと実感。ハマると一発があるようだ。恐ろしいチームなのかもしれない。ただシーガルズはファイナルラウンドは難しいかも。JTは竹下の欠場が痛いのかもしれない。今までは勝てていたが今日のようにトスが読まれるケースが増えてくるかもしれない。竹下が戻ってくるまでは厳しい戦いが予想される。でも竹下が復帰すれば大きな穴が無いだけにファイナルラウンド進出も有り得るだろう。

 第3試合は武富士バンブーVS久光製薬スプリングス。勝ち星が並んでいる首位決戦。今日一番の注目カードである。昨日久光製薬を見た感じではどこにも穴が無く、盤石のバレーをしている。武富士は前回も負けている相手に対しどうやって崩すのか攻略をするのかが着目点だった。
 第1セット、武富士が2点先行するも久光製薬が5連続ポイントで流れをガラリと変える。武富士はサーブミスやブロックで止められたりと攻撃の波に乗れない。また久光製薬のサーブが良く、崩されているのが明らかにわかる。最後も落合のサービスエースで第1セットを取る。武富士は何かもどかしい感じだ(25-18で久光製薬)。
 第2セットは久光製薬が逃げる展開。武富士も離されないように食らいついていく。エステスを中心に攻めるもなかなか久光製薬を攻略できない。そのうちに久光製薬が引き離していく。武富士は石川、吉澤あたりが決められないのが痛い。久光製薬はどこからでも得点が入る力がある。久光製薬は何本もスパイクが決まり。武富士は離される一方に。最後は武富士のスパイクアウトで第2セットも取る(25-16で久光製薬)。
 第3セット、序盤は互角に進むも武富士がスパイクミスが出てからは久光製薬に流れが傾く。武富士は必死になって離されないように粘るがそれ以上の事は出来ない。決めるのはエステスだけでは辛い。一方的にはならないが、久光製薬の流れは止まらないまま。最後もフォフィーナのアタックが決まって試合終了。久光製薬は危なげなく勝利を収めた(25-20で久光製薬)。
 久光製薬はボールを繋ぐし、拾うし、返すし、決める。穴が見つからないくらいだ。さすがは首位である。全日本の小山が出る幕もないくらいなのだから。久光製薬はこのまま優勝してもおかしくないくらいの力がある。強いチームが出来上がったものだ。見ていても面白いし、良いバレーをしている。武富士はもう少しやってくれると思っていたが…。サーブで崩されて、スパイクが思うように決まらない。ミスも目立つ。何もできないまま終わっていた。完敗だった。ただこのままでは終わらないだろう。ここまで3敗のチームだ。今回の負けの課題をしっかりと修正してくるに違いない。そのためには石川や吉澤がもっとアタックを決めないと今後が大変である。

 結局世間で言う3連休(私はずっと連休中だからね)はバレーボール漬けだった。その中で感じたのは久光製薬のバレーが強くて敵わないな、と。選手層も厚いし、高い位置でのレギュラー争いが見て取れる。このままファイナルラウンドまで行きそうな勢いがあった。NECが復調気配があり、逆に東レが今後苦しそうだなというのもわかった。3日連続で見たデンソーに少し心が揺らいでみたりもした。
 ファイナルラウンドは久光製薬と武富士がほぼ確定で残りのイスをパイオニアとJT、デンソーあたりで争う戦いになりそうな感じである。ただまだセカンドレグの中盤、3回り目でお互いの手の内がわかっての対戦でどのように奥の手が出せるのか。それが面白そうである。ただ見に行ける会場がほとんどない…。
 とりあえずVプレミアリーグのチームを一通り見たかな、と思った。が3日連続で見たにも関わらず1チームだけ見る事が出来なかったチームがあった。日立佐和。ここだけ見る事が出来なかった。多分今シーズン見る事が無いだろう。残念。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.11(日)    バレーボール Vプレミアリーグ神奈川大会
 結局行ってしまったとどろきアリーナ。しかも楽々当日券が手に入った。試合が始まってもそんなに人が入らず(6〜7分入りかな)、少し残念。もっと盛り上がったところを見たかったのだが。ホームゲームのNECの対戦相手が岡山シーガルズとマイナーチームだったのも観客が入らなかった要因の一つか。昨日のようないい雰囲気の会場にはならなかったのは惜しい。
 とどろきアリーナはそんなに大きな器ではないのでここを満員に出来ないのはどうなのだろうか? ホームゲームはしっかりと満員にするように動員をしましょう、NECさん、と愚痴を言ってみる。

 第1試合は久光製薬スプリングスVSデンソーエアリービーズ。首位を走る久光製薬、安定した力を持っている。どれだけ強いのかを見てみたかったので第1試合から楽しみにしていた。
 第1セットは一進一退から最初のテクニカルタイムアウトを取ったのは久光製薬。2点差を付けるも追いつかれる。しかし突き放すとスパイク、ブロックでデンソーを圧倒。地力をマザマザと見せられた(25-17で久光製薬)。
 第2セットは序盤から久光製薬が押し気味にゲームが進む。がデンソーも粘りを見せて逆転に成功する。がやはり高い位置で安定した力を持つ久光製薬、焦りを見せず。お互いが譲らず試合が進む。逃げる久光製薬、追うデンソーの流れの激しいラリーが続いて終盤へ。先にセットポイントを取ったのはデンソー。もしかして、と思わせたがここから久光製薬の力の違いが出た。23-24から圧巻の連続3ポイントで逆転し、久光製薬がこのセットも取る(26-24で久光製薬)。
 第3セット、デンソーが飛び出すもすぐに久光製薬が追いつき最初のテクニカルタイムアウトを取る。デンソーも何とか粘りを見せるが、終盤集中力を失ったかミスを連発。最後は橋本のスパイクが決まり、難なく久光製薬がこのセットも取ってストレートで勝利を収めた(25-16で久光製薬)。
 試合を通じて思ったのは久光製薬の安定度の高さ。攻撃も守りもしっかりしていて盤石なのを感じた。終わってみたら久光製薬の良さばかりしか思い出せないくらいだった。チームとして完成されている。この調子でいけばファイナルラウンドは確実だし、優勝も狙えるのではないだろうか。デンソーは今日は相手が悪かった。大きなミスをまずは少なくする事からだろう。特に第3セットは酷かった。ここが無くなれば、と感じた。

 第2試合はNECレッドロケッツVS岡山シーガルズ。前回の対戦はシーガルズがまさかのストレート勝ち。昨日の試合で復調の兆しが見られたNECだけにここはしっかりと借りを返しておきたいところ。しかもホームゲームなだけに無様な所は見せたくはないだろう。
 第1セットはNECのためのセットだった。序盤からシーガルズを圧倒。リーカや仁木、杉山のスパイクが何度も決まる。昨日の流れをそのまま持ってきているようだった。最大11点差までついた。最後はもたついたがしっかりと1セット目を取る(25-18でNEC)。
 第2セットも前のセットの勢いのままNECが序盤から抜け出す。最大5点差までつける。がここからシーガルズも粘る。10-10の同点にまで持ち込む。その後は一進一退の激しいラリーが続く。ここからNECは細かなミスが目立ちだす。がここは実力チーム、18-18から連続3点を取って流れを変えると最後は杉山が決めて第2セットも取る(25-23でNEC)。
 第3セットは一進一退の展開。NECはシーガルズに付き合ってミスをしているように見える。シーガルズが6連続ポイントで11-6とリードをする。NECも大貫のサービスエースなどで同点に追いつくが、シーガルズが再び息を吹き返して得点を取り出すと、そのままの勢いでシーガルズが逃げ切ってこのセットを取る(25-22でシーガルズ)。
 第4セット、NECは最大3点差までつけるが、8−8の同点に追いつかれる。そしてNECのミスもあり逆に10-16とシーガルズが6点差をつける。もしかするとフルセットまで、と考えられた。だがNECもここから巻き返す。反撃を開始するとアッと言う間に18-18と同点に追いつき、杉山のスパイクで逆転をする。その後追いつかれるも再び突き放し、最後はリーカのスパイクが決まって何とか勝利を収めた。どちらに転んでもおかしくはなかったセットだった(25-22でNEC)。
 NECは試合序盤は良かったものの昨日のような冴えはなかった。相手を少しなめていたのかもしれない。ミスが目立ち、スパイクも試合が進むに従って決定力が落ちていた。リーカの力があったから何とか勝利を取れたのかも。もし第4セットを落としていたら負けていたかも。まだ完全復調とは言えないのだろう。もう少し時間が必要かもしれない。ファイナルラウンドは厳しいかな。シーガルズは特徴が掴めなかった。良くもなく悪くもなく、だった。粘りはあるが浅い感じだし、攻撃力があるわけでもない。でもしっかりとポイントを取っている。ただコレ、といった物がなかった。選手層も厚くなく。そこは企業チームではない所の痛いところか。私自身がもっと研究しないと。

 今日は久光製薬の安定ぷりが見られたのが収穫。NECはまだ危なそうだし。さて明日は東京体育館かぁ。ていうかこの3連休全部バレーボールを見に行っている私は一体何なのだろうか。単なるバカ以外何者でもないのはわかっているが。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.10(土)    バレーボール Vプレミアリーグ神奈川大会
 今週の3連休はバレーボール週間というわけではないのだが、東京体育館、とどろきアリーナと家から行きやすい会場での試合があるのでヒマがてらに見に行く。
 まずは今日訪れたのはとどろきアリーナ。ここはNECレッドロケッツのホームゲームの会場なのである。NECの女子チームは川崎をホームにして、フロンターレと同じく川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーの一員なのだ。別にその関係から見に行ったわけではないのだが。
 フロンターレの試合でもないのに等々力に行くのは久々である。何か新鮮であった。

 まず第1試合はデンソーエアリービーズVSトヨタ車体クインシーズ。愛知ダービーが川崎でひっそりと行われた。
 第1セットはトヨタ車体が先行し、デンソーが追いかける展開。なかなか追いつけないデンソー。トヨタ車体が先にセットポイントを取るが、デンソーが粘り同点に追いつきデュースへ。何度もセットポイントを取るトヨタ車体、がデンソーはボールを繋いで粘り続ける。が最後は力尽きトヨタ車体が1セット目を取る(32-30でトヨタ車体)。
 第2セット、序盤はトヨタ車体が3点差を付けて先行。がデンソーが連続得点で逆転するとそのまま流れに乗ってトヨタ車体を圧倒し2セット目を取る(25-18でデンソー)。
 第3セットは序盤は互角も徐々にデンソーが力を発揮し、またトヨタ車体は攻撃に厚みを感じられず、またも一気にデンソーが点差を付ける。終盤トヨタ車体も連続得点で反撃するも結局デンソーが先に付けた点差を活かし3セット目を取る(25-20でデンソー)。
 第4セットはデンソーの一方的な試合展開。トヨタ車体に1セット目の勢いは無かった。プレミアリーグ1年目で選手も若いトヨタ車体は集中力が途切れていた。デンソーは力強さは感じられないものの、地味にボールを繋いで決めていた。最後はトヨタ車体のドリブルの反則でゲームセット(25-17でデンソー)。
 試合を通じて派手さは無かった。というか派手な攻撃をする選手がいなかったからかもしれないが(デンソーには眞という良い選手がいるのだが、何とも決定力が足りない)。トヨタ車体はまだこれからのチームである。デンソーはもう少し何かを足したら怖いチームになるのだろうが、チーム的に現状維持が精一杯。大型補強をしないだろうから。

 第2試合はNECレッドロケッツVSパイオニアレッドウィングス。実力チーム同士の対決である。ただパイオニアは力通りの順位に対し、NECは目下絶不調。9位と低迷している。今の順位からいったらパイオニアが圧倒して終わりそうな予感がした。
 第1セット、スタートからNECはリズムに乗れず。パイオニアも良いわけではないのだが、流れには乗れている。一旦はパイオニアが突き放すもNECが粘りを見せて同点に追いつく。が再び突き放され第1セットはパイオニアが取る(25-21でパイオニア)。
 第2セットは第1セット目で何かを掴んだようなNEC。今までの絶不調が嘘のように得点を重ね7−1とリードをする。すると流れも一気にNECへ転がり込む。泉のサービスエースなどで圧倒。パイオニアもいまいち決定力の上がらない栗原に変え榛沢を入れて流れを変えようとするも、変わらず。大差が付いたままNECが第2セットを取る(25-19でNEC)。
 第3セット、パイオニアはバックマンをスタートから入れてより攻撃的に仕掛ける。一進一退から8−4と先に抜け出したパイオニア。一時は5点差まで付ける。しかしここからNECの怒濤の反撃。連続ポイントで同点に追いつくと一気に逆転し突き放す。そのまま大逆転をしたNECが第3セットを取る(25-21でNEC)。
 第4セットはその勢いのままNECが点を取るがパイオニアも実力者。簡単に負けない。息を吹き返し同点に追いつく。が今日のNECは今シーズン負け越しているチームではなかった。流れを取り返すと得点を再び取り出す。不調だったのが信じられない。最後は仁木がスパイクを決めてNECが勝利を収めた(25-21でNEC)。
 試合を通じて思った事。ここ一番でミスばかりしていて試合を落としていた今シーズンのNEC。が今日はミスも少なく、また選手が活き活きしていた。仁木、杉山を始め、リーカも調子が良くパイオニアの守備の穴を突くスパイクを何本も決めていた。実力チームのパイオニア相手にここまで圧倒するとは。想定外な試合運びだった。何故9位なのか? と言いたいくらいだった。パイオニアは悪くはないのだが、ここ一番突き出る所が無い。フールマンがいなくなった穴は想像以上に大きいのかも。栗原も決定力を欠き、佐々木は飛び抜けて良くない。この2人が回していかないと辛い部分があるのだが。他の選手も今日は調子が良くなかったのか、目立つところ無しだった。今日はNECのための試合だった。

 久々の生観戦だったが、女子のバレーボールの醍醐味である繋ぐプレーが随所に見られて良かった。会場の雰囲気も良く、スポーツ観戦依存症(?)の私にはとても楽しく観戦できた。明日もここで試合があるから見に行こうかな、と思ったくらいだった(本当に見に行くかもしれない。当日券が買えたら、の話だが)。
 ただ難点を言わせてもらうと、もっとNECレッドロケッツのホームゲームだというのをアピールしても良いのでは。ホームアドバンテージを感じさせるくらいの。確かに応援席には人が一杯入っていた。ここに演出力を付け加えれば更に迫力が生まれると感じた。まぁプロチームではないのでそこまで求めるのは酷な話かな。でも求めたいのだけどね。

 スポーツは楽しい。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.8(木)    見知らぬ国の日本人
 ミスターピンクこと内田利雄騎手が1ヶ月間マカオで騎乗する。それなりに騎乗数もあるようで、是非とも「日本に帰らないでくれ」と言われるような活躍をしてきて欲しい。マカオは上手くない騎手が多いので目立つ存在になると思うが。

 日本で騎手になるのは大変である。JRAもしくはNARの競馬学校を卒業し、試験に受かって初めて騎手になれる(地方競馬の場合、学校経由でなくても試験に受かる人もいるが(私の知り合いがそうなのだけど))。でもその前の競馬学校に入れなくて騎手過程を受けることすら出来ない人なんかはかなり多くいる。狭き門なのである。騎手学校に受からなかったが騎手になる夢を諦めきれずに海外にその道を求める人もいる。
 オーストラリアには日本人のための競馬学校があり、そこで学んでから見習い騎手になる人も出ている。この学校出身の藤井勘一郎騎手はオーストラリアでもトップクラスの活躍をしている。また2003年に大井競馬場で短期免許を取得し騎乗していた富沢希騎手もいる(ちなみに彼は一昨年マカオで短期免許で騎乗していた。今はオーストラリアで騎乗しているらしい)。オーストラリアで騎手免許を取得した人はそのままオーストラリアで騎乗する形みたいである。オーストラリアの競馬場自体の数も多く、規模も様々である。彼らはその中で切磋琢磨しているようである。
 しかしそれ以外でも騎手の道を進む人がいる。
 つい先日マカオジョッキークラブのHPを見ていたところ、サイマルキャスト(同時発売)のマレーシアの馬柱が載っていた。それを見ていたらどう考えても日本人の騎手を発見した。安藤裕という騎手である。どういう過程を経て騎手になったのか知りたくて調べてみたが、情報はほとんどなし。オーストラリア経由ではないのはその辺でわかった。がどういった経路で騎手になって、マレーシアで騎手をしているのか知りたくて、某巨大掲示板の質問板に書き込みしてみた。そしたらレスがあった。何でもイギリスの競馬学校を出てからカナダで騎手になり、マレーシアに流れてきたそうな。そこまでして騎手になりたいという意気込みは素晴らしい。
 でもまさかマレーシアに日本では騎手になれなかった人が騎手として活躍しているとは想像を超えていた。もしかしたら他の競馬をやっている国に私が知らない日本人騎手がいるのかもしれない。見知らぬ国へ行き、そこでやっていた競馬に日本人騎手がいたら…そう思ったらワクワクする。
 日本以外で活躍する日本人騎手の情報はなかなか得る事が出来ない。ましてや競馬発展途上国の競馬情報なんかは皆無に等しい。だからそこで出会えたらラッキーなのだろう。いつかそんな経験をしてみたいものだ。
 とりあえずマカオで騎乗する内田利雄騎手を見に行きたいのだけど。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.6(火)    プロジェクト途中経過
 土曜日に進行中のプロジェクトについて会合。というか申込書を書いただけで、そのあとは飲み会だったのだけど。そして今日料金を振り込み、申込書を送付した。これで賽は投げられた。結果次第で通ればプロジェクトは更に加速して行くはず、はず…。
 このプロジェクト、ある程度まで進んでいる、と思っている。この手の話は私は素人なのである方にほぼお任せ的なのだが。でも進んでいると思っている。で良いのですよね?
 私的にはやれる事はやったかな、と。あとは文章の取捨選択であったり、細かな修正と考えているのですが。それでも昨年の夏から考えれば進捗度はアップしている。もっとも進捗度が80%から1%進むのに1ヶ月かかる事だってあるのだからまだまだ兜の緒は締めっぱなしでいないといけないのだけど。
 とりあえず審査が通る事を祈りつつ、精度を上げる努力をしないと。といっても努力がもっとも嫌いな人間だけにどうなる事やら。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.5(月)    サヨナラ、英雄
 日曜日に行われたサイレントウィットネス最後のレースになるセンテナリースプリント、シンティレーションが勝利しサイレントウィットネスは何もできぬまま後方で沈んでいた。でも誰も彼をけなそう何て思っていない。今までありがとう、の気持ちでいっぱいであった。
 思い起こせば2003年の香港スプリントで初めて出会ってから3年2ヶ月が経つ。連勝記録を伸ばし続けていた時、初のマイルで負けて連勝が止まった時、初の海外遠征で結果を出した時、スプリンターズSを圧勝した時、病気になって全盛期の力を出し切れなくても走りきっていた時…色んな事を思い出す。いい時も悪い時も全部見てきた。だからこそ感慨深い物がある。
 私を香港競馬へ誘ってくれたのはエイシンプレストン。でも香港競馬の魅力を伝えてくれたのはサイレントウィットネス、彼だった。だから彼の引退はとても悲しいと同時に一つの時代の区切りを感じる。もう彼と競馬場で会う事は出来ないんだな。そう思うと寂しい気持ちでいっぱいだ。
 最後のレースは昔のように先行するスピードに欠け、地響きを立てて芝生を蹴りこみながら前の馬を差す力もなかった。でも無事にゴールインできただけで十分。勝ってくれたらもちろんハッピーエンドだったろうけど、無事にゴールインしてくれただけでも十分ハッピーエンドなのだから。
 今後オーストラリアで余生を過ごす。いつか機会があれば是非とも彼に会ってみたい。多分夢のままで終わるだろう。でも願っていればいつかは…。
 でもその前に今月25日に沙田競馬場で引退式ぽい物があるみたい。行ってみようかな、と思ったりしています。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.2(金)    引退
 サイレントウィットネスが今週日曜日のセンテナリーSを最後に引退をするそうだ。正直な感想を言うとついにその時が来たか、と。一昨年のスプリンターズSを勝った後、体調不良を起こした。なかなか元に戻らずようやくターフに戻ってきた時には全盛期の力は無かった。1からのスタートに近い感じだった。
 年齢を重ねるに従って段々ズブくなってきて、スピードが乗らなくなってきた。スタートから前に取りつくなんて出来なくなっていた。かと言ってスタミナが付いたわけでもなく。1400mのレースでも末脚が伸びていなかった。また馬体重も増加の傾向にあった。最近の馬体重は確実に全盛期より20キロほど重く、ブクブクの馬体を見て、ダイエットをしないとダメだ、と見るたびに思っていた。
 そんな姿を見ていたから状態はボロボロなんだろうな、と感じていた。だから「引退」は仕方のない事なのだろう。でもいざ引退を言われると悲しい。まだまだ走れる、走って欲しいと思っていたから。ボロボロになるまでとは言わないまでも、どこかで一花咲かしてから引退をして欲しかった。
 私は引退レースをチェアマンズスプリントと読んでいた。センテナリーSは1000mで今の彼には直線のみのレースは合わない。かと言って1400mのシルバージュビリーSでは距離が長すぎる。なので一番力が発揮できる1200mのチェアマンズスプリントが最後のレースと思っていた。だからその日に合わせて香港に行こうと計画を立てていた(他に内田利雄が騎乗するマカオ競馬観戦やニンテンドーDS購入だったり色々と付け加えて)。でもその予定はパーかな。サイレントウィットネスのいないレースは寂しすぎて。
 何にせよ、サイレントウィットネスについては何らかの形にして残したいな、と考えている。彼との物語を完結させるために。それが表に出るかどうかは不明(多分無理だろうが)。マスターベーション的な物にならないように努力はするけど。
 今週のレース後、サイレントウィットネスはメルボルンにて隠居生活を送るそうだ。一度会いに行ければいいな。
 それにしても香港スプリントの写真データを無くしてしまったのは本当に痛い。あれが最後の写真なのだから。

一番上に戻る

 
 
 
2007.2.1(木)    仕事見つからねぇ
 仕事に就けない。ハローワークや派遣などで仕事探しをしているのだが、なかなか私のしたい仕事とは条件が合わない。たいがい経験者が望まれている。実務未経験だとハードルが低すぎるせいか、応募多数になってしまう。さすがにそのうち決まればいいな、と思っている場合ではなくなってきている。そろそろ見つけないとヤバイ状況ですよ。
 それにしてもヒマだ。でもこういった時間を利用しない手はないはず。ヒマに任せて昼寝ばっかりしていてはいけない。そういうわけで電卓を買ってきた。この電卓を使って日商簿記3級の勉強をするのだ。
 一応日商簿記2級を持っている。が取得したのは14年くらい前の話。そこから簿記とは離れているのだから勘を取り戻さないといけない。でもいきなり2級は難しいから3級から勉強をし直してみようと思っている。出来ればもう1回日商簿記2級を取り直すのもアリ。そう考えて簿記の勉強をする。
 この年齢になると次へ繋がる仕事を探さないとまずい。一般事務でも今後に広がりが出来るのならそれでも良いと思っている。でも一応簿記2級を持っているのだからそれを生かさない手はない。
 ヒマだけどとりあえず自分磨きをしないとね。そう思っている今日この頃です。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.30(火)    ヒゲを剃ったその訳とその後
 昨年8月より暇に任せてヒゲを伸ばしてみた。口周辺のみで他の所は剃っていたが。手入れなどしないので無精ヒゲそのものであった。伸ばしっぱなしでも良かったのだが、さすがに伸び放題で香港に行くのにそのままではマズイな、と12月初旬にアゴの所だけを残し剃った。ついでにアゴヒゲも整えてみた。それなりに見られるようなヒゲになった。
 でもわかっている。いつかは剃らないといけない。いつか、というのは面接がある時。その時は剃らないといけない、と思っていた。またこのヒゲが仕事探し運を下げているのでは、と思っていたりもしたので、タイミングさえあればいつでも剃ろう、と考えていた。
 そのヒゲ、日曜日に剃りました。久々にヒゲ無しの顔になりました。いつか、が来たからです。仕事の面接が入ったのです。先日ハローワークに行って仕事の紹介を受けて書類応募してみたところ面接に来て下さい、と連絡が。それでは、と剃ったのです。
 今までヒゲがあったのに無くなったので、少し違和感があったりする。でもこれが普通なのだけどね。
 で今日面接に挑んだ。前日より面接行きたくないな、とイヤな感じがしていた。何か直感的にイヤなムードがあった。久々の面接というのもあったのだが、この会社はやばそう、というのがプンプンしていた。面接会場に入り、面接担当者が現れた。応募のきっかけや今までの経歴などを話す。その後私が質問する形になる。そこである質問をした事をきっかけに「あぁこの会社はないな(落ちたな)」とわかった。こういう事を言う人間はいらない、というのがヒシヒシと言葉から伝わってきたからだ。他にも言いたい事があるけど、その辺は関係ない話なので割愛。ほぼその担当者と会社への悪口になってしまいそうだから。
 多分落ちるだろう。受かっても断るつもり。私とは正反対の所にある会社のようだし。もっともこの会社は失業保険を得るための求職活動実績のために応募したものだから気にはしていない。落ちた事を伝えられた時は落ち込むだろうが、実績作りのためだからと思えば痛くない。
 ある目的のために買った物がそこでは使えず、別の時に大活躍する事がよくある。なので今回の面接のために剃ったヒゲも、そのおかげで動きやすくなって別の会社で仕事が見つかるかもしれない。なのでヒゲを剃ったのは何らかの所でプラスになるだろう。実際履歴書に貼る写真を撮れたし。何でもプラスに考えてみよう。
 でも基本、マイナス思考の人間なのよね、私は。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.29(月)    香港競馬の話
 日曜日に香港では重要なレースが2つ行われた。
 まず4歳馬限定の香港クラシックマイル。香港ダービーに向けて大事な1戦である。今シーズンのダービー馬を探す意味では非常に大切なレースである。勝ったのはFloralPegasus。中段よりやや後ろで抑えて、直線に入ってからグンと伸びてきた。さすがは香港マイルトライアル3着馬で、今回出走馬の中で一番高いレーティング馬であった。ただダービーではどうかと思うと少し微妙。マイルを中心に使われているし。以前のように抑えが利かない事はないので距離は大丈夫かもしれないが、怖さがある。むしろ2着に突っ込んできたVivaMacauが面白いかも。多分ダービーを狙って香港に持ってきた馬みたいだし。スミヨンがフランス時代から乗っている馬で、ダービーまで短期免許を持っているのだから狙いはこっちか? ただ北半球産がネックかも。3着のAll'sWellもダービーに向けては十分では。2月のダービートライアルも見ないとわからないが、ダービーは多分この3頭で回っていきそうな感じはする。
 そして古馬の三冠レースの第1弾スチュワーズカップ。香港マイルと同じ1600mのレースだけにTheDuke対Armadaが話題に中心にあった。前走の香港マイルでは脚を余して負けた感のあるArmadaが自分自身のレースが出来ればほぼ勝利は堅いと思った。レースは前回最後まで粘られたTheDukeをマークして走ったArmadaが圧勝でゴール。ノーマークならまだしも、こういう展開になるとTheDukeは苦しかった。最後は6着でゴールイン。Armadaはやっぱり強かったのを証明できた。この調子が安田記念まで続いたら怖い存在になりそう。2着はHelloPretty。昨年の香港ダービートライアル優勝馬だけはあった。前走の香港カップは8着と相手が悪かったが、マイルから2000mまでなら香港競馬の中心であるようだ。多分次走は2000mのゴールドカップになるだろうが、ここでも中心になるだろう。それは3着のVivaPatacaや5着のVengeanceOfRainにも当てはまる。特にこの2頭に関しては距離が明らかに短かった。適距離になるHelloPretty、VivaPataca、VengeanceOfRainはゴールドカップでは買いだろう。問題は4着のBullishLuck。相変わらずジリで伸びてきた。まだ叩き足りないのだろうか。チャンピオンズマイルあたりまでガマンが必要かな。他にはJoyfulWinnerがまだ本調子にない。化けるのか?
 と昨日はマイルのG1が2つあった香港。どれも今後のレースにとっても重要な位置付けのものばかり。4月に向けてどの馬もいい感じで仕上げてきているのを実感した。あぁ香港行きてぇ!

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.28(日)    ハロープロジェクト2007Winter 集結!10thアニバーサリー
 横浜アリーナでハロプロコンサートの昼公演観賞。
 ステージがありアリーナを花道にする作り。またアリーナに3箇所ミニステージがありと、一応どこからでも見られるような設定になっている。
 「ハロー!のテーマ」を全員で歌った後、これまた全員でモー娘。の「歩いてる」と「来来「幸福」」を熱唱。「歩いてる」はモー娘。の中でも名曲に入る歌なのでいい感じで聞いていた。
 良かったのはここまで。この後はBerryz工房から始まったソロやグループが1曲ずつ歌っていくハロプロ展示会の様相に。途中のワンダフルハーツとエルダークラブに別れての歌や、モーニング娘。さくら組とおとめ組が見られたのだけが救い。特にさくら組やおとめ組はモー娘。を卒業しハロプロに残っているメンバーが入っていたので、ほぼオリジナルメンバー近い形での形成。これはハロプロコンサートならでは、と思った。がやっぱりソロやグループの顔見せ公演はやっぱり面白みがない。以前やったようなメンバーをシャッフルして歌った方が面白い。各グループが歌って終わるようなのはもう飽きた。なのでどこか楽しめない私がいた。
 今回のコンサート最大の話題はカントリー娘。のあさみとみうながハロプロを卒業する事。なのでカントリー娘。が後ろの方で登場。サヨナラの挨拶をし、「浮気なハニーパイ」をカントリー娘。と石川梨華・藤本美貴で熱唱しお別れに。ただカントリー娘。はメインではないので、その後ももちろんコンサートは続く。
 モー娘。10周年の記念ソング「僕らが生きるMY ASIA」を今ハロプロに所属しているモー娘。関係者が歌い、ここからモー娘。色が強くなっていく。モー娘。がLOVEマシーンを歌うと、全員でこれまたモー娘。の曲である「踊れ! モーニングカレー」を熱唱。ラストは「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL」を花道を使って全員で歌う。そしてアンコール無しで終了。
 感想としては上記にも書いたが、展示会であって熱狂させる要素が無かった。このところコンサートでは歌わせてもらっていなかった矢口が歌っていたのは例の件の禊ぎはすんだ、という事かなと思ったり。またモー娘。の新メンバーである光井はイマイチで、新曲の「笑顔YESヌード」もそんなに萌える曲ではなかった。
 多分夏のコンサートもこんな感じなのだろう。萌えないなぁ。66人も出るのだからもっといつもと違うような見せ方をして欲しい。とりあえず顔見せして終わらそう、というのがミエミエで何とも残念である。

 追伸。夜公演には卒業した紺野あさ美が出てきた、との事。見ていた人、うらやましい。
 あと今現在ハロープロジェクトに所属しているグループ及び個人を全部言える人いる? 多分少数なので書いてみましょう。モーニング娘。、メロン記念日、カントリー娘。、美勇伝、Berryz工房、℃-ute、GAM、THEポッシボー、ハロプロエッグ、松浦亜弥、安倍なつみ、矢口真理、飯田圭織、後藤真希、中澤裕子、保田圭、辻希美、前田有紀、稲葉貴子、アヤカ、加護亜依(お休み中)…だからどうした、という話。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.26(金)    更新しました
 ドラクエモンスターズジョーカー、なかなか遊べないのでWi-Fiでのランキングも下降気味。というか1万位から上がれない。今いるモンスターをMaxまで持ち上げれば良いのだろうけど、経験値稼ぎが面倒。そのうち飽きてしまうのだろうね。所詮私はそんな男だよ。

 ようやくかやっとかそれはお任せしますが(任されても困るだろうけど)昨年12月の香港・マカオ旅行記完成しました(パチパチ)。今回はいつもに比べて苦労しました。日数が多いから? やった事が多かったから? 答えは「写真データが無くなったからだよ! それに伴ってモチベーションが落ちていたからだよ!」。特に競馬場関係の写真はどれを入れたら良いか、で頭を悩まされた。だって無いんだから、データが。
 ハッピーバレー競馬場のインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップのセレモニーなんかは色んな形で使えたのに。シャティン競馬場での香港国際レースの香港ヴァースのコリアーヒルなんかも出したかったし、香港スプリントのサイレントウィットネス様も載せたかった。でもデータが無いんですからどうしようもないわけですよ。もう悔しい…。他にもこの写真があれば、と思う事がいっぱいありまして…。
 そんな悔しい気持ちが盛りだくさんの旅行記ですが、読んでみて下さい。6泊7日なので長い文章になっています。慌てず騒がず読んで下さい。感想等あれば掲示板に書き込んでいただけると、これ幸いです。それが次への活力源にもなりますから。
 あと旅行記のトップページも変更。今までは古い物順に並んでいましたが、この度新しい物順に変えてみました。その方が読みやすいですもんね。

 さて、これが出来上がったので次の旅に行けるぞ。でもその前にお金が、無い…。次に支払われる失業保険が最後。私の条件に合う仕事、無いですか?

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.25(木)    やばいよ、やばいよ
 Jリーグから今年の試合日程が発表された。ハッキリ言ってヤバイ。何がヤバイかというとホームゲームを見られない試合が多そうなのだ。
 まず3月3日の開幕戦。ホームゲームなのだがこの日は極秘旅行計画中(どこへ行くかはバレバレだろうが)。そしてゴールデンウィークの4月29日は香港ほぼ確定予定(QE2Cとチャンピオンズマイルは見逃せない。GW料金設定がネックだが)。5月6日はモーニング娘。コンサート。悔しいのは16時キックオフな事。コンサートはさいたまスーパーアリーナで、開演時間は19時。試合終わって速攻で駅に向かっても開演時間に間に合わない。無理ですね、試合を見るのは。
 もうこの時点でホームゲームの3/17の試合を見られない。全戦見たいのに。
 いくらスカパーで全戦見られると言ってもサッカー(に限らずスポーツ全般)は生で見ないと迫力が伝わらない。まして録画したのを見るなんて…。結果がわかっているものを見るのは退屈この上ない。
 まぁ贅沢な悩みなのは十分わかっていますよ。応援したくても見に行けない人だっているのだから。それを考えるとまだマシなのかな、と思ってもいます。
 でもそのホームゲーム3試合見られない悔しさをアウェーゲームを見に行く事で解消させるか。ではどこへ行こうかな? だけどその前に仕事がないとお金がないのでどこにも行けないのだが…。ニートはツライよ。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.23(火)    京王百貨店の駅弁大会
 今年も行われ、本日閉幕した。ヒマ人な私なので何回も通った。が今年は予定が狂いすぎた。ちょっと不満が募ってしまった。
 まず今回買った駅弁。新作駅弁のやまゆりポーク2豚弁当(大船駅)。やまゆりポークを使っているし、調理監修が横浜ロイヤルパークホテルだけあって味は良かった。豚肉を上品に仕上げていて、また食べたいね、と思わせる弁当であった。が難点は御飯が少ないこと。量的に物足りない。これで御飯がもっとあれば完璧なのだろうが。
 復刻弁当のつぶ貝弁当(函館駅)。普通の味だった。特にこれが! と思わせる物はなかったが無難に美味しかった。値段も700円とお手頃で、これは常時販売しても良いのでは?
 かなやのかにめし(長万部駅)。定番だけど買ってみた。蟹の身を細かくし、味付けして御飯の上に乗っている。これだけでもいけるが、御飯も美味しい。毎回上位にランクインされるだけの味ではある。飽きが来ないのが良いね。
 くびきの押し寿司(越後湯沢駅)。最近なかなか食べていなかったので是非とも食べたかった一品。笹と笹の間に押し寿司が入っていて、昔懐かしい田舎の味を思い出させる。越後湯沢に行った際にはまた買いたいと思った。こういった笹を挟んだ押し寿司が好きな私にはたまらない弁当だ。
 甲州かつサンド(小淵沢駅)。これは私の知る中でのかつサンド史上トップ1に入るものだった。フジザクラポークを使用し、薄くスライスしたものを何重にもしてから揚げたカツときゃべつをパンで挟んだ物。値段も安く、手頃に食べられるのがいい。かなり気に入った味でした。
 鶏めし弁当(大館駅)。鶏肉の旨さもさることながら炊き込みご飯が美味しい。しょう油味の炊き込みご飯と鶏肉とのマッチングが素晴らしい。これは今回食べた中でも好印象。量的にも満足できるし、次も食べたい弁当です。
 かごんま黒ぶた弁当(出水駅)。鹿児島の黒豚を使用した弁当。2豚弁当に比べると上品ではないが、味噌漬けされた黒豚がこれでもか、という感じで入っているのが嬉しい。それに美味しいのだからもうメロメロ。御飯の料が少し足りないかなと思えるが、それを補う黒豚の美味しさで相殺。美味しい弁当でした。
 いかめし(森駅)。定番中の定番。相変わらずいかめしはいかめしだった。味は変わらずで。1つの弁当では足りなさそうな時には必ず買っていた。いかの中に入っているもち米の旨さが良いね。
 本来なら買えたはずの駅弁があった。煮込みソースかつ弁当(会津鉄道・会津田島駅)は最初に行った日に買えそうだったのが、他を見て回っていたら売り切れ。以後は整理券がないと買えない弁当になってしまったので、あの時に買っていれば、と悔しい思い。また17日までの限定販売だった長崎鯨カツ弁当もしかり。非常に残念だった。
 この駅弁大会は全国うまいもの大会も併設されていて、ここで赤福を買うのが幸せの一つであった。が今回はなかなか赤福が買えず。15時過ぎに行ったらもう売っていないのだから売れるのが早すぎる。冬は赤福は関東の色んなデパートに臨時出店するのでその時に買おう。

 今回の総括として、予定通りにいかなかったのは残念。その最たる例は最終日を間違っていて、明日が最後だとずっと思っていた。が今日の17時でで終了だった。なので17時20分に着いた時には終わっていた。もう俺のバカバカ! 本当に予定通りにはいかなかった。欲しい弁当も手に入らなかったし。
 でも今回も美味しい駅弁に出会えたので満足としないと。来年もまたお願いしますよ、京王百貨店さん。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.22(月)    通信設定
 おいでよ! どうぶつの森を始めて1年2ヶ月あまり。そして去年の今頃にネット通信(Wi-Fi)を始めた。某巨大掲示板の某板で知り合った人たちの村に毎日のように遊びに行っていた。
 その頃の問題としてWi-Fiに繋ぐ際、セキュリティソフトのファイアウォール設定をオフにしないと通信が出来ないという出来事が起こっていた。何とかこの問題を解決する方法はないのか、とその頃考えていた。そのうち毎日どうぶつの森では遊ぶものの、Wi-Fiで繋げる事はなくなった。なのでセキュリティソフトとの問題も次第に忘れていった。
 が先日購入したドラクエモンスターズジョーカーではWi-Fiで作ったモンスターの大会が行われている。どうせならこれで遊びたいな、と思っていた。がそこで頭の中に浮上したのはWi-Fiとセキュリティソフトの問題。ファイアウォールを解除しないで繋げるにはどうすれば良いのか。これを何とかしたい、と。で色々と調べてみたら、任天堂のホームページに解決方法が書かれていた。少し時間はかかったものの、設定してみた。どうぶつの森でWi-Fiに繋げてみる。するとファイアウォールを解除しなくてもネット接続が出来た。ヨッシャー! これで色んな問題はクリアだ。
 早速ドラクエモンスターズジョーカーのモンスターGPに参加してみる。まだまだ私のモンスター君達は弱いのは十分理解できた。もっと力を付けさせよう。まぁ1位になるとかより参加賞目当てで参加なのだけど。
 何にせよ、ニンテンドーDSのWi-Fi問題は解決された。これからは何の気兼ねもなくWi-Fiで遊べる。そして来るべきWiiを購入した際には問題なくネット接続も可能。そう思うと夢が広がる。楽しみだなぁ。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.21(日)    訃報
 クラッシャーバンバンビガロが亡くなった。レザーフェイスの時のように誤報であって欲しいと思ったが、事実だそうだ。
 ビガロは上手いレスラーだった。飛び跳ねるし力技もある。愛嬌もあって優しさも持っていた。どこかいい人なんだろうな、と思わせる人物であった(実際会っていないのであくまでも想像でしかないが)。
 その優しさのせいか、負け役を何度もやらされていた。印象に残っているのは北尾光司のデビュー戦、レッスルマニア11でのアメフトの選手・ローレンステイラーとの戦い。どちらもプロレス素人に相手を持ち上げて負ける負け役をやっていた。見ていたあの当時は何で負けるんだよ! と憤慨したものだが、今考えると相手を怪我させない、プロレスを教えるには最適の選手だったのだったのだな、と。
 ここ最近日本にも来ていなかったし、アメリカでのプロレス活動もあまりしていなかったようで、話題に上がっていなかった。忘れ去られた存在になりつつあった。で話題に上がったら死亡の話。切ないですよ。
 まだ45歳と若く、プロレスでももう一花を咲かせて欲しかった。非常に残念なレスラーを亡くしてしまった。
 ベイダーとのタッグは懐かしい。ベイダー・ノートン・ビガロのトリオは最強だった。闘魂三銃士との死闘も忘れられない。新日本プロレスの良き時代の代表外人レスラーだった。
 心からお悔やみ申し上げます。
 合掌。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.19(金)    記念撮影
 12月に香港に行った時、尖沙咀のプロムナードから香港島のビル群を見た。毎年のように華やかなクリスマスイルミネーションに心を奪われ、これを見られて大満足! と心から晴れやかな気分になった。
 左手に綺麗なビル群を見ながら歩くと写真屋が列を作っていた。普段なら素通りなのだが、この綺麗で華やかなビル群をバックに写真を撮ってもらいたくなった。看板に書かれている値段も10香港ドルと安いしいいか、と思い頼む。1人カッコつけて、写真撮影。
 今のデジタル化は素晴らしく、一眼レフカメラで取られたデータはすぐにプリンターへ移動され印画紙に印刷される。印刷される写真も大きさによって値段が違うらしく、L版が看板に書いてある10香港ドルなのである。大きくなるに従って値段が高くなる。どうせならちょっとくらい大きいのが欲しいとA5版サイズで印刷をしてもらう(ちなみにもっと大きくしてもらうのも可能)。30香港ドルなら安い。天気も良かったし、香港島のクリスマスイルミネーションが綺麗に写っていて、またも大満足。いい撮影をしてもらったね。
 で日本に帰国し額縁に入れようと思った。百均でいいや、と思うもなかなか店に行けず今日まで来てしまった。暇人だけどなかなかヒマがなかったのだ。がようやく行けた。店に入り、サイズがピッタリの額縁を購入。家に戻って写真を額縁に入れる。額縁に入った写真を見てウットリ。12月でないとこの写真は撮れない。だから特別な思いがあるので見ているだけで嬉しくなる。
 私自身写真を撮るのは好きだけど、撮られるのは好きではない。理由は1つ、私はブサイクだから。ブサイクは写真を撮られてはいけない。そう思っているのでそんなに私が写っている写真というのはとても少ない。
 でも今回の写真もブサイクだけどとても気に入っている。なので私がお気に入りの場所に置いている。この写真は今年も12月に香港に行きたい気分にさせてくれるものである。この風景を見るためにまた、と。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.18(木)    欲しいな、アレ
 先日ホームページの更新をしようしたが、またもWindowsのファイアウォールの壁に阻まれた。ホームページ作成ソフトをヴァージョンアップしたら問題なく更新できたのに。一体何がどうしたの? 誰か教えて?

 そんな事で頭を悩ましているが、いつも頭の中はゲームの事ばかり。今やっているドラクエモンスターズジョーカーはもちろんの事、数独やカックロが入っているパズルゲームの眠れない夜とパズルの日には・・・。で頭の体操をしたり、おいでよ! どうぶつの森では枯れている花に水をやるのが日課。とにかくニンテンドーDSで遊んでばかりいる。
 そんな私ですが、欲しい物があります。それはニンテンドーDSLiteと違法コピーゲームツール。ニンテンドーDSLiteはまず日本では手に入らない。もう1年以上ニンテンドーDSが日本の店頭では並んでいる日を見ない。発売と同時に売り切れなのだから。が香港では日本みたいに爆発的な売れ行きはしていない。むしろPSPの方が売れているし、地下鉄で遊んでいる人をよく見かける。だから買うなら香港。深水歩の電脳中心なら日本で買うのとほぼ同じ値段で買える。
 でどうせニンテンドーDSLiteを買うのなら違法コピーツールも買ってしまいたい。これも日本でも買えるけど、香港の方が安く買える。これとコピーゲームCDを買えば今売っている物や絶版になってしまったゲームなども遊べる。日本語の物から多分海外でしか発売されていない物だってCDの中に入っているはず。そう思うとフフフ。
 これはコピーゲーム専用機として利用したい、と考えている。
 今使っているニンテンドーDSで遊べるのだからいいじゃん、というのもある。だけどそれはそれ、これはこれ、という事で。ニンテンドーDSLite以外は違法物だけど全部欲しいねぇ。
 問題は今度いつ香港に行けるか、だ。一応3月か4月と考えているけど。その前に仕事見つけないといけないしね。こればかりは自分の力だけでは何ともならないし。頭の中は仕事よりゲームなのがいけないのかな? まぁ、それが私という事で。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.16(火)    気分転換
 WindowsXPのSP2にしたらホームページ作成ソフトのFTPファイアウォールに引っ掛かり、機能しなくなった、と書きましたが、このソフトをヴァージョンアップしたら無事解決しました。少し面倒だったのですが、やってみるもんですね、ヴァージョンアップ。なのでWindowXPのファイアウォールを解除しなくても良くなりました。ちょっといい出来事。

 昨日の月曜日、色々ありすぎた。朝っぱらから電話があったり(仕事絡みなので文句は言えないし、朝10時の電話に文句を言う方が悪いのだが)、ハローワークに行く途中で良いニュースを聞いて、その話を進めてもらったのだが寸前でオジャンになってしまったり、朝の仕事に関する詳しい話を聞いてみたら今後のためになるような仕事じゃなくて断念せざるを得なかったり。オマケにハローワークでは良い仕事もない。持ち上げておいてドンと落とされる出来事ばかり。もう気分が滅入ってしまう。
 そんな時はお買い物。丸の内に用があったので行った後、ビックカメラで眠れない夜とパズルの日には・・・。というゲームソフトを購入。先週ドラクエモンスターズジョーカーを買ったばかりなのに。もっとも欲しかったソフトだったから、ついに買ったという感じなのだけどね。
 前々からナンプレといくつかの他のパズルゲームが入っているのが欲しかった。今現在該当するのが3つ。どれを買おうか迷っていたのだが、最初から欲しかったこのソフトを購入した。ただプレーをしてみて少し後悔。ナンプレの問題数が少ない。もっと問題が入っていると思っていたのだが。そのうち他のナンプレソフトを買うかも。
 このゲームでも遊ぶが、基本はドラクエモンスターズジョーカー。こっちが主流でプレーかな。配合が難しく、強いモンスターが作れない。いくつか攻略ホームページがあるのでそれを見ながら配合をしているけど、SS級のモンスターまでまだ作れない。難しいですよ、これ。
 とりあえずレベルアップをして、Wi-Fiに繋げて大会に参加できるくらいのレベルに持っていきたい。
 なのでナンプレで遊ぶ時間がない。それにおいでよ! どうぶつの森もやらないといけないし。もう時間が足りません。
 ゲームで遊ばなくても、買い物をした事で少し満足。昨日のイヤな事は晴れました。まだ欲しい物があるので、何かイヤな事があったらまた買い物に走ります。いくらお金があっても足りませんが。でもこれ以外に他に気持ちよくなる事がないのですから。寂しい私。冬は私の心を孤独にしていく。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.14(日)    ヘルプミー
 私の使っているパソコン、2台ともXPなのだが1台はノーマル、もう1台はSP1である。今までは問題はなかった。がパソコンで使っている安いセキュリティソフトのヴァージョンアップがあり、それはXPのSP2でないといけない。このままではヴァージョンアップできない。なので2台ともSP2に更新をかけた。
 更新自体は時間はかかったものの何とかクリアできた。が問題は普段HP更新用に使っているパソコンの方に起こった。使っているホームページフリーソフトのFTPがWindowsのファイアウォールに引っ掛かる。今まではなかった事だったのだが。例外にしてもダメ。私の力ではどうにもならない。
 だからHPの更新の際にはWindowsのファイアウォールを機能させなくして、更新終了後に元に戻す方式を取らざるを得ない。更新中に何かあっても、多分セキュリティソフトが色んなものをカットしてくれると信じて。
 今使っているホームページフリーソフトもヴァージョンアップしているので更新すれば使えるかもしれない。でも簡単に更新できるのかが…。それに簡単にヴァージョンアップが出来なそうで、今使っているヴァージョンに不満もないから、やる必要性があるのかが疑問だったりする。Vistaが出れば今使っているパソコンの1台は処分しようと考えている。その際に新しい方に移行すればいいだけの話だし。
 何にせよ、今の段階では上記の方法でしか対応できない。苦しい。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.13(土)    ひとまず
 某スレッドによると少しばかり時間がかかったようだが、ひとまずドラゴンクエストモンスターズジョーカー(DQM)の1つのエンディングが終わった。GPで○○○と戦わなかったのはこういう事のためだったのかとか、レベル上げに必死になっていたので意外と簡単にラストボスを倒せたとかいろいろある。でも終わってしまえばいい思い出だ。もう少し話が膨らんでいるのかな、と思ったけどそれほど話は大きくなかった。でもいい思い出だ。
 と言いたいが、先ほど書いたように1つのエンディングを迎えただけ。また新たな旅が始まっている。新たなGPがスタートしたのと同時にいろんなモンスターの配合などをしないといけない。配合によってより強いモンスターが生まれるので。次なるGPが始まる前にクエスチョンをクリアしないといけない。これに必要なのが配合や新たなモンスターのスカウト。終わったばかりだけどやる事が多そうでここからが本当のスタートなのかもしれない。
 ゲーム的には終わっているので、ここからは焦らず新モンスターを作ったりすれば良いのだが、Wi-Fiで全国大会もやっている。そのためのモンスターを強くさせる事も必要。焦らなくても良いのにまだまだ先を続けたい気持ち。もう何をしたら良いのか頭の中が混乱中。なんにせよまだまだゲームは終われないわけですね、きっと。
 がしかし、ゲームは一区切りついたので昨年12月の香港旅行記を完成させないと。文章の推敲まで終わっているので来週中には完成させられると思います。しばしお待ちを。

 それにしてもここ最近のネタについてこれる人はいるのだろうか? まぁ100万本突破しそうなゲームソフトの話題だけに私の話はヌルイと思われそうなのは必死なのだが。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.12(金)    ダメ人間です、もう
 日曜日にドラゴンクエストモンスターズジョーカー(DQM)を買ってきて5日。もうハマりっぱなし。買ってきた日は寝ずにゲームをやって、その後はちゃんと寝るも、就寝時間は夜が明けてから。目覚ましテレビが終わりかけの頃に寝る事もしばしば。昼間に起こされて昼飯を食べるもその後すぐに寝てしまう毎日。なので予定が全てキャンセルになってしまっている。
 昨日は午後にハローワークに行って仕事探しをしようと思っていたが、御飯を食べたら眠くなったので1時間くらい昼寝を、と思っていたら起きられず、結局ハローワークに行くのを中止。明日の午前にしようと決意する。が日が明けた今日、目覚ましが鳴らずに寝坊。行く気にならずに来週の月曜日に先延ばしする。
 さすがに病院だけは行かないといけないので今日は昼寝をしなかったが、予定がなかったら今日も昼寝をしていただろう。
 今の私の毎日は寝るか食べるかゲームをしているかのどれか。あぁダメ人間だ。本当にダメすぎる。あっ、あとフィットネスクラブで体を動かしている時間もあるか。ダメすぎる毎日を送りすぎている。
 このまま行ったら更にダメ人間になってしまうのはわかっている。でもゲームは止められない。モンスターをレベルアップと配合させる事に頭がいっぱい。ダメスパイラル進行中。もう止まらないかも…。
 仕事本気で探さないと、ね。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.8(月)    ゲームで人生破産
 昨日の夜、衝撃的なニュースが入ってきた。オリックスバファローズの前川が無免許運転の上ひき逃げ事故を起こしたという。このニュースを見て立ちすくんでしまった。なんていうアホな事をしでかしたのか、このバカは! と。4年間も無免許で走っていたというのだからもう弁解の余地無し。プロ野球の選手としてもそうだが、一社会人として失格である。
 アホすぎて、と嘆いていたら報道をしている新聞を見てあ然。オリックス(敢えてバファローズとは言わない)の球団社長は前川に対して重い懲罰は考えていないという。お前もアホか、と。ひき逃げと無免許、これを重大な過失と思っていないのか。球団に泥を塗る行為をしておいて解雇はしないとは、オリックスって良い会社なのね(皮肉たっぷり)。
 大阪近鉄バファローズがまだあった頃、28番を付けて応援している人をよく見ていた。応援していたあの人達は今どんな思いなのだろうか。そう思うと余計に悲しくなってくる。
 まぁ前川自体、11月31日事件の張本人だし社会人として足りない部分が多かったのだろうね。色んな方面に迷惑をかけたのだから、それなりのけじめはして欲しい。それがファンに対して出来る唯一の事なのではないでしょうかね。

 で本当に話したかった事はここから。
 東京ドームで野球を見た後、有楽町のビックカメラでゲームを買う。ニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー(以下DQM)」。去年12月に発売されてやりたいな、と思っていたゲーム。それを買ってしまった。他に欲しいゲームはいくつもあるのだが、それをさしおいて。
 22時半過ぎに家に帰り、ネットチェックをした後DQNを始める…面白い。いや面白いではないな、止められないゲームである。次から次へとイベントがあって、その間にモンスターの育成もしないといけない。なのでゲームを一旦止めて続きは明日という事がなかなか出来ない。その結果、14時間連続でDQMをやっていた。もちろん徹夜。もうアホかと。自分の事ながらアホさ加減に呆れる。でもキリがいい所がなかなかないんですよ。
 今までニンテンドーDSでは簡単に遊べるソフトしか買ってこなかった(おいでよ! どうぶつの森は5時間もやるゲームじゃないし。むしろ細く長く遊ぶゲーム)。携帯用だし、じっくりとやりこむのではなくライトに楽しむの向きだと思っていたから。が今回DQMを買ってハマってはいけない沼に入り込んでしまった感が強い。更に今度のドラクエはニンテンドーDSだからこれ以上にハマりこむのだろう、と思うと今から怖い。多分人生を棒に振りそうな予感が。
 今日も今日で続きをやる。しばらくはマトモに眠れない日々が続くのだろうな。バカだなぁ、俺。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.6(土)    競馬
 今年も金杯が行われ、JRAの競馬も始まった。とはいうものの地方競馬はもうとっくに始まっている。そして私も元日から競馬が始まっていた。もっとも他の人とは少し違うのは、私の目は日本ではなく香港にあったのだ。
 チャイニーズクラブチャレンジカップというG3のハンディキャップレースなのだが、これは注目しないわけにはいかなかった。何せASクルーズ師が8頭出しというワケのわからない出走をしてきたからだ。よくまぁこんなに馬を出すなぁなのだが、その8頭の中にSilentWitnessが出てくるとなれば話が変わる。1400mと少し距離が長いかなと思うが、前走がそれなりに走ったので期待はしていた。
 が勝ったのは同じASクルーズ師のオープン馬の中でも少し力の落ちるFloralPegasus。単騎で逃げるDownTownの2番手に取りついて直線で粘るDownTownをゴール前でしっかり差しきってゴール。この競馬を香港マイルでやっていれば、と思っている人もいるでしょう。前走は積極性がなかったからねぇ。ちなみにBullishLuckには距離が短すぎて、忙しかったか9着と敗れた。
 SilentWitness。3番手に付けるが勝負所から伸びない。直線さぁ伸びてこい! という感じだったに伸びなかった。伸び脚は全盛期に比べたら悲しいものだった。全盛期なら楽勝だったのだろうけど。ハンディ戦とはいえ0.6秒差の7着は負けすぎ。他に強い馬がいたわけでもないのに。馬体が重すぎるのもあるけど、もうあの頃には戻らないのかな、と。逆に馬体重減らしに使ったのかも。でもSilentWitnessがそれをやったらいかんでしょ。出るレースは勝たないといけない使命にある馬なんだから。なんだかんだ言われていても、今回1番人気になったのだからやっぱりみんな待っているんだよ、君の勝利を。
 元旦そうそう凹んだが、香港も競馬の層が厚くなってきている。結果を見ているだけで楽しい。どんな馬が今度は台頭してくるのかしっかり見極めないといけないし。それだけでも十分面白い。
 あぁ香港に行きたいよ。台湾にも行きたいよ。でもその前に旅行記の手直しをしないと。それに今お金を使ったら、今後の遠征費用がなくなってしまうからガマンガマン。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.4(木)    今年の正月
 今年も正月はテレビ見まくり。ただ残念な事に箱根駅伝は見ていないので自分の中ではなかった事に。順天堂大が優勝したらしいが、走っている姿を生で見ていないし、ニュースでも見ていない。本当に今年は記憶にも入っていない。どうでもよい話なのだが。
 では何を見ていたかというとお笑い番組。ヒマさえあればお笑いだった。吉本の9時間生番組で年が明けて、爆笑ヒットパレードに移行したり、たけしのお笑いウルトラクイズに、女だらけの新年会、堂本剛の正月からしんどい、ドリームマッチ、ミドル3などお笑い芸人が出ている番組を観賞。若槻千夏を2日も朝までの生放送で見てしまったり、なんだかなぁという正月。
 ちなみにお笑い番組で一番良かった、というかレギュラー化して欲しいのはMRレッドゾーン。出てくる芸人がアンタッチャブル、次長課長、スピードワゴン、チュートリアル、東京ダイナマイト、ブラックマヨネーズといった実力派の若手芸人(次長課長以外はM-1グランプリファイナル進出コンビ)が出ている。出ているメンバーにイマイチ華はない物の、実力派だけあって勢いではないドッシリと腰の据わった笑いがある。今回は母親からの贈り物で笑うのと身体を張った物だけだったが、このメンバーならしっかりとした笑いを見せる事ができるはず。なのでもっとこの番組をやって欲しい。深夜枠でいいから見せて欲しい。願望である。
 まだまだ仕事が見つかりそうもないので、長い長いお休みはまだ続きそう。世間では仕事始めとかいわれているが、いつ仕事始まるのだろうか。ますますテレビっ子度が加速して行きそう。そしてお笑い熱も上がっていくのだろう。ニート、ここにいますよ!

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.2(火)    マスターズリーグ 札幌対東京 札幌の安定した試合運び
 年越しが徹夜だったせいか、起きたのは14時。とりあえず野球を見に行くのだが、もう少し寝ていても良いかな、テレビも面白いのやっていないしと寝る。結局16時まで寝ていた。シャワーを浴びて、食事を取ってから外へ。
 電車に乗って東京ドームへ向かう。マスターズリーグの札幌対東京の試合を見るのだ。財布の中にはチケットとビール1杯分しかお金が入っていないからお金をおろしてからドームへ。

 今日の試合は正月気分が残る試合だったが、でもピリッとしまってもいた。
 先発は札幌が津野浩で東京は西崎幸広。1回裏に西崎は連続ヒットからランナーを出し、エラー絡みで満塁にされてから押し出しで札幌が先制する。
 東京も3回表に駒田徳広の犠牲フライで同点に追いつくも、その裏札幌は高橋雅裕が東京のピッチャー河野博文からヒットで塁に出るとすかさず盗塁。続く石毛宏典がレフト線への2ベースヒットで高橋ホームイン。同点にされても突き放す。
 5回表に東京は阿波野秀幸から駒田のヒットで2塁ランナーの蓬莱昭彦がホームを狙うがレフトからのサードを中継したバックホームでタッチアウト。同点のチャンスを逃す。
 その後、東京は川尻哲郎→村田兆治(いきなり140キロのボールを投げる)、札幌も岩本勉→川口と繋ぐ。
 7回裏札幌は増本宏から1死1・2塁のチャンスを作る。ここで3番の高橋がレフト線へ打球を飛ばす。ワンバウンドしたボールにレフトを守っていた中野佐資が取れず後ろに逸らす。その間に2者のランナーがホームイン。4−1と札幌が更に突き放す。
 札幌は川口から橋本清へ継投して東京の反撃を退けて試合終了。札幌が優勝に近づく勝利を取った。

 東京はこの2年で弱くなった。特に選手が入れ替わったわけではないのだが。逆に札幌が強くなった。札幌は色んな選手が入ってきて、強くなったなぁと実感できる。選手も石毛を始め魅力的な選手も多く、見ているだけでも楽しい上に強い。良いチームである。
 今シーズン初のマスターズリーグ観戦であったが、往年の選手の姿を見ているだけで話が盛り上がるのだから、やっぱり野球は面白い。長いこと見ているからそれだけ話が出てくるわけだし。今の野球も面白いが、昔の選手を見ているだけでも楽しい。
 野球は奥深いな、と改めて感じた。次の東京ドームの試合もまた見に行こうかな。

一番上に戻る

 
 
 
2007.1.1(月)    ダメダメ男の年越し
 新年明けましておめでとうございます。本年も私同様このホームページもご愛好いただけますよう、よろしくお願いします。
 皆様におかれましては、更なる飛躍をお祈りします。

 さて、年越しは毎年グダグダ。今回も例に漏れずひどかった。
 12月31日、10時に起きて朝食を取ってから有明に出陣。この日はびんちょうタンの同人誌(作者作成物)を購入だけのために。びんちょうタンの同人誌を購入後、評論のスペースで食事物の同人誌を数冊買う。
 昼過ぎに家に戻る。昼食を食べた後、大井競馬場へ行く予定だったが、眠くて寝てしまったら起きられず。話題のフジノウェーブを見たかったのだが。眠気には勝てなかった。
 18時過ぎに起きて夕食。その後ネットを見ていたら紅白が始まっていたのに気付いて慌ててチャンネルを変える。ちょうどGAM&モーニング娘。が始まる寸前でラッキー。ミキティは神。ミキティにならいじめられてもいい。
 紅白はCMがない上に超絶妙な歌手の回転力の演出でチャンネルを変えさせる要素が少ない。TBSのダイナマイト!はあまり面白みのあるカードが無いし、日テレのガキの使いはビデオに取っているので今見る必要性無し。なのでずっと紅白を見っぱなし。まぁ紅白を見る事が悪いわけではないから良いのだけど。
 紅白を見終わってからテレ朝へチャンネルを移動させ年越し番組見る。つまらないのでネットを再び見る。24時50分から始まったテレ東の吉本の9時間番組を見る。結局翌朝の放送終了の10時まで見ていた。バカだね。途中フジテレビの爆笑ヒットパレードとザッピングをしながらだけど。見ていて凄いと思ったのは、テレ東→フジテレビ→テレ東と渡り歩いている芸人の数が半端ない事。吉本9時間番組のメインMCの今田耕司が同じ時間でやっている、同じ生番組の爆笑ヒットパレード1部のMCをやる。ちょうどその時間はテレ東は大阪NGKからの放送だったにしても、その綱渡り感は脱帽。吉本のマネージネント力はテレビ局をも動かすんだね。朝4時からテレ東で、7時からまたフジテレビで漫才をやる大阪の大御所には大丈夫? と心配したくなったり、ほぼ寝ずの仕事で天王洲とお台場を往復する東京の若手芸人の体力に感心。いくら稼ぎ時とはいえ、芸人って大変だなぁとチャンネルを変えながら偉いと思う。私的に面白かったコーナーは女芸人相撲とイス−1グランプリ。イス−1はファンダンゴTVの特番で見ていて楽しかったので期待していたけど、その期待を裏切ってくれなかった。あとチュートリアルの漫才が朝から2本、タカアンドトシも見られて大満足。
 吉本の9時間番組終了後、着替えて川崎大師へ初詣。毎年初詣は1月2日であったり3日だったりするのだが、天皇杯まで時間があるし、たまには川崎大師へ行きたかったので出掛ける。毎年混み合うお寺なので多分混んでいるだろうな、と思っていたらやっぱり混んでいた。でも以外に早く参拝できた。その後おみくじを引いたら凶。思わず苦笑い、というか顔が引きつった。正月から縁起が悪いというか。逆に考えれば今は凶だからこれから上がっていくだろう、とたまにはポジティブに考える。でもやり直しをしたかったのか、川崎大師からの帰りにいつも行く近くの神社でも参拝。小さい神社だが結構並んだ。再詣でをしたところで変わるわけはないのだが。
 12時半に家に戻って昼食。夕食の鍋を作ってから、ボケッとテレビを見ながら時間を過ごし、天皇杯を見る。G大阪のヘタレっぷりに怒り沸騰。浦和の穴だらけの中盤とディフェンスを崩せないし、シュートもGKに弾かれっぱなし。点が入らず、浦和のほぼ唯一のチャンスにやられて負けていた。もう少し頑張れないのかね、ガンバは。
 天皇杯後昼寝。たけしのお笑いウルトラクイズが始まる時間に起きる。相変わらずお笑いウルトラクイズは馬鹿げている。馬鹿げているけど見てしまう。紅白とは違うけど見入ってしまった。
 そして今ネットチェックをしてから書き込み。こんな年越し、独身だから出来る年越しなんだよなと実感。今年もこんなお気楽でおバカな年を過ごすのだろうな、きっと。年頭からそうなのだから多分こんな感じだろう。まぁいっか。
 今年こそいい年でありますように。そして選択を誤らない年でありますように。お願い!

一番上に戻る