×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2009年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009/8/31 (月)  衆議院選挙
2009/8/29 (土)  マリーンズ対イーグルス
2009/8/28 (金)  髪の毛
2009/8/25 (火)  プール
2009/8/24 (月)  戦い済んで
2009/8/22 (土)  事前報告
2009/8/21 (金)  ネーミング
2009/8/19 (水)  自称プロ
2009/8/18 (火)  公示
2009/8/16 (日)  個人的コミケ総括
2009/8/15 (土)  名古屋戦
2009/8/13 (木)  星
2009/8/12 (水)  昔話
2009/8/9 (日)  立ち上がるのか
2009/8/8 (土)  天文
2009/8/6 (木)  お姉さん
2009/8/5 (水)  お片付け
2009/8/4 (火)  宙のまにまに
2009/8/3 (月)  音を楽しむ
2009/7/31 (金)  気になるイベント
2009/7/28 (火)  ガイドブック
2009/7/26 (日)  ヤケ酒
2009/7/25 (土)  オールスターゲーム
2009/7/24 (金)  ゲームが欲しいの
2009/7/22 (水)  皆既日食
2009/7/20 (月)  立ち読み
2009/7/19 (日)  企画
2009/7/16 (木)  甥っ子がやって来た
2009/7/15 (水)  鹿島は強すぎ
2009/7/13 (月)  ドラクエ9
2009/7/12 (日)  それなりに長い1日
2009/7/11 (土)  声
2009/7/9 (木)  最新版 欲しい物
2009/7/8 (水)  スワローズ対ドラゴンズ
2009/7/7 (火)  太った
2009/7/4 (土)  香港競馬セレモニー
2009/7/3 (金)  気になる漫画家さん
2009/7/2 (木)  色んな手を使うわけで
2009/7/1 (水)  2009 J1 第10節川崎対G大阪

過去ログページへ戻る

2009.8.31(月)    衆議院選挙
 8月最後の日。夏を取り戻そうとプールに行こうと計画を立てていた。が台風で大雨と暴風・・・残念でした。

 昨日は衆議院選挙。私の所の選挙区は自民と民主のほぼ一騎打ち。前回は僅差で自民だったが、今回は民主が差を離しての勝利。民主への風はあまり感じられなかったが、民主は前回敗北後もしっかりと駅前での活動をしていた。自民も活動はしていたのだがあまり目に引くところがなかった。やはり最終的には目立った方が勝ちであろう。自民の候補はもっと積極的な活動をした方が良いのだが、なにぶん生真面目な性格が。
 結果は民主がほぼトリプルスコアでの勝利。ここまで差がつくとは思わなかった。想定以上の結果だった。前回の小泉マジックに引っかかった人が今回は民主マジックにハマったとしか感じられないが。ただ民主は政権奪取のチャンスを得た。ここでどういう結果を残すのか。ここで失敗したら2大政党制は幻になってしまう。それなりの結果を期待したい。

 まぁそんな事より私の興味はあの某新興宗教団体の政党。泡沫の泡沫だと思っていたのだが・・・思った以上に票が入っていてビックリ。私の予想では各選挙区で2千票程度だった。ところが票が入っている。中には1万票入っている候補者もいた。ここまで入るとは想像外。驚いた。ただ比例区で見てみるとブロックごとの得票率はほぼ同じなのだが。でもここまで入るとは本当に思わなかった。
 政策は面白かった。が実現させるにはどのような事をするのかについて全く触れていない。また現実に沿ってもいない。浅はか過ぎる発想に涙が出た。でもそれでも票が入るのだから世の中は面白い。
 修正しようと思う。泡沫の泡沫は間違っていた。泡沫だけど単なる泡沫ではない。底力を感じた。でもこの政党が将来議席を獲得するとはとても思えないけど。そんな時代はさすがに来ないだろう。来たら・・・日本脱出を図るか・・・。
 でこの政党の供託金はいくらになるのだろう。ハンパない金額なんだろうな。それにポスターをいっぱい作っていたり、新聞紙上にも広告をバンバン出していた。それらを合わせると・・・凄い金額が想像される。出せるのかな、そこも気になる。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.29(土)    マリーンズ対イーグルス
 久々に野球観戦。それもマリンスタジアムだ。久々だな、マリンスタジアムも。個人的にマリンスタジアムは好きなスタジアム。ただ何故か雨が降る事が多いのが。野外のスタジアムでは一番楽しいスタジアムである。
 今日の対戦はマリーンズ対イーグルス。イーグルスはクライマックスシリーズ争いをしていて、チーム状態も良い。しかしマリーンズは最下位争い・・・。両チームのモチベーションに差がある。結果的にそこがスコアに現れたかなと感じた。
 試合は1回裏にこの日3番に入った今江がタイムリー2ベースでマリーンズが先制。がマリーンズ先発の小野が耐えられない。3回表渡辺直人と鉄平が連続タイムリーヒットで1−2と逆転。
 ところが4回裏、イーグルスの先発の長谷部が捕まる。大松にタイムリーヒットを打たれて同点になったところでイーグルスベンチが動く。早くも長谷部を降板させる。マウンドに立つのは小山。が小山は竹原を三振に仕留めるが、続く堀の代打の福浦がライトへ大飛球。ボールはスタンドへ入りマリーンズが4−2と一気に逆転。
 これでマリーンズに流れが傾くと思われていたが、5回表1死1・3塁から鉄平が犠牲フライで1点差になると、山ア武司の四球後、憲史がタイムリーヒットで同点に。4−4。
 そして6回表マリーンズは小野から上野へ。しかし上野が誤算。宮出のヒット。中谷が送りバント、が上野がセカンドへフィルダースチョイス。無死1・2塁に。小坂が送りバントで1死2・3塁。ここで1番に戻ってリンデン。リンデンの打球はレフトへ。犠牲フライと思われた。がレフトの竹原が捕球体勢に入りながらも落球。3塁ランナーがホームインし4−5と再逆転。
 その後イーグルスは8回にピンチを作るが投手交代をして守りきると、最後まで追加点を許さずに4−5でイーグルスの勝利。
 6回表の竹原の捕球ミスが大きかった。このエラーが勝敗を分けたのは間違いない。今勢いに乗っているチームとそうでないチームの差がこういうところに出るのだなと唸ってしまった。

 5回裏終了時に花火が上がった。この夏花火らしい花火を見ていなかったので、美しい夜空にしばし酔いしれた。何であんなに花火は綺麗なのだろう。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.28(金)    髪の毛
 何か気になる。最近抜け毛が気になる。
 洗髪の時、よく抜ける、髪が。ごっそりとは抜けないのだけど、指に毛が絡まっている事が多い。抜けているよ、と少しヘコむ。
 私は髪の毛の量が少しばかり多い。だから毛が抜けても髪の毛がなくなった感はない。でも抜けるのは許せないし、どうしてと考えてしまう。
 抜け毛を見て思ったのは白髪も抜けるんだね。白髪はそう簡単には抜けないと聞いていたのだけど。
 いよいよ頭髪終了の合図か?

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.25(火)    プール
 ようやく夏がやって来た・・・と思ったらもう秋風が。何故? 私に夏は来ないの? せめて8月中くらいは夏でいて欲しかった。プールに行きたいと思っても、暑くないとプールで楽しめないじゃん。
 子供の頃はプールによく行った。品川区には当時区民プールが無くて、隣の大田区まで行った。バスで行くのが好きだったのだが、母が自転車で行くという時はイヤだった。今考えるとそんなに遠くないのだが、真夏の日差しと自転車を走らすのがイヤだった。泣きながら自転車に乗っていた記憶がある。
 大田区の平和島のプールはまだあるのかな。平和島のプールというと、その昔区民プールの他に平和島競艇場にもプールがあった。あそこのは高かったが、人が少なめで好きだった。平和島競艇のプール、懐かしいなぁ。あと平和島競艇場というとボウリング場と平和島飯店。平和島飯店は美味しくて高級感のある中華料理店だった。ここで中華を楽しんで、2階のボウリング場を経由してバスで帰宅が家族の贅沢だった。また父方の親族会は平和島飯店。多分競馬場関係者もよく通っていたはず。競馬場から近いしね。そんな身近だけど高級感のある平和島飯店、今は無いのだよね。昔あったものが無くなると寂しいもので。
 話が少しずれてしまった。とにかくプール、プールに行こう。でももう少し暑いと嬉しいのだけど。ただ問題はまだ夏休み。子供たちがいるのが・・・。泳ぐどころじゃなくなるから。というか泳げないよ、人が多すぎて。
 私にはそっち系の人間じゃないのだけど、男1人でやばいかな?

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.24(月)    戦い済んで
 終わった。感想はというと「虐殺、もしくは討ち死に」ですかね。えー、そうです、完敗でした。
 考えてみるともっとやっておけば、というものあったけど、試験に対してどのように向かえば良いのかを知る事が出来たのは収穫。そう言っておきましょう。
 3月から勉強を始め、6月中旬に基本的な部分の授業が終わりかけの頃にテンションが落ちた。5月に受けた模試がそれなりに頑張れたのが原因だろう(もちろん合格圏内には入っていないが、初めての試験と考えるとそれなりだった)。その反動がモロに出たのが6月の模試。惨敗だった。そこで更に落ち込みかけた。今後どうやって勉強をして良いのかがわからず途方に暮れていた。
 がある先生に出会ってからガラリと変わる。そこから勉強方法がようやく確立されてきた。その先生のテキストを読みながら勉強を続ける。7月の模試で1回目の模試と同じくらいの点が取れた。この勉強方法は間違っていない。だから更に頑張れた。
 そして試験・・・終わってみるとこの勉強方法が間違っていなかったのがわかったのと同時にもっと多くの問題に触れておいた方が良かったという反省が。基本的な事がわかっていても、惑わす難問・奇問に吸い寄せられて解答に辿り着けなかった(だろう)。
 来年はその辺を気をつけながら再チャレンジをしてみようと思う。基本的な問題からレベルアップした問題などを解いて、また基本事項の記憶、法改正を見直したり・・・やるべき所が多いが、それがわかっただけでも収穫である。
 しばらくは頭を休めて来年に入ったら勉強をし直しましょう。
 負けないよ!

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.22(土)    事前報告
 本当は黙っていようかと思っていました。事後報告もしくは無かった事として何も語らずで終わらせておこうと。でもそれではいけないのでは、と突然頭に浮かびました。何故だかはわかりません。多分思い付きです。
 お話します。
 実は3月から某試験のために勉強をしていました。その試験が明日です。
 仕事で少しカジってはいましたが、本格的な勉強は初めてだったので色々と苦労しました。でも少しだけ成長はしました。
 ただ試験に受かるかというと・・・そこは半分半分ですかね、可能性は。どの試験でも合格か不合格の2択ですから。でもやるだけやったので悔いはありません。試験は来年もあります。だからと言って先送りはダメなわけで。今年頑張れなければ来年も頑張れません。当然な話ですが。
 半年しか勉強が出来ず、まだまだやり残した事が多くあります。でも明日は今ある自分をぶつけてきます。半年間の成果を出しましょう。
 試験が終わったら夏を楽しみます。まだまだ夏は終わらないよ・・・あれっ、ぜんぜん暑くないんだけど・・・。
 結果が出たら報告をします。良い報告をしたいですね。
 んじゃ、また。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.21(金)    ネーミング
 ネーミングは大事だ。本当に大事だ。名前1つで印象まで変わってくる。考えに考えた名前より、パッと頭で閃いた方が良かったりするのはよくある話。でも練りに練りこんだものも良かったりするのも確か。ただ練りこみすぎて深みにハマるとアウト。
 スワローズの中継ぎ・抑え陣のネーミングが発表された。
「ツバめ組」
・・・微妙、微妙すぎる。ツバメと火消し役のめ組をかけたらしいが、これは明らかに失敗作。多分浸透せずに終わるだろう。ジャイアンツとスワローズの戦いを東京ダービーと銘打っているのより早く消えるのでは。
 じゃあ何が良いんだ、と言われるとカンベン。ネーミングって生まれ持ったセンスだから。そして私にはそのセンスを持っていないので。どのくらいセンスが無いのかを発表しても良いけど・・・。私なら「Steel Swallow(鋼鉄の燕)」・・・ダメじゃん。
 ロケットボーイズからはやっぱり落ちるなぁ、ツバめ組は。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.19(水)    自称プロ
 ヤマハスタジアムでの磐田対川崎。勝って欲しいと思っていたのだが、1−2で敗北。前半は磐田の流れを止めきる事が出来ず2失点。後半立ち上がりすぐにゴールを決めて1点差にして流れを引き寄せるが、試合が進むにしたがって膠着状態に。ビッグチャンスはあったのだが、そこで決め切れなかったのが敗因。
 スタメンの選手を入れ替えてみたりしていたのだが、ここ数試合は固定している。これから更に厳しくなる試合日程。ターンオーバーまではいかないまでも、選手の入れ替えは必須なのだが。疲労で動けなくなったらその時点で終わりじゃ、ダメでしょ。
 鹿島が負けて勝ち点差が縮める事が出来たのに。非常に残念な試合だった。
 と言いながら、前半のダメな試合運びに諦めモードだったのだけど。スタジアムに行かないで良かった。というか行けなかったのだけど。
 今日はヤケ酒でした。飲まなきゃやってられないわけではないのだけど。

 最近思う。自称って素晴らしいな、と。自ら「自称」○○と名乗ってしまえるのって良いねぇ。自称プロサーファーって素敵なネーミングだ。
 またプロも名乗ったもの勝ちなところもある。免許がないものだったら何に対してもプロと名乗れる。
 それらを足して肩書きを作れるのか、と。世の中はそれを認めているのだから。これほど素晴らしい世界はない。自称プロサーファーと名乗っておきながら、実はプロライセンスはありません、自ら名乗っているだけです、ただサーフィンが好きなだけです、で世の中を渡れて、しかも芸能人をゲットできる。これほど美味しい事はありません。皆さんも実践しましょう。
 例えば自称プロフリーライター。これは普通ですね。例えばネット上に文章を書いて載せましょう。それだけでもうこの肩書きはいただきです。もっと言ってしまえば、「今文章を書き溜めているところです」でも良い。それでも自称フリーライターです。書いているという事実はどうでも良いのですから。
 自称プロサッカー選手。これも簡単に名乗れます。多少サッカーが上手いだけでOKです。どこに所属とかはいりません。だからJリーガーで無くてもいいのです。自称ですから。1回でもお金を貰ってプレーをした事があればそれだけで十分です。
 自称プロラクロス選手。日本にはプロのラクロスのリーグはありません。またラクロス自体がマイナースポーツなのでそう名乗っても誰も食いつきません。もし食いついたら、「昔海外でプレーしていたんだけど、肘痛めちゃて・・・」みたいな話をするだけでOKです。この際家にはラクロスの道具があると良いですね。
 自称プロ漫画家。プロフリーライターに似ていますが、これもそんなに難しいものではありません。ただ多少絵が上手いと良いですが、逆に下手だったら下手さを売りにしていると言えば良いでしょう。
 自称プロお笑い芸人。これも簡単でしょう。自分で事務所を作ってM-1やR-1に出ましょう。それだけでプロと言えます。M-1とかはエントリー自由です。どんなに話芸が下手でも良いのですから。世の中にはそんな人たちがゴロゴロいますしね。
 他にも色々出来ます。すべては自分自身のイマジネーションで作り上げられます。さぁ今日からあなたも自称プロ生活をエンジョイしてみませんか。
 自称プロアドバイザーからのお知らせでした。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.18(火)    公示
 8月30日の衆議院選挙の立候補者公示。見てみる。ふむふむ、まぁそんな感じだね。
 やっぱり注目は某新興宗教政党ですか。一時は立候補を断念するとの話もあり、また立候補者数を絞るとかもあったが、ほぼ全選挙区に立候補者を擁立。何だったのだろう、あの騒動。あっ、もしかしてそれも選挙活動・・・恐るべし(くだらなすぎる)。
 ほぼ、と書いたが見たところ2つの選挙区に立候補者がいない。1つは私の住む選挙区で、もう1つも東京の選挙区。前者については都議会選挙前からかなり選挙活動をしていたのに、何故か地方の比例区に飛ばされていた。いてもいなくても大きく結果は変わらないだろうが、枯れ木も何とかと言って・・・まぁそれなりの賑やかしを期待していたのだが。
 でもう1つの選挙区の話は笑った。自民党の候補者を支援だと。「どこまで必死なんだよ(笑)」とツッコミを入れたくなる。北朝鮮絡みで意見が一致したそうだけど、消費税0%を掲げる政党とどこで政策が同じになるのか。マダム・スシも落ちるところまで行ったもんだ。
 まぁこの某新興宗教政党、どこまで票を伸ばせるのか。そこが注目。自ら集票能力があるという事で名乗りを上げているのだから。消費税0%に何にも感じません。どのくらい時代を逆行しているのか。また消費税をなくした事で財源は? と見ると何も書いていない。日本の人口増を謳っている割には大した事も書いてなければ、所詮他人任せだし、具体的な政策すらない。
 でも一番大笑いしたのは、先日国際展示場駅前に選挙カーがあったのだが、そこにデカデカと「表現の自由を守る」と。何を言っているのか。その昔某新興宗教団体を写真週刊誌でバッシングしたら、その出版社の機能を麻痺させるFAX攻撃を仕掛けたのはどこのどいつかと(今ならサイバー攻撃なんだろうね)。どの口から表現の自由を守ると言えるのか。鼻で笑う。
 この政党にはネタとして期待をしてみる。

 ちなみにうちの選挙区は自民現職と民主現職、共産新人の争い。前回は自民現職が勝利を収め、民主現職は比例で生き延びた。がその前は民主現職が勝利。民主党に風が吹いている。それは都議会選挙でも感じた。ではその風がまだ吹いているのか。
 予想では民主現職の圧勝なのでは、と見ているが。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.16(日)    個人的コミケ総括
 金曜日はそんなに早く家を出なかった。11時半頃だったら普通に入場できるだろう・・・甘かった。普通に列に並ばされた。まだこの時間で。初日ってこんなに並んだっけ? と振り返る。
 この日はスポーツだけ。スポーツ枠へ歩く。まず最初に競馬サークルへ。中山グランプリは某ファン投票で出走馬を選ぶレースの投票結果をリストにしてくれているサークル。新刊を買おうと行くと、リストが手に入らなくなったため次回のコミケを持って活動を終了をするとの事。ショックを受ける。昨今の個人情報とかの問題もあるみたいで。非常に残念でならない。データとしても有効利用できるものだったし。次回で最後ながらも、今後も何らかの活動をするという話には希望を持つ。
 次に競馬場を巡る旅行をする人のサークル。海外競馬旅行に行くとの事だったので楽しみにしていたら・・・新型インフルの影響で海外へ行けなかったらしい。どこに突撃する予定だったのかと聞くとシンガポール・マレーシア。個人的にも行ってみたい場所だったのでこれまた残念。でもまた機会を作るとの事だったので、その時を楽しみにしてみる。
 次は野球。1つだけ楽しみにしているサークルがあるのだが、そこへ行ったら新刊が売り切れていたorz 。もう1冊はあったのでそれを購入。あと無料配布の応援歌大賞。後から気が付いたのだが、昨年冬はスポーツの日は行けなかったのであの時の新刊も買えばよかったのにorz 。二重に落ち込む。
 サッカーサークルでは西日本の水戸サポが作ったJ2スタジアム案内西日本版。これはなかなか使えそう。サッカー会場って意外に行きにくい場所にあったりする。10年前、まだJ2が始まった頃か、とあるスタジアムに行こうと思ったが、甲府駅からのシャトルバスがなく、また路線バスが17時前半のあとが19時過ぎという時刻表に血の気が引いた思いをした事が。帰りの路線バスが21時前で、ロスタイムに入ったらアウトだった事も(実はこの試合ロスタイムに突入して困った思い出が。その時は同じ川崎サポの方に車で川崎まで送ってもらったのだが)。今はシャトルバスが出ていていいなぁ、と感慨深く読む。
 並んだ時間が40分、館内にいたのが30分。そんなもんである。

 土曜日はお休みで日曜日。少し寝過ごしてしまい11時40分頃に電車に。またビックサイトの前で並ぶのかなと思ったら、さすがに今日は列がなかった。
 西館で今回の一番の獲物であるびんちょうタンの同人誌を購入。漫画雑誌で連載していた作者の続編漫画。楽しみにして読むが、この終わり方はないよ、と泣く。次のコミケにはこの話の続きが読めるのだが、それでもそこまで待てません。
 次に旅行や乗り物のところで香港や釜山、ソウルの旅行記を購入。このところあまり旅行もので興味が持てるものが少ない。旅行記も少し減退気味なのかな。そそられるものが少ないのは残念。
 西館だからと企業ブースへ寄ってから東館へ。東で評論絡みのを見て回るがどうも欲しい物がない。これまた残念。
 そんなこんなで帰宅する。まぁ今日はびんちょうタンの新刊を買えたので満足する。

 総括として好きなジャンルが縮小気味なのが気になる。その他のジャンルが元気なだけにもっとしっかりして、と言いたい。旅行だったりスポーツだったりは観戦にお金が掛かるから仕方ないのかな。
 それにしても疲れた、疲れた。人ごみは好きでないのだが、暑い上に人ごみ。普段より余計に疲れた。本当はこんな事をしている場合ではないのだが、その辺は気にしない方向で。

 あと金曜日と日曜日の文章がまったく違っているのは気にしない方向で。いや気にしないでください。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.15(土)    名古屋戦
 金曜日の夜、雲がなかった。星が輝いていたので夜空を見る。ただあまり上ばかり見ていると首が痛くなるのでほどほどで。北東の空を見ているとカシオペアを発見。これがカシオペアかと感動していると、ペルセウス座の側を輝く星が流れ落ちた。これがペルセウス座流星群か。それも鮮やかなのを見られて感動。その後はかすかに見えるのみだったが、あの輝く流れ星が見られて満足。
 この日だけ雲がなかった。いい日だった。

 さて瑞穂陸上競技場での名古屋戦。2−0で川崎の勝利。もっと点が取れたなと思うのと同時に名古屋はまだ新戦力がフィットしていないのが気になる。もし連携が取れるようになると怖くなりそう。9月のACLまでに完成はして欲しくない。絶対して欲しくない。
 にしても名古屋は補強が凄い。ダヴィ資金なのかシーズン中にあれだけの補強はそうそうしない。これがどのように影響をするのか。くどく書くが、ACLではこのメンバーでの活躍はしないで欲しい。
 名古屋の楢崎はやっぱり上手い。でもそんなGKから2得点は好材料。夏に強いジュニーニョのゴールはやっぱり嬉しくなる。
 ただ鹿島とはまだまだ差がある。でもこの差を逆転したら面白くない? それを待ちわびながらもっともっと応援するよ。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.13(木)   
 某宗教団体の政党が全選挙区への候補者擁立を取りやめるとの事。出たところで泡沫にしかすぎないのに。よく出馬しようとするものだ。しかも自分たちに集票能力があると思うところが・・・。まぁ思うのは自由だから。

 火曜日は土星の環が消える(ように見える)夜だった。でも見られなかった。道具はないからね。また機会があるだろうからその時に。望遠鏡で見てみたい。
 水曜日からはペルセウス座流星群。が水曜日の夜は雲がいっぱい。とても星空が出るものではなかった。今日は晴れているから見られるかな。
 そういえば東の空に一際輝く星を発見。あの星の名は何なのだろう。気になる。
 じっくりと星空を見ていたいが、明日からコミケが始まる。早起きはしないけど、寝坊は出来ない。早く寝ないと。
 ではおやすみなさい。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.12(水)    昔話
 昔話、というか人の過去話に興味ありますか? 私にとってどうでもいい人のどうでもいい歴史の話は聞きたくはないが、関わりあいのある人、特に興味事や趣味が被っている人とかの話というのには関心がある。この人はどんな道を歩いてきたのかとか変わった事をしているのだな、と知ると自分自身に色んな光をくれたりもする。また人の歩いてきた道に興味をもったりもする。その人をもっと知る上で重要な事だと思う。
 何故このような文章を書いたかというと、実は昔話をしようかな、と思った。このところ過去を掘り出すような文章を書いていて、今度はこのような話をしてみようかなと考えたりもした。がその文章は人にとってどう思うのか、とふと考えた。
 このホームページにはカウンター機能がないのでどのくらいの人がここを見ているのかは知らない。多分少人数だと思う、いや少人数だ。ここは私の世界であって私だけは無秩序でいる。何を書こうとそれは自由である。だから色々と書き綴ってきた。興味事、関心事、ニュース等・・・。
 ただ私個人の歴史を語るのはどうなのだろうか。私が勝手に過去の戸棚を開ける事は他にとって面白いのか。興味事とかだったら、こいつはバカな事をしているな、で済む。が過去話はどんな感想も出せない。例えばそれが自慢話で覆い尽くされるかもしれない。それをどうやって読んだらよいのか。私にはわからない。
 もし私が読者として、この文章を書いている人に興味があるのなら、この人はそういう地層を作ってきているんだなと思うが、そうでない人なら何も感じないだろう。私の世界の文章と書いたが、私の世界に来てもらっている以上は少しでも何らかを感じもらいたいという気持ちがあるのも、また事実。多分矛盾していているかもしれないが。
 私がどうでもいい人の過去話はどうでもいいと思っている以上、逆なら書けない、書いたらいけないとなる。
 私の中で難しくしているのかもしれない。もっと単純な事なのかもしれない。ただ私には答えが1つにしか向かっていない。だからこの文章を書いてみた。人はどうなのだろうか?

 最後を「?」で読者に投げかける文章は好きじゃないのだが、今回は敢えて。決して答えを求めているわけではないので、その辺は気にしないでください。

 もっと明るく行こうか。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.9(日)    立ち上がるのか
 ここ数年やりたいのだが結局声出しだけで終わっていた事がある。それは車の運転をする事。一応運転免許は持っている。18歳の夏に毎日教習所に通って取った。がその後父親に鼻っぱしをくじかれる出来事を起こされ、それ以降車の運転はほぼしていない(だってさ、眼鏡なしで車の運転をしろって言うんだよ。しかも夕方の微妙な薄暗さの中で。前が良く見えないって。そんな悪条件なのにあれこれ文句を言って心を凹ませて・・・。あれは俺は悪くない。まぁ言いたい事はわかる。甘っちょろい考えで車の運転をするなと言いたかったのだろうが、やり方にもほどがある!)。
 その後バイクの免許を取ってバイクを乗り回していたが、そのバイクも売却してしまった。色々とあってね。それとバイクの置き場や取締りが厳しくなったので乗りにくくなったというのがあったのも事実。バイクがなくなった時は結構辛かった。気分転換に風を切る事が出来なくなったから。バイクに乗って城南島まで行くのが好きだったから、辛かったなぁ。でその後は車にも縁がなくここまで来ている。
 東京に住んでいると何かと電車で済んでしまう事が多い。だから車はそうは必要ない。でも少し遠出をしたいとかお台場まで犬を連れて行きたいとかそういう要望に応えられないのも事実。何とかしたいな、と思う。
 が昨今のガソリン代の高さとかを考えるといらないかな。また車も高いし。買うなら軽自動車で十分なのだけど。で軽自動車とエコカーってどっちが省エネなんだろう。大きい車だと横幅の感覚がわからないから小さいので良いのだが、軽は色々と薄いんですよね。だからその怖さもある。
 それはさておき、そろそろ車の運転をしてみたいかなと思ってきている。でも車を買うまでもないし、車を置く場所もない。また普段車を運転しないから必要に迫られてもいない。そうなると必然的にふりだしに戻ってしまう。
 どうなんだろ、かね。父親は車を持っているのだが、ちょっと借りたいとかって言えないし。ましてや10年以上ぶりの車の運転をさせろって言えない。何言われるかわからないし、ぶつけたりしたら・・・。やっぱり運転ムリかな。
 迷いの種である。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.8(土)    天文
 ようやく宙のまにまに6巻まで買ったぜ! 6巻の終わりの話が気になる。フーミン、いや琴塚会長!!!! いいねぇ、青春って。ていうか、俺のフーミンに手を出すなぁ!!!!
 そんな戯言はさておいて、宙のまにまににハマり続けている。もう何も言うまい。というか誰もが黙れと言いたげなので黙ります、ハイ。でもキャラ萌えだけじゃないんだよ。だから少しは・・・。

 今日はそんな話ではない。宙のまにまにを読みながら天文、宇宙に興味を持った。何にでも興味を持つというか、根無し草というか・・・まぁそれが私なのだが。面白そうである、天文は。
 漫画を見ながら何か道具を、と思い向かった先は新宿のヨドバシカメラ。というか実は別用で新宿に行っていたのだが。確か望遠鏡売り場があったはず、と行ってみると・・・あった。初心者向きでも高いんですね。美星たちが1ヶ月バイトをしたのが良くわかった。まぁ学校の部活で使うには初心者向きではない、もっと高性能のを買っていたのだが、漫画では。実物を見るとはぁ、凄いと思ってしまう。まぁまだ望遠鏡で見るのは早いな。それに双眼鏡でもいいらしい、漫画によると。残念な事に双眼鏡は見てくるのを忘れていた。今度見てこよう。双眼鏡でもしっかりと星が見られるらしいし。
 で次に本屋に行ってみる。すると世界天文年2009というイベントを日本委員会が行なっているようで、本もそれなりに置いてあった。結構迷う。どんな本を買ったらよいのか。だって初心者だ、何を読んだら良いのか。今度じっくりとどの本が勉強になるのかを調べよう。出来れば漫画で見る天文学やイラストだらけの星空なんかが良いのだが・・・。
 ネットも見てみた。世界天文年2009のを見ていたら、星空ナビというニンテンドーDS用ソフトのリンクが。何でもこのソフトを入れてニンテンドーDSをかざすと星の情報が画面上に出てくるとか。これ凄い。ただこのソフトは家電量販店やゲームショップでは売っていない一品。注文販売との事。しかも今売り切れ中で来月にならないと出荷しない。欲しいかも。
 また家庭用プラネタリウムを見てみる。セガトイズのが良い評判。でも値段もそれなりに高い。いや、かなり高い。でも評判の良いホームスターPRO2ndはいい。天井に星を映してみるなんて、ロマンチックな星空が家で見られるなんて、盛り上がりは間違いなし。値段は高いがこれで勉強してから外へ出るのも良いだろう。それにインテリアとしても欲しい一品だ、これは。
 そうそう、ネットを見ていたら今月11日に土星の環が見えなくなる日だそうだ。環が見えなくなる・・・皆既日食もそうだけど、宇宙の神秘だ。
 漫画を通じてだけど星空に興味が湧いてきた。東京で人生のほとんどを過ごしている私にとっては星はほとんど見られない。だから今まで興味がなかった。でも今の私は本気だ。勉強をしてみよう。
 そんな私のいまの目標は土星の環を道具を使って見る事。双眼鏡でも見られるそうだから、お金を貯めるんだ。そして星明りが綺麗なところで星を見よう。
 楽しみになってきたぞう。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.6(木)    お姉さん
 宙のまにまにを読みながら姫ちゃんに恋しながらもフーミンに憧れる。フーミンがいい、いいです! 何というのか、あのツンデレっぷりさる事ながら、大人っぽいしぐさや冷静っぷりが。ああいう人に憧れてしまう。
 何でフーミンなのかを考えてみたところ、私にはシスコンというか姉コンだという事を思い出した。正確に書くと姉貴コンプレックス。そう私はお姉さんに弱い(特にお姉さんであって、全体的に女性自体にも弱いのだが)。
 何故かと色々と考えてみた事があった。その結果小さい頃に年上の女性が私の周りに多くいたからではないか、という結論を出した。
 私の父系、母系ともに私より年上の女性の従兄弟がいた。特に父系の従兄弟には良く遊んでもらった。また父と母には妹がいて、その人たちに可愛がってもらっていた。特に母の妹(叔母さんですね)には大事にされていて、どこに行くにも一緒に付いていたというらしい(記憶にない頃の出来事なのだが)。だから必然的に年上の女性に親近感が沸くのだろう。
 また私は長男であって、当然下の弟妹の上に立っていた。また父系の従兄弟の中では一番上の男として育てられたのもあるだろう。その反動かは知らないが、年上の人が好きだった。昔は学校の先輩を慕っていて、よく可愛がってもらった事もある。懐いていたなぁ。で私は男なので当然女性に寄るわけで。
 そんなわけで私は年上の人、特に女性に憧れを持つ人間になってしまったんだなと結論をつけた。
 ただ1つ言っておかないといけないのは、私が年上好きというのは間違っているという事。お姉さんが好きなのは間違いなのだが、年上好きはイコールではない。というのも、私はお姉さん雰囲気を醸し出している人にも弱いからだ(ここに宙のまにまにのフーミンが当てはまる)。ここは声を大にしておきたい。
 周りにもいるでしょ、お姉さま雰囲気を出している人って。実際の年齢は若くても年上に見られてしまうような人。そう、そんな人にも弱い。弱いなぁ。また憧れる。
 とにかくです、お姉さんを持っている人に弱く、また憧れを持っているのである。これはやばい病気なのかと考えた事もあったが、人間だもの、いいんじゃない、と。
 大したカミングアウトではないのですが、一応書いてみました。どうでも良かった?

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.5(水)    お片付け
 宙のまにまに、一気に4巻まで買ってもうたorz 。意外にやばいんですよ、これが。何がって漫画を置くスペースがないんです、本棚に。わかってはいたのですが、そのうちと思っていて・・・。でも決心がつきました、片付けます。
 競馬四季報か。もう10年くらい買っていない、ていうか休刊、廃刊したんだっけ? 知らんなぁ。一時は毎号買っていたのだが、買わなくなってしまったなぁ。これって資料性が高いからなかなか捨てられない。20年くらい前のが家にある。捨てようかどうかは検討しているのだが、多分捨てられない。そういう人間だから、そう私は捨てられない症候群。なかなか捨てる勇気が湧かない。もし欲しい方がいらしたらどうぞ。多分平成元年くらいから10年分はあるのかな、関東と関西版が。そういや本棚のほかにも押入れに古いやつが入っていたような。家する?
 そのスペースが開けば今部屋にある漫画を移行させるか。いしいひさいちのやクッキングパパもそっちに流すかな。そのまえに限定版に付いていた付録類をそっちへ移すか。
 何はともあれ、まずは競馬四季報か。捨てるかどうか、迷うところだ。
 でもやらないと他の漫画が買えない。もう選択の余地はないのだ。だが迷うし勇気が・・・。困った人だね、私は。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.4(火)    宙のまにまに
 とあるブログの文章の中で、
「どうして「生ぬるい系」の旅行記を書く人達は、「機内食の写真」を撮るのだろう」
というのがあった。うちもそうか、そうだよなぁ・・・。まぁでも生ゆるい系でもいいじゃん。

 最近ここのネタが固定化されているような気がする。多分気がするのではなく、そうなのだろう。ネタ不足なのではなく、単に頭に思い浮かぶ事がこれらの事だけだったりする。そんな訳なので、同じような話を何度もしてスミマセンと謝ります。

 で本題は最近気になる漫画。月刊アフタヌーンで連載されている漫画で、最近アニメ化されたものである。タイトルが宙のまにまに。宙と書いて「そら」と読むのである。
 高校の天文部を舞台とした青春漫画。少女漫画より少し男寄りで、可愛い女の子が出てくる。少しマニアックな分野なのもいい。誰もがけな気なのが一番興味が持たれるところである。
 どの漫画にしても何か引かれるキャラクターがいるもので、この漫画においては姫ちゃんとフーミンという2人の女性(女子高生というべきか)。姫ちゃんに関してはアニメを見て一目惚れ、漫画で更に惚れてもうた。いかにも少女漫画のヒロイン的な描かれ方なのだけど、この可愛さにダウンしてしまう。もう姫ちゃんラブラブである。ちなみに姫ちゃんはヒロインではない。
 でもう1人書いたフーミン。何で気になるのだろうと思ったらツンデレだった・・・あれっ、ツンデレにハマっているのだろうか。あまりいい傾向ではないと思うのだが。その辺は気にしない方向で。
 1つの物事に対して青春しているのがいいな。私の高校時代を振り返ると・・・男子校で、女性とほぼ無関係で、部活もしていなかったし、頭も良くなかった。宿題はよく忘れて泡食ったし、英語の小テストに怯えていた。先生に指されるのも怖かった。朝の通勤時間に満員の電車に揺られていたっけ。そして大学受験にも失敗した・・・。それでも毎日が楽しかったから良かったのだが。その当時は苦痛はなく楽しかったから。でも少し、いやいっぱい高校生の甘酸っぱい青春を楽しみたかった。華やいだ生活というものが。そんな意味でも漫画ではあるが青春しているのがうらやましいのである。いいな、こんな高校生をしていて、と。
 もしあの時男子校ではなく共学の都立に行っていればと蒸し返す事があるが、男子校は男子校で楽しかったから良いのだけど。ただ人生にifがあるなら絶対にここへ戻りたい。確実に2つの選択肢があったのだから、目の前に。だけど共学だったからといって多分大きく変わった事はなかっただろう。一緒に競馬場へ行ってくれる女子のクラスメイトなんていなかっただろうし、高校で競馬サークルは作れないだろうし。クラスメイトと遊びながらどこかで孤独を感じていても気にしないでいただろう。
 話が飛んでしまったが、主人公たちがうらやましいくらいな高校生の青春をしていて、リアルとファンタジーが交差具合がたまらない。こんな高校生生活をしたかったと思わせる漫画に今ハマっている。
 そんなわけでこの漫画、今6巻まで出ているのだが買い出したところ。楽しみだなぁ、今後の展開が。でもこの漫画だけのために月刊アフタヌーンを愛読紙にはしません。多分予定では。

一番上に戻る

 
 
 
2009.8.3(月)    音を楽しむ
 ドック型のスピーカーを買ってきた。色々と見て回り、実際iPodを差してみたりもした。そのなかで高いのはやっぱり良い。音が当然ながら割れないし、響く。だが少し大きめだったりする。軽くて持ち運べるのが良いし、もちろん安いのが。
 それで選んだのが今日買ってきた物。安い(iPod touch2nd、iPod nano4stでは充電が出来ないのが残念)、持ち運べる、音もそこそこ聞ける。願ったりの一品。しかもこの値段でリモコンが付いている。いいじゃないか。これは良い買い物だったかも。もっとも安いのは製造終了品だからというのもあるのだが。
 家に着いて早速セッティング、曲を聴く。いいねぇ、店だと色んな音が流れているので感じられなかったところまでしっかり聴ける。充電も出来ているし。家でもイヤホンで聴いていたのでようやく音楽を感じられる環境になったというのかな。CDラジカセがあったのだからそれは言いすぎか。でもいっぱい曲の入ったiPodを更に楽しめる事になったのは間違いない。
 さぁこの夏は音楽三昧だ。その前に家を出ろ!

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.31(金)    気になるイベント
 サカつくがPSPで発売されるとか。欲しいが、サカつくは色んな意味で・・・。選手がわがままだし、給料を上げろとウルサイし・・・これらに根を上げてしまうタイプなのでどうも苦手だ。今回のも過去作同様に踏襲されているようなので、買ってもすぐにポイかも。
 そもそもPSP持っていないし。結局迷っているうちに発売されて、自分自身での旬を取り逃がして終わるパターンに陥りそうな予感。それはそれでいいと思う。

 先週香港ではブックフェアが行なわれていた。本だけでなくグッズも出るとの事なので、一体どんなものが発売されるのかを見たかった。また日本物がどこまで入り込んでいるのかも知るのには十分な内容なので今度行ってみたい。
 でイベント自体凄すぎる。会場は有名なコンベンションセンター、この手のイベントとしては香港最大級のイベントホールなので問題はない。開催時間が凄いのだ。10時から0時まで開催している日があるのが。長い、長すぎる。日本だと色んな法律が絡んできたりするのでまずこの時間帯での開催は難しい。でも香港はやってしまう。規模がハンパない。9時から22時もある意味凄いが。
 1回は見ておかないといけないイベントだ、これは。
 そしてブックフェアが終わると次に来るのが、アニコン・ゲームフェア。これまたヲタク層に大人気だと思われるイベント。文字通りアニメや漫画、ゲームのお祭りである。これも見ておきたいな。
 新作ゲームのお試しはよくある事だが、コスプレショーもあるらしい。香港ヲタクのコスプレ・・・気合の入ったレイヤーは多分コミケにも来るのだろうが、そうでない地元ならではのレイヤーを見てみたい。こういう所からも香港で流行っている日本物を感じる事が出来るからだ。
 日本の文化が海外にも広がっているのはよく言われている話。ただそれらを他人の話で又聞き程度にも関わらず知ったつもりになって良いのか、と考える。それはいけない。自分自身の目や耳で感じ取らないと。何だってそうだと思う。別にこの分野だけに限った事ではない。日本ではこうだけど、海外では本場ではこうなのだという好奇心がないと。それによって日本には何が足りなくて、どこが満足できて、あの部分は輸出してあげたいと思えるから。やっぱり自分の足で見ないと。
 来年はこの時期に香港に行ってみようかな。もちろんお金と暇があればだけど。そうそう香港は台風が来るのだよね・・・それに引っかかったら・・・。それでも私はこのイベントを見に香港に行きたい!

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.28(火)    ガイドブック
 まず最初に。川村カオリさんが本日亡くなられた。昔好きだった歌手で、最近もiPodでよく曲を聴いていた。ZOOや僕たちの国境、神様が降りてくる夜・・・好きだったなぁ。オールナイトニッポンも聞いていた、土曜2部。懐かしい思い出も悲しい気持ちになってしまう。
 ご冥福をお祈りします。

 地球の歩き方・香港版の今年度版が発売された。もちろん購入。最近香港濃度が低くなっていたから楽しく読む。2年位前に行った店がなくなっていたのに気が付く。いつなくなったの? と調べてみると去年版のにもなかった。一昨年版のにはあった。そうか去年なくなったのか。あそこのタンタン麺やエビチリが美味しかったのに。でも本によるとどうも場所が変わったみたいだ。今度行こう。
 あとメイド喫茶もちゃんとあるようだ。ただ地図上に書かれている店名が違っている・・・。去年は合っていたのに、何故変える? その理由がわからん。
 他にもある。まだ沙田競馬場の写真が古い。屋根付きパドックや超横長のビジョンが影も形もない。そのくせ馬券の種類はしっかり最新版。そろそろ写真を変えてよ。何ならデータとして送るぞ! そこは変えようよ。
 地球の歩き方はそれなりに濃度が高いので値段はそんなに気にしない。が4月に発売されたマカオ版が272ページで1600円、香港版が536ページで1700円・・・納得いかない。マカオ版高すぎない?

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.26(日)    ヤケ酒
 今年のFNS26時間テレビはヘキサゴンファミリーの回。個人的にヘキサゴンは好きではないのであまり見ていなかった。久々にテレビに噛り付かない見ない26時間テレビだった。それでもひょうきんベスト10とさんま・中居の今夜も眠れないは見た。ひょうきんは懐かしい。CSで見られるが、今の若いアイドルはひょうきん族を知らないだろうから、その新鮮なリアクションが面白かった。またさんまと紳介のトークはこれもひょうきん族を知っている世代にはたまらなく面白かった。若い人たちはこのおっさんたち何喋っているのだろうと思うだろう。でもこの人たちの全盛期を知っている人間にはとても懐かしく、たまらなく泣けてくる場面だった。
 まぁその程度ですかね、今年は。

 今日はヤケ酒。フロンターレが負けたから。京都を相手に試合をしたのだが、前半からどうも攻撃が回らない。逆に守備陣が怪しい動きをしている。そう思ったら結局3失点。もっともGKが川島じゃなかったら何点取られていたか。大量失点で負けていたよ。
 ここのところ勝てていない。もうヤケ酒は飽きた。そろそろ美味しい美酒に酔いしれたいのですが・・・フロンターレさん。
 でも今週水曜日は鹿島とナビスコカップ。勝てそうもないし、点差次第では勝っても喜びなしかも。土曜日は多摩川クラシコ。この調子だと負けてしまいそう。4位の座も怪しいのか?
 もうヤケ酒ですよ。それでなくても暑くて水分を取るのだが、どうも胃が弱ってきている。水分のせいで。ダメらしい、ワシは。
 あぁフロンターレ、勝ってよ! 本当お願い。頼むよ。本当頼む・・・。勝ち続けてくれ・・・。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.25(土)    オールスターゲーム
 交流戦があったりしてオールスターゲームってどうなの? と思っていたが、やっぱりオールスターゲームは違う。別物だね、あれは。普段の野球が日常とすれば、オールスターゲームは非日常。すべてはお祭り。あの感覚は子供の頃のワクワクを思い出させる。
 今は野球ゲームで選手を集めて遊べる事が出来るが、昔は想像の中でしか楽しめなかった。あの選手とこの選手と・・・などと考えて遊ぶのが好きだった。思いっきり主観たっぷりの選手妄想で並べたオーダーを作って野球をした。楽しかったなぁ、あの頃も。
 久々にゆっくりと試合を見たのだが、実に楽しい。選手が楽しんでいるし、ファンも楽しんでいる。やっぱり非日常である。試合じゃなくゲーム、本当に良い名前だ。あれはゲームである。色んな物が詰め込まれているおもちゃ箱。それを作り上げて夢を膨らます。何て良いんだろう、オールスターゲーム。
 これって1リーグじゃこんなに楽しめないよな。2リーグであるからこそ楽しめるんじゃないかな。常に対戦できないから、普段は味方チームにならないからこそ楽しめるのではないかな。オールスターゲームだから成せる技なのだ。マジックだよ。
 早くも来年のオールスターゲームが楽しみになってきた。来年まで生きてやるぞ!

 で思ったのだが、どう考えてもイムチャンヨンの使いどころを誤ったな、原監督。仮にもセリーグ抑えファン投票1位の投手の使い方ではなかった。それだけが残念でならない。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.24(金)    ゲームが欲しいの
 ファミ通を読む。3週後から木曜日発売になるらしい。最近というか近年はゲームソフトは木曜日発売だからね。時代の流れってヤツですか。
 今後発売の欄を見る。気になるソフトはアレだね、ニンテンドーDS用ソフトのペヨンジュンと学ぶ韓国語講座。限定版にはミニフォトが付くらしい。良いねぇ、オバサマ目当てだね。これは買ってもいいかな。いや、世間のオバサマを敵に回してまで限定版を買ってみるか。世間に対してケンカを売ってやる!
 ちなみにkoyoteシンジの歌う韓国語講座だったら20本くらいソフトを買ってもいいのだが。いや、買うね。いや、出せ! というかシンジと一緒に歌いたいよ、ハングルで。
 それはそうと欲しいソフトがある。まずはニンテンドーDSソフトのイナズマイレブン2。困っている。ファイア版とブリザード版同時発売。何故2本出す? 両方欲しいじゃないか。しかもファイア版にはファイア版限定の、ブリザード版にはブリザード版限定キャラがいるらしい。欲しいじゃないか。でも2本同時進行はできない、さすがに。どうする?
 このソフトの前にはWiiソフトの王様物語が発売される。これは随分前から気になっていたソフト。ようやく発売まで来たか、と思うと感慨深い。面白そうなソフトなのだが、現状遊べるのかが心配。私がね、遊べる時間があるのかが、という素朴な問題が。据え置きゲームの宿命だね、これは。
 でちょっと気になるのがPSP版実況パワフルプロ野球ポータブル4。今更ながらパワプロ? しかもPSP? いや、ニンテンドーDSではアクションは難しい。ファミスタで十分感じた。あれ系はPSPじゃないかなと勝手に思っている。でパワプロも今更感があるのだが、実はほとんど初心者。ここらで真面目に取り組んでみようかな、と。でもPSP持っていない・・・香港行って買ってくるか。向こうなら安いし。でも香港まで行く旅費があれば買えちゃうか・・・悩ましい。PSPもgoがいいかな、なんて考えてしまう。
 そうは言いながら、実はまだレイトン教授の2作目を始めていない。もちろん3作目は買ってもいない。そっちから始めないと・・・って結局そういうオチで。
 そろそろこのオチも使い古されたな。反省。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.22(水)    皆既日食
 皆既日食・・・日本でも見られるというが、あまりピンと来なかった。日食でしょ、程度しか。がリアルタイムでテレビから流れる映像を見てビックリ、神秘的過ぎる。特にダイヤモンドリングは感動もの。あれは生で見たくなる。こんなに凄かったんだ、日食って。
 自然のなせる業、まざまざと見せられた。偉大だ、偉大すぎる。
 あれなら確かに30万円を出してもいいかな。でも悪石島って名前が怖い。あと硫黄島には民間人が入れないのも知った。
 日食は素晴らしい。で東京で見られるのが700年後だとか。長生きしているかな。

 最近パンチラに弱い。オッサンだ。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.20(月)    立ち読み
 最新立ち読み漫画リスト。
 月曜日・・・プレイボーイ・キン肉マンU、ヤンマガ・みなみけ(隔週)
 火曜日(第1・3週)・・・漫画アクション・うちの妻ってどうでしょう
 水曜日・・・週刊少年マガジン・さよなら絶望先生
 木曜日・・・モーニング・僕の小規模な生活、ジャイアントキリング、クッキングパパ
 キン肉マンUはあらかた展開が読めたりするのだが、その逆を行かれた時が面白い。いい意味で裏切られた時が、ね。
 みなみけは空気の抜けた感がいい。カナのバカさ加減がやみつき状態。やっぱりバカはバカ仲間を呼ぶのか?
 うちの妻ってどうでしょうと僕の小規模な生活はノンフィクションに近いフィクション、作者のイジケ魂が似ている部分でどこかシンパシーを感じる。
 さよなら絶望先生は突拍子も無いボケにボケを重ねるところが凄いところ。あの発想は私には無い。
 ジャイアントキリングはサッカー漫画。絵が上手いわけではないのだが、プレーヤーの心理であったりサポーターの心情などがよく描かれている。敷居が低いので読みやすい。
 クッキングパパはもう長い付き合い。荒岩家をはじめとして、登場人物の成長具合が楽しみでならない。歳をとる漫画は珍しくないが、年齢の重ね方が良い表現をしている。親しみやすさが飽きない。

 最近はこんなところを立ち読みしている。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.19(日)    企画
 かなり香港に行きたくなってきている。ただこの1ヶ月はまず動けないので断念。というか12月まで大人しくしていないといけないようだ。動きたいよ! まぁ海外ならどこでもいいのだけど。お金を出してくれて、往復のチケットさえくれれば北朝鮮にだって・・・行きます。

 で旅行なのだが、ある企画を立ててみた。特に12月の香港が面白いのかもしれないのだが、ビデオカメラを持って旅行の一部始終を撮りまくるというもの。何らかのアクシデントもあるだろうし、馬の映像や馬券の状況なんかも目にわかる。また日本からの電話であったり、パシフィックコーヒーでネットPCを使って情報検索のシーンも撮れたら面白い。また定宿の狭い部屋も見せてあげたい。
 簡単に言えば1人水曜どうでしょうっぽいものか。撮ったらもちろん映像を編集してyoutubeあたりに放り込む。この場合アクセス数を伸ばしたい目的ではなく、サーバとして。
 普段どんな旅行をしているのか、馬鹿らしい行動を見ていただけたらと思う。別にこれをもって香港国際レースデーの面白さをアピールしようなんて思っていない。映像より現地ですから、基本的に。
 じゃあ今度の旅行で試してみようかな、と思ってヤマダ電機へ行ってみたら・・・ビデオカメラの値段が高すぎた・・・企画倒れでした、ジャンジャン。
 まぁ一度はやってみたいかな、こんな旅行。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.16(木)    甥っ子がやって来た
 香港名物トラムを運転している夢を見た。運転手かよ! そろそろというかかなり香港が恋しくなっているようだ。行ってこないとな、香港。

 現在の医療の進歩は早いのか、妹が今日退院。もっとも日曜日の段階で木曜日に退院の話をしていたから、今はそういうシステムなのだろう。
 そんなわけでしばらくうちの実家で子育て。まだ子育てという段階じゃないか。まぁそんな感じです。実家に来ました。ダンナが車で送ってくれるので家族全員プラスダンナで食事。父はこういう時は必ず料理をかって出る。チャーシューを作って持ってきていた。さすが父です。
 食卓を囲みながら名前候補を聞く。いい名前だ。良かったな、ボウズ。そのボウズは元気に泣く。元気だ。元気な泣き声も良いのだが、それを合図に妹はボウズのところへ駆け寄る。大変だ、母親は。
 少し傍観者的に見ていて、子育ては大変だと実感。私がこの立場になったら・・・考える。無理だろ。私はまだまだオコチャマだから、無理だな。もっとも結婚すらしていないわけだし、考える必要もないか。
 でも何か元気を貰った。
 だが飲みすぎはいけない。元気を貰った勢いで飲みすぎてしまい、家に帰ってダウン。やっぱりダメ男君だ、私は。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.15(水)    鹿島は強すぎ
 ナビスコカップ準々決勝の鹿島対川崎。いい試合だった。ただ鹿島の方がほんの少し上手い。ほんの少しなのだけど乗り越えられない。それが勝者のメンタリティというやつなのか。わずかのスキを突いてくる。それが出来るか出来ないかが大きく違ってくる。さすがは王者だった。
 1−0。ロングスローのボールがゴール前へ。ゴール前は混戦になり、ボールはファーサイドへ。そこにマークを掻い潜り走りこんだ小笠原が押し込みゴール。スコアレスドローも考えられた時間帯、鹿島はいい時間帯にゴールを決める。そしてそこでの集中力の高さはさすがである。
 テレビを見ながら崩れこむ。
 これで2週間後の等々力での試合はかなり難しくなった。鹿島相手に勝つのは難しいし、それでなくても点を取るのも難しい。どう攻略するのだろうか、いや出来るのか。
 考えされられる試合だった。

 美味しいビールは飲めませんでした。残念。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.13(月)    ドラクエ9
 都議会選が終わった。ある程度民主の勝利は予想できたが、民主の勝利より自民の敗北が目立った感が強い。結果論は同じだけど、自民が自爆して民主に勝利が転がったという意味。
 我が品川区はちょっとした異変が。民主・自民・公明に自民・民主の新人のどちらが枠を取るかと思われた。がフタを開けたら民主の新人が圧勝。2位に民主の現職に圧倒的な差をつけての1位は想像外。3位・4位・次点の争いが熾烈だった。2万票くらいの中に3人が入ったのだから。3位は公明の現職。ここは票が入るからと思っていたが、意外に伸びなかった。4位と次点が自民の現職と共産の新人の争い。わずかに自民現職が入り込んだが、共産がかなり票が伸びたのはビックリ。で自民の新人に票が伸びなかったのも意外だった。
 隣の大田区も面白い結果があって、民主の現職2人が落選し、民主の新人2人が当選。民主でも古株より新人に票が集まる。これはちょっと気になる。

 ドラクエ9が土曜日に発売された。売れ行きは好調らしい。がそんな程度の話はしないでしょ、私が。そう、マジコン絡み。
 土曜日に発売されたドラクエ9、ROMがネット上にアップされていたのは木曜日。そう発売日前に流れていた。ただそのままゲームが出来ないのは言うまでも無い。このROMにはプロテクトがかかっているのだから。案の定序盤でゲームが止まってしまうらしい(ネット上の情報により)。
 プロテクトは発売日に簡単にクリアされていた。だがこのプロテクトが本当に解除されているのかはわからない。それくらいの事はスクエニ側もわかっているだろう。更なるプロテクトをかけているに違いない。だからプロテクトを解除した人間もまだ何かあるかもしれないとハラハラしているそうだ。だったらソフト買えよ、と思うが。ゲームクリアするまで多分ハラハラしっぱなしなのは、正直辛くない?
 超大作なのでこの手の話はネット上どこでも見られる。それを見ているだけで、マジコンなどが世間に回りすぎているな、と思う。
 でネット検索をしながら解除プロテクトやパッチに関する記述を削除したという話も転がっていた。どうも各方面が回っているらしい。それはメーカーだったりホニャララだったり。
 まぁ言えるのは、ゲームはちゃんと買いましょうという事か。またソフトのプログラムをいじるわけだから、法律にも引っかかるのでは(よく知らないが)。
 興味本位で調べてみるのはありですが、試さないようにと大人が言っていますので気をつけてね。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.12(日)    それなりに長い1日
 福島旅行に行かれた方々、お疲れ様でした。楽しい旅行だったと思われます。うらやましい。今年は諸般の事情で日曜日すら行けませんでしたが、来年こそは・・・。その時はよろしくお願いします。
 チクショー、来年こそは土日と福島旅行に行くぞ。悔しい〜!

 朝9時半頃、携帯電話が鳴る。母からだった。眠い目をこすりながら電話に出ると、母から妹が破水した、と。妹は今月9ヶ月目に入り、来月上旬が予定日だった。だからビックリ! 大丈夫なの? と聞くと、病院に入って人工陣痛剤で出産をするという。今日がヤマか、と勝手に思う。
 一応それなりの準備をしようと思うが、こっちが動いてもしょうがないので寝る。
 15時前にまた母から。分娩室に入ったとの事。父が旅行から戻ってきたら病院に行く? と聞かれたので行くと答える。まだ生まれないだろうし、時間がかかるかと思っていた。それから1時間後、母から男の子が生まれたとの連絡が。えっ、もう生まれたの? 犬の散歩を済ませてから千葉にある病院へ。
 うちの父母、いやジジババはテンションが高い。そりゃそうか、初孫だからね。予定日より早い出産にまだ実感が湧いていないと言うが、そんな事無いじゃんと心の中でツッコミ。
 30分くらいで病院に到着。すぐに赤ん坊を見る。なかなか足や手が大きい子らしい。でもまだ2500グラム程度なのだが。赤ん坊をガラス越しに見てから分娩室にいる妹の所へ。そんなに陣痛はひどくなかったそうだが、大変だったと。お疲れ様です。破水した時も冷静だったみたく、まぁ母親になるという事はそういうことなんだなと感じた。
 病室に戻ってから少し話をして帰宅。その後焼き肉屋で妹抜きの家族ご飯。今日は余計にビールや焼き肉が美味しく感じた。いや普通に美味しいのだが、それでもそれ以上の味を感じた。
 そんな日でした。
 そうそう、今日誕生日なのだが、平成21年7月12日。前から読んでも後ろから読んでも21712。覚えやすくてよかったな、ボウズ。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.11(土)   
 ビッグスワンで行なわれた新潟戦、何とも言えない微妙な結果になってしまった。勝てた試合と言えばそうだし、敗戦に等しい引き分けも当たっているし。
 前半の早い段階からチャンスがあって、それを活かせてたら楽な展開だったはず。でも点が取れず、逆に新潟のFKを喰らって先制点を取られる。流れが変わったのを感じたが、それでも戻し返そうと努力をしていた。後半開始直後の同点ゴールでこれなら、と思える時間帯があった。が新潟の2点目は痛かった。完全に崩されてのゴールだから。DFの裏を取られた完全なる失態。またその直後に森が肘うちでレッドカード。負けている状態で、勝ちが無いビッグスワン。不安要素が立ちまくり。それでも点を取ろうとする姿があった。何度かチャンスを作った。でも点が入らない。何度のたうち回っただろうか。ロスタイム4分、もう終わったと思った残り1分、ジュニーニョのゴールで同点。最後の最後のゴールにクビの皮一枚だけ残っていた感じだった。
 勝てる試合だったし、負けそうな試合を引き分けにした試合でもあった。その意味では本当に残念な気持ちがいっぱいである。チャンスは作ってもシュートが枠に飛ばないと、なぁ。
 ビッグスワンではまだ勝った事が無い川崎、新潟ホームでの連敗はストップしたが、それでも勝てなかったのは今後に響く。
 鬼門だよ、ここは。

 ケロロ軍曹を見ながら思った。日向夏美はいいな、と。ツンでデレなところがいい。もっともアニメより原作派ですから、当然漫画の方が大好きなわけで。
 あんな娘がいたら、ギロロ伍長でなくてもオッサン心が揺すぶられる。あぁ怒られたいし、デレられたい。
 そんな事を思っていたが、実は日向夏美ではなく日向夏美声が好きなのでは、と頭に浮かんだ。そういわれれば、確かにそうだ。あの声に弱いのではないか、ワシは、と。日向夏美声、正確には斉藤千和声か。この方の声が良いのでは。考えてみたらARIAの藍華の声も好きだったし。そういや藍華もツンデレだな。となると斉藤千和のツンデレ役の声が好きという事か。じゃあそれは否定しない事にしよう。
 あぁ斉藤千和声で怒られるケロロがうらやましい。だからと言ってボケガエル呼ばわりされるのは・・・Mじゃないからカンベン。でも斉藤千和声で朝起こされたり、行ってらっしゃいと言われたら・・・いいねぇ、妄想が膨らむ。破裂するほど妄想をしまくる。
 今最も欲しい物は斉藤千和声なのか、ワシは?

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.9(木)    最新版 欲しい物
 久々の更新。文章自体は作っていたのだが一部未製作のがあり、それを作ろうと努力をするも、気持ちがなかなか乗らないので後日回しで。後日本当に作るのかは、わからない。
 それよりもやらなくてはならない事をしていない方が大問題なので、これからやります。でもその前に早寝早起きを心がけたい。そこからが始まりなので。

 そう、欲しい物。誕生日頃にこんな話をしていたが、私は物欲の塊。次々と欲しい物が生まれる。でそれを羅列するのは簡単だが、今回はベスト10方式で理由をつけて書いてみようか、と。
 よく言われる「欲しい物があったら全部書いてみたら」というアレを、またやってみる次第。もっともここに上げる物を全部手に入れたとしても、物欲の塊だから次から次へと欲しい物が増えていくだろう。
 だから皆さんは気にしない方向で。

 では10位。福満しげゆきの漫画。
 今週刊モーニングとアクションにて連載しているのの単行本が特に欲しい。これはそのうち買うでしょ。ただそろそろ漫画を置くスペースの問題が発生しそうで、ちょっと悩む。マン喫で読むか。
 9位。Koyoteの古いCD。
 最新の10集は持っているし、9集はiTune Storeで買った。最近7集をヤフオクで落としたので、それ以外か。結構厳しいよ。だって全部廃盤になっているらしいから。地道にヤフオクを回るか。もっとも全部を一度に買ってしまっても、聞く耳は2つしかないわけだから。1つのアルバムをじっくり味わってからヤフオクで落とすのがいいだろうね。
 8位。ヤクルトスワローズの復刻ユニフォームである国鉄スワローズのレプリカユニフォームと帽子。
 レプリカユニフォームはまだ売っているかな。この前見てくるのを忘れた、お金なかったし。帽子は完売でヤフオクにて高値で出ている。欲しいが、最近いくつか帽子を買っている。被れる頭は1つだしね。デザインが良いので欲しいが、お金もないから指をくわえています。
 7位。ロッテジャイアンツのオールスター用帽子とヒーローズの帽子。
 これは韓国プロ野球の帽子だね。NewEra製の帽子での方を。今度韓国から来られる方がいるので注文しようかな。
 6位。iPod nano。
 iPod nanoが欲しいというか、実はiPod nano用のカバーが欲しい。川崎フロンターレのが出ていて、それが欲しいというのが本音。でもカバーだけを買っても何も使えないし、どうせならiPod nanoが欲しい、と。そういえばiPod nanoって8GBと16GBがあるが、今使っているiPod touchに入っている音楽が7GB。もう入らないじゃん。
 5位。音楽用スピーカー。
 iPod用のね。それもDockタイプ。色々あって、値段が高いのが音が良いらしいが、そこまで音にこだわらないので安いのを買う予定。1万円のと3千円のがほぼ同じ音質とかだったら安いほうを選ぶじゃん。そういう事。
 4位。液晶テレビ。
 それも37型テレビね。HDDデコーダーがあるので地デジは見られるのだが、やっぱり対応したテレビが欲しい。でフルハイビジョンの37型がいいね。ヤマダ電機のポイントがそれなりにあるので、あと5万円くらいか。う〜ん。エコポイント終了前には買わないと、かな。でも今使っているテレビは壊れていないし、これを捨てるのは勿体無いのだが。
 3位。BSCSアンテナ。
 スカパー用のアンテナはあるけど、BS用のはない。スカパー用ももう10年くらい使っていて、ガタが来ている。そこでBSとCS兼用のを買おう、と。問題は設置。うちのベランダからはBSアンテナの方向が合わない。なので少し外へ突き出さないといけないのだが、そのために設置費用も必要。色々とかかりますね。
 2位。香港・ソウル・台湾往復航空券。
 航空券だけでいいですよ。ゲストハウスに宿泊しますから。香港もいいけどソウルも行きたい。台湾も行きたい。となると全部が行けるチケットが欲しいね。色々あるんですよ。香港だったら競馬もそうだけど、行き損ねたメイド喫茶に行かないと。マカオもあるし。台湾は野球とメイド喫茶。fatimaidの質の高さは半端無いからね。それをまた体感しないと。ソウルはまたロッテジャイアンツの応援かな。プサンカモメから釜山港へ帰れを歌いたいッス。
 1位。肩書き。
 これだけ抽象的。ていうか物じゃないじゃん。そうなんだよね。でも欲しい、肩書き。何でもいいんですよ、例えばグータラ関東1位とかそんなものでも。ただ自称なのはイヤ。例えば香港競馬通は名乗れないし。私よりもっと詳しい人がいるわけだし、それを言うならまずは英語もしくは広東語がしゃべれないと。だから他人から、しかも複数の人からその名称で呼ばれるようになったらその肩書きを名乗りたい。別に有名になりたいとかそういうわけでない。本当に抽象的だが、そういう事です。

 てなランキングでした。実用的なものから馬鹿らしいものまで多種多彩に取り揃えてみました。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.8(水)    スワローズ対ドラゴンズ
 交流戦のおかげか、オールスターに対する気持ちの高ぶりがなかなか出てこない。ゼイタクな悩みだろうか。昔はあのパリーグの投手がどうやってセリーグのバッターを倒すのかを想像するのが楽しみだった。今は交流戦で対戦している事もあってか、想像が沸き立たない。交流戦も善し悪しである。
 ちなみにオールスターは1試合派。複数回やるもんじゃないと思う。

 神宮へスワローズ戦を見に行く。現状のスワローズの状態を生で見ておかないといけない。テレビから見えるものやネットで書かれている事だけが真実じゃない。真のニュースはスタジアムに転がっているのだから。現場ですよ!
 試合は1回裏1死1・3塁でデントナがドラゴンズ先発小笠原からレフトスタンドへ3ランホームランで先制。がドラゴンズも2死から藤井のヒット、谷繁四球で1・2塁。バッターボックスには小笠原。アウトの予感が立ち込める。小笠原の打ったボールは3塁線へ。ボールは3塁ベースに当たりレフトへ転がる。藤井ホームインで3−1。井端が歩いて満塁で荒木がセンター前へタイムリーヒットで3−2。続くチャンスだが、森野が三振でスワローズは何とか守る。
 2回裏川島慶三がレフトにホームランを打つと、3回表に小池にホームランが生まれ4−3。どうも今日は長い試合になりそうな予感がする。どちらの先発も良くない。どうやって投手を繋げるか、である。
 4回表はスワローズの先発ユウキが0点で抑えるが、5回表2死2塁から藤井にライト前にタイムリーヒットを打たれる。4−4同点。ここでスワローズはユウキから萩原へスイッチ。萩原は谷繁を仕留めて同点どまりで終わる。
 同点にされたスワローズはその直後の5回裏、一発攻勢。3番福地、4番デントナが連続ソロホームランで一気に6−4とリードを広げる。スワローズはここから継投と行きたいところだが、そうは話は進まない。代わった松岡がピリッとしない。6回表2死1塁から森野がヒット、ブランコが四球で満塁。ここで5番和田が2−3からレフト前にタイムリーヒット。2塁ランナーもホームインし再び同点に。続くのは先ほどホームランを打っている小池。一打逆転だが、ショート後方のフライでアウト。逆転までいけない。それがこの後に大きく響く。
 ドラゴンズのマウンドには2回途中から投げていたネルソンに代わってパヤノ。パヤノがしっかりしない。いきなり相川を歩かせると、川島慶三がバスターヒットで無死1・2塁。代打野口のバントをパヤノが3塁へ投げるがセーフで無死満塁に。ここで1番青木に。青木は高めのボールを流し打つとショート横を抜けて2点タイムリーヒットで3度突き放す。8−6。田中浩康が送りバントで1死2・3塁にすると3番福地の打ったボールはショートへ。前進守備の井端はホームへ送球。が3塁ランナーの野口は打った瞬間にスタートを切っていた。ホームでのクロスプレーも野口の足が速くホームインで9−6。一気に突き放す。
 スワローズは7回からイヘチョンがマウンドへ。初めて見たが、ストレートが走っていた。なかなかいい投球をしていた。スワローズに左の中継ぎが少ない事もあるので、このままの調子でいて欲しいものだ。イヘチョンが3人で抑えると、8回は五十嵐。こちらも安定した投球を見せる。8回裏にスワローズは福地のタイムリー2ベースと飯原の時にワイルドピッチで2点が入り11−6で勝負あり。9回はイムチャンヨンがマウンドへ。簡単に3人で抑えてスワローズの勝利。
 スワローズはユウキや松岡が誤算であったが、7回までにリードをしていれば勝てるのが証明できた。打線もドラゴンズ投手陣を打ち崩す理想的な展開。2位争い対決を制した。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.7(火)    太った
 少し遅いリアクションだが、都議会選の運動が始まっている。我が品川区からは7人が立候補。定数は4。改選前は自民2・民主1・公明1。多分自民・民主・公明が1枠を取るだろう。最後のイスが誰になるのか。今の流れだと民主か。自民の前職が辞めているためかなり混迷感が強い。共産が議席を取れたら面白いのだが。
 ちなみにこの選挙は現政権を揺さぶるものになるとか言われているが、興味はない。この選挙の注目点は某宗教団体の新党がどれだけ票数を取るか、だ。まぁ今回議席数は0と予想しているが、何かが起こったら、笑うとするか。

 太った。
 いや、もうここ1・2年わかっていた事なのだが、今日改めて鏡を見たら、「顔大きくなったな」と実感。ふっくらしている。さすがにマズイな。
 そういえば夏に穿いているズボンが今年きつかった。入るのだが、穿き続けていたら腰が痛くなった。これはマズイ。すぐさまユニクロに夏用短パンを買いに行きましたよ、大きめのサイズで。
 まだある。去年穿いていた薄めのズボン、買った当時は3年位前か、あの頃は少し余裕があった。去年ギリ手前だな、と思っていたら今年はもうギリ。
 痩せないといけない。ただ今諸般の事情でフィットネスクラブに通っていない(行ける状態ではないので)。そうなるとますます運動不足に。痩せるわけが無い。去年70キロをオーバーし、まさかの70キロだったのが、もしかすると80キロに・・・いやいや、それはダメでしょ。
 年齢からくる体型崩れは仕方ない。それが自然の摂理だ。でも少しでも逆らっていかないと。
 そんな文章を書きながら、腹回りをチェック。やっぱりこれは・・・メタボだ。今回ばかりは何とかしないと。
 そう言いながらも、間食ばかりしている。10年前から比べて10キロ増はいただけない。あの頃はどんなに食べても体重が増えなかったのになぁ。
 痩せないとと口ばかりで行動に移せない私でした。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.4(土)    香港競馬セレモニー
 三沢光晴お別れの会に行こうと思ったが、参加者が多そうなので止めた。案の定2万5千人という人が来たと言う。ディファ有明では器が小さすぎた。Noahの聖地だからここでやるのは当然だが、三沢光晴とのお別れには・・・。2キロ以上並んだというのは恐ろしい話だ。
 そういえばジャイアント馬場のお別れ会の時もかなり並んだが、日本武道館だったので客の流れは早かった。武道館クラスだよな、三沢には。

 今シーズンの香港競馬が終わった。シーズンが終了したという事で年度代表馬を始めとする表彰馬が発表された。ただある程度わかりきった結果だっただけに、面白みが無いのだが。
 まずはスプリンター部門。ここがもしかすると荒れるかな、Inspirationに凱歌に上がるか、と思ったがSacredKingdomが受賞。昨年12月の香港スプリントは故障のため出走せず。また香港スプリントと同壁のチェアマンズスプリントではまさかの3着。その後1400mで6着と大敗。このまま沈むかと思われたが、1200mG2で勝利を収めると、シンガポールへ遠征。クリスフライヤースプリントで優勝。イギリスのアスコット競馬場でのゴールデンジュビリーステークスでは5着だったものの、それなりの結果を残したのが決め手になったのだろうか。う〜ん、Inspirationでも良かったと思うのだが、結局は海外成績か。
 マイラー部門はGoodBaBa。ここは当然か。香港マイルでの圧勝劇と次のスチュワードカップでの勝利(VivaPatacaを破って)には文句は言えない。チャンピオンズマイルは展開が合わなかったが、それでも香港のマイル界の中心だったから当然でいい。
 ミドルディスタンスとステイヤーはVivaPataca。ここも当然か。VivaPatacaか該当なしかの二択なのだから。香港カップ4着とQE2C2着は物足りないが、香港重賞で2000m以上では敵はいなかったし。仕方が無い。
 最優秀グリフィンはRoyalFlush。アイルランド産の3歳馬とは珍しい。北半球産でグリフィンを取るとは。もっともこの賞を取った所で来年の香港ダービー馬が決まったわけではないのだが。特に気にする事なし。
 さて最後に年度代表馬はというと、VivaPataca。かなり異議あり! 何故国際G1を1つも勝てなかった馬を選ぶかと。GoodBaBaは国際G1を勝っているし、1600mではあるがVivaPatacaにも勝っている。そこを評価しないのは・・・解せない。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.3(金)    気になる漫画家さん
 今日も今日とて落ち込む。
 今日は自分自身の不甲斐無さに、だ。やろうと思っている事を結局先延ばししてしまい、また明日へと流してしまう。そして何をやっているのだろうと、とヘコむ。
 今日やる事をやらないと明日は次に進めない。
 わかっていてもそれを繰り返しを続けるとさすがに不甲斐無くて泣けてくる。
 とにかく追い込まれているのに、何をしているのかと叱ってみるが何も返ってこないのが・・・。
 それにも落ち込んだ。
 これが負のスパイラルと言うんだよ、良い子のみんな!

 最近気になる漫画家がいる。福満しげゆきという方である。
 ファミ通で漫画を見たのがきっかけだった。何か腰の低い人だな、と。こんな漫画家ががいるのか、という程度だったのだが、先日何気なしにモーニングを立ち読みをしていたらこの人の漫画が載っていた。読んでいたら面白い。何というのか自分自身のだらしなさに挫けながらも生きているんだ、と思うと私と被るし。もっともこの人は私と違ってしっかりと前を向いているし。
 またこの人の妻さんがいい。おおらかで優しくて。しかも芯がある。妻さんをうらやましく思う。こんな人がいてくれたらどんだけ頑張れるか。
 私は基本的に褒められて伸びるタイプ。優しく応援してくれる人が好きである。そういう意味ではこんな妻さんがいたら強く生きていけるだろうと思う。もっとも褒められてすぐに有頂天になってしまうのが私なので、優しすぎるのはいけないのだろうが。でもいいねぇ。
 優しい妻さんだと思っていたら、今週のモーニングでは怒っていた。この人でも怒る事があるんだ、とちょっと感動。でも喧嘩はしないでね。
 モーニングでのこの連載は単行本にもなっているので今度買ってみよう。あと妻さんを題材にした単行本もあるそうなのでそれもチェック、と。
 妻さんと少し売れ出した漫画家が織り成すノンフィクションに近いフィクションに毎週ドキドキしている。
 最近気になる人と漫画でした。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.2(木)    色んな手を使うわけで
 18時からスカパーでライオンズ対マリーンズを見ていた。確か先発は西口と渡辺俊介だったっけ。途中ライオンズが勝っている時に眠くなったので30分くらい寝てしまう。起きたら21時を回っていたのだが、まだ試合をしていた。野球好きだな、と思いながらまた見始める。22時を回って鳴り物の応援が終わった。でもまだ試合は続く。23時を回って延長戦にも入っている。まだ試合は続く。23時20分頃にスタジアム内に23時31分に西武ドーム発の終電が無くなるとアナウンスが。でも試合はまだ続く。どうも試合を終わらせるつもりが無いらしい、選手たちには。23時25分頃に終電の時間が41分に変更になったとアナウンスが。だが試合は今が見所。ここを見逃して良いのか。結局23時41分を越えて試合は終わった。まだスタジアムには観客がいた。少なく見積もっても500人は下らないだろう。どうやって帰るのだろうか、疑問だった。少なくとも100人はいたマリーンズファンは。池袋まで着いてもその後は無いぞ、電車。
 パリーグ最長試合だそうだが、もうちょっと早く試合を終わらせてください。

 普段使っているメールアドレスの他にWebメールのアドレスもある。いわゆる無料メルアド。これはこれで使えるのだが、ここ数年困っている事が。迷惑メールが多い事。Yahooメールには受信ボックスの他に迷惑メールボックスもある。大概のメールはそっちに行く。そんなものである。メールはあまり来ないので。
 で困るのは迷惑メールの数。毎日100通くらい来る。そのまま捨てても良いのだが、たまに私宛のメールが迷惑メールボックスに入っている事がある。それまで捨ててしまうのは怖いので一応目を通すようにしている。で見ているとほとんどが変なヤツ。多分どこか怪しいサイトへ飛んでしまうとか無修正DVDショップサイトとか。とにかくそんなものが多くて困る。
 それと困るのはタイトルで間違えそうになるものがある事。大概というか全部がアウトなのだが、タイトルだけでは見間違えてしまうものも中にはある。
 新たにアドレスを取得するのは簡単だが、このアドレスがIDにもなっているから簡単には捨てられない。
 業者は色んな手を使って迷惑メールを送ってくる。どうやったらこの波を越えたら良いのか、悩んでいる。まぁ悩んでいるとは言っても、寝られないとかご飯がのどを通らないとかのレベルではないのでご心配なく。
 でもどうしてこんなに迷惑メールが来るのだろうか。そもそもよそ様にはこんなに来るのかな。ナゾです。

一番上に戻る

 
 
 
2009.7.1(水)    2009 J1 第10節川崎対G大阪
 ACLの日程上後日に回った第10節の対戦が行なわれた。
 1週間前に行なわれたACLの再戦のように見えた対戦。試合前から情報戦が行なわれていて、誰が先発かわからないようだった。G大阪にしてみればACLで負けた借りを返すべく、川崎から見たらリーグ戦2位浮上のために負けられない試合。
 先週の試合同様両者負けられない試合である。

 川崎は前節と同じくチョンテセを外す。G大阪に対しては1トップの形ではなく、2トップの方が合っているという事か。また井川を外してきたのはターンオーバー的なものであろう。
 スタメンはGK川島DF森・菊地・伊藤・村上MF寺田・谷口・中村・養父FWレナチーニョ・ジュニーニョ。4−4−2のフォーメーションである。
 試合前、GK川島がJ1出場100試合という事で表彰された。プレゼンターは両親で、それは和やかなシーンであった。ただまさか川島がこの日のMVPになるとは想像はしていなかった。

 試合序盤からお互いの様子を見ながら牽制しあっている。両者ともにぶ厚い攻撃をするFW、ゲームを支配できるMF、少し弱いかもDFを持ち合わせている。似た物同士だけに、お互いの弱点も強いところもわかり切っている。そこがこの試合のミソである。
 スキを狙っている両者、ただ予想通りというかセオリー外だったのはG大阪がアウェーなのにガンガンに攻めてきている事。さすがは、と言いたくなる。一方川崎も前回の対戦でレアンドロに2点決められているのをしっかり勉強している。レアンドロと今日FWのチョジェジンをしっかりマーク。また2列目からの飛び出しも許さない。攻めて流れを作るG大阪。流れるパス回しからゴールを狙う。だが川崎は最後のシュートを打たせない。そんな展開が続いた。
 流れが変わったのは31分、川崎陣内から左サイドのスペースへ中村が大きく蹴りだす。そこに走りこんだのはレナチーニョ。ペナルティエリア付近から中へ入るとDFを交わしゴール前へグラウンダーのクロス。ポッカリ開いたゴール前のスペースに走り込んだ養父がゴールを狙い済ましてシュート。ネットに突き刺さり川崎が先制。欲しかった先制点を取る。
 劣勢だった川崎はここから息を吹き返して攻める。村上のミドルシュート、FKから寺田のヘディングと惜しいシーンが生まれるが得点は奪えない。
 前半は1−0で折り返す。
 後半開始から前半の終わりのように川崎の攻撃シーンが見られる。がそれもつかの間の52分、G大阪の右からのクロスを菊地がクリアするも、こぼれたボールが二川の下に。そこに養父が突っかけて二川を倒してしまう。PK。絶体絶命である。キッカーは当代きってのPK職人、遠藤保仁。川崎はいきなり崖っぷちに。スタジアムは祈る思いで川島コールを起こす・・・奇跡は起きた。いや奇跡ではない、川島の自己鍛錬から来た結果だろう。遠藤の蹴ったボールに反応しクリア。スタジアムは得点が入ったのと同じような歓声が。川島が止めた!
 だがここからG大阪の怒涛の攻撃が始まる。FKに再び遠藤。がまたも川島がパンチングで防ぐ。早い段階で明神・チョジェジンに変えて播戸と佐々木を投入。一気に攻勢に出る。何度も川崎ゴールに襲い掛かる。だが今日の川崎DF陣は身体を張って必死になって守る。攻めるG大阪、守る川崎の図式が続く。川崎はどこかでボールをキープできれば良いのだが、川崎にボールが渡ってもすぐにG大阪が奪い返す。またロングボールもことごとくG大阪が取る。
 その場面は30分以上続いただろうか。何度も悲鳴が飛び出すが、そのたびに川崎DFが守っている。とにかく守っている。G大阪はこの守りを崩せない。
 ロスタイム4分。残された時間はわずか。G大阪の怒涛の攻撃は続いているが、川崎は守る。そしてロスタイム3分、カウンターが。ロングボールに途中出場の黒津が走りこみDFの裏を突く。ドリブル。GKと1対1に。シュートを放つが、ここはG大阪のGK松代がクリア。執念のクリアだった。だがCKに。川崎がようやくボールキープできそうだ。無理に攻めずにコーナー付近でボールを持ち続ける。
 そしてタイムアップ。苦しみながらも川崎はG大阪に連勝。順位も2位につける。
 今日の勝因は何と言っても川島のPKセーブだろう。これが無かったら一気に点を取られていたかもしれない。単なるPKセーブではなく、試合を決定付けたセーブだった。
 それにしても今日の試合は本当にレベルが高かった。これは最高レベルの試合として受け継がれてもいい位の素晴らしい試合だった。

 試合後、マネージャとして13年間川崎で戦い続けた木田さんのお別れセレモニー。この日ベンチにも入っていなかった選手もピッチ上に来て、木田さんのセレモニーに参加。みんなで優しくお別れ。川崎らしいいいシーンだった。
 多分この場にいなかった元川崎戦士たちもお疲れ様と言っているだろう。それが十分わかる選手たちの行動に涙が出そうになる。
 長い事ありがとうございました、木田さん。これからの人生も頑張ってください。

一番上に戻る