×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2010/8/30 (月)  夏の終わりの叫び!
2010/8/29 (日)  鬼門
2010/8/28 (土)  シーレックス対スワローズ
2010/8/26 (木)  変態團
2010/8/25 (水)  スワローズ対ベイスターズ
2010/8/23 (月)  試験が終わって
2010/8/22 (日)  試験終了
2010/8/19 (木)  アイドルで学ぶ労働基準法
2010/8/16 (月)  コミケ総括
2010/8/14 (土)  KARA握手会
2010/8/12 (木)  バランス感覚?
2010/8/9 (月)  携帯電話
2010/8/8 (日)  ハロプロコンサート
2010/8/7 (土)  リフレッシュ
2010/8/2 (月)  落ち込む
2010/7/31 (土)  大変です
2010/7/28 (水)  スワローズ対カープ
2010/7/27 (火)  オールスター
2010/7/26 (月)  土用の丑の日
2010/7/24 (土)  考えた
2010/7/18 (日)  お久しぶりです
2010/7/17 (土)  辛くは・・・ないよ、多分
2010/7/16 (金)  忘れられない
2010/7/13 (火)  ネネデラ!
2010/7/12 (月)  熱海?
2010/7/11 (日)  福島旅行
2010/7/10 (土)  初遠征
2010/7/9 (金)  実は・・・
2010/7/7 (水)  ファイターズ対ホークス
2010/7/3 (土)  マリスタでのマリーンズ対ライオンズと友人との飲み会とオグリキャップ
2010/7/1 (木)  7月ですよ

過去ログページへ戻る

2010.8.30(月)    夏の終わりの叫び!
 もう8月が終わりかぁ。夏の終わりを感じる。
 と書くと、暦ではとっくに夏は終わっている・・・と書かれそうだけど、そんな事はどうでもいい! 俺様が8月は夏と言えば夏なのだ! 俺ルールだ、文句はあるか!
 そんな強がりはどうでも良いのだが、とにかく夏の終わりを感じる。風が緩やかになってきた。

 夏の思い出・・・今年も去年同様、コミケと社労士試験。どっちも東京ビッグサイトか、会場は・・・。あと去年と違うところは+仕事か。まぁそんなもんだよな、社会人の夏って。
 でも何もないもんだなぁ・・・。
 だからこそ想像と妄想で作られた夏の思い出が。どんなにキモイと言われても、そうやってでしか思い出が作れないのだよ、37歳独身男の夏なんて・・・。

 この想像と妄想で作られた夏の思い出は多分30代最大の良い記憶になるだろうな・・・はぁ寂しい。
 来年こそ想像や妄想ではない現実で楽しい夏の思い出を。

 あっ、思い出した。他にも楽しい夏の思い出があった。ネネさんと行った熱海旅行・・・ってゲームの中の話じゃん!

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.29(日)    鬼門
 フロンターレは日本平でまた負けた。先週のビッグスワン同様鬼門のスタジアムなのだが、今年も鬼門に泣いた。
 何故日本平とビッグスワンは鬼門なのか? それにはいくつか理由がある。
 まずホームスタジアムの等々力競技場と芝生の長さが違う、という点。等々力は短く、2つのスタジアムは長め。芝生の長さでボールの動きも変わってくるし、戦術的にも変わってくる。
 2つ目は2つのスタジアムのホームチームがオレンジのユニフォームを着ている点。オレンジには青黒の魂を持っている者を狂わせる何かがあるのだろうと思う。少しオカルトチックな話だが。
 他にもあるのか? 思いつかない(苦笑)。でもあるとすれば、ここで勝った事が無いという事に対する負の思いがあるかも。実はこれって大事な事かもしれない。悪いイメージを持ったまま戦えば、リードをされたら過去の悪い結果が頭をよぎって・・・あると思います!
 実際のところ、日本平とビッグスワン、どちらも先制点を取れずに敗北もしくは引き分けという試合ばかり。やっぱりイメージって大切なのかも。

 そんなわけで今年も鬼門クリアは出来なかった。来年こそ、お願いしますよ。
 ちなみに私はこの鬼門スタジアムでの試合は1つしか見ていない。私が見に行けば勝つかも・・・んなわけ無いか。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.28(土)    シーレックス対スワローズ
 先日ベイスターズは今年限りでシーレックス名での2軍の活動を終了する事を発表。またベイスターズとして2軍活動するという。1軍と2軍で区別をするのは面白い企画だったし、個人的にも好きだったので無くなるのは残念。
 だから、という訳ではないのだが、一回は生でシーレックスを体感しようと横須賀スタジアムへ。

 追浜駅から大きな通りを歩く事10分、横須賀スタジアムに到着。この大きな通りは日産自動車の工場に繋がっているようで、さすがは日産のお膝元であると実感する。
 余談だけど、ここにはマリノスのジュニアユースやサッカースクールがあって、ここ出身のサッカー選手は結構多い。

 試合の演出は地元密着っぽさがあって、野球を楽しむには本当に良い環境である。またファンも多く来場していて、地元に愛されているのをしっかり感じた。
 何というか・・・オラが町の野球チームという感じか。2軍の選手を温かく見守って応援するというのが良い光景として残った。
 この日は同時刻に横浜スタジアムで1軍の試合があるのに、こっちに足を運んでいるファンが多いのには感動である。

 試合は10−0でシーレックスの勝利。投手は杉原がいいピッチングをしていた。打線も吉村(何でここにいる?)や稲田、大西、寺原といった力のある選手が活躍していて、早く1軍でのプレーを見たくなった。でも何故か1軍に行くと悪い流れに乗ってしまうのが・・・。
 あと筒香が打てなかったのは残念。でもしっかりと育てられているのはわかった。来年以降は1軍でブレイクすると思うので、今はしっかりと力をつけて欲しい。
 スワローズは松井淳がかなり面白い存在として頭に残った。今後の注目選手かな。ユウキは相変わらず隔年でしか活躍しないし・・・。他はあまり気になる選手はいなかった。

 色んな企画をシーレックスでは行なっているのだが、入場料に2千円プラスするとビール飲み放題というのがある。試合開始30分前から6回裏終了までなのだが、絶対に営業的にはマイナスだろうな、と思ってしまうもの。
 で私はこの企画に乗っかってビールを飲む、飲む、飲む。その結果かなりいい気分に酔っ払った。
 良かったのはここまで。追浜駅〜神奈川新町駅間はカーブが多い。その結果記憶が飛んだ。大きく飛んだ。友人がいて、たくさん話しかけてくれたおかげで帰宅できたが、もしいなかったら・・・多分大惨事が起きていただろう。
 友人に感謝!

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.26(木)    変態團
 先日仕事場の女の子に、
「花火大会に行った?」
と聞いてみたところ、浴衣を着て行ったと答えてくれた。そうか、今時の女の子は花火大会=浴衣なんだね。う〜ん、とてもいい話を聞いた。
 でその子達の浴衣姿を想像する事に。この子達は可愛い子だし、想像の範囲を超えるくらい浴衣が似合いそうな感じがするからだ。そうかそうか、と頭の中で妄想を膨らませる。
 そうしたら何故か「この子達と駅で待ち合わせ→花火大会に→花火を見る→帰る」というデートが出来上がった。こうやって待ち合わせて、花火を見たいなぁと。
 が残念な事に花火の絵がどうしても想像できない。今年花火大会に一度も行っていないし(そういえば花火大会って何年くらい行っていないだろう)。見たのは神宮球場での花火くらい。
 うん? 神宮球場の花火? そうかこの花火を使って妄想を完成させるか!
 そんなわけで昨日の神宮球場、花火を見ました。そしてこの花火が私の妄想デートを完成させてくれました。
 あぁ夏のいい思い出が出来ました!
 そんな37歳の夏でした。

 そうです、そんな私は変態です。立派な変態團の一員なのさ!

 ちなみにこの話を当事者の女の子に話したところ、引かれました。そりゃそうだ!

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.25(水)    スワローズ対ベイスターズ
 先週と今週の火曜日から木曜日のセリーグの3連戦はオールドユニフォームシリーズと銘打たれたシリーズが行なわれている。
 ジャイアンツとドラゴンズ、タイガースは記憶もないし、生まれていない頃のユニフォームなのだが、ベイスターズ、カープとスワローズは見慣れたユニフォーム。オールドと言われる年月が経ってしまったのか、と落ち込む反面、懐かしさがこみ上げたのも事実。
 そのユニフォームを見るがために神宮まで行ってしまった。

 スワローズは野村監督を擁して優勝をした頃のユニフォーム。ベイスターズは横浜大洋ホエールズ時代と暗黒の時代で明暗がくっきりと出ている時代だ。
 両チームの応援団も懐かしの応援歌で応援したりとこのシリーズを盛り上げていた。懐かしかったなぁ、池山の応援歌。あの曲は好きだった。池山、広沢、長嶋一茂、古田、飯田、土橋、苫篠、橋上・・・あの頃のスワローズは好きだったなぁ、と思いだしたりも。

 試合はベイスターズが2回表にカスティーヨの2ランHRで先制も、その裏に青木が2遊間を破るヒットで2人がホームインし同点。
 続く3回裏1死からホワイトセルのヒットに始まり、四球で1・2塁。6番相川のレフト前のヒットで逆転をすると、2死になって先発の石川のライトへのタイムリーヒットで2点追加、続く青木がセンター前ヒットで1点追加でこの回4点で6−2に。
 6回裏にホワイトセルのタイムリーヒットで7−2になり、今日は勝負ありだと思われた。
 が7回表、2死2・3塁で代打の金城が打った球はサード後方に。サードの宮本とショートの川端が衝突してしまい、この間に2者がホームイン。ここで先発の石川は降板。
 8回表には押本から代わった松岡がハーパーに2ランHRを打たれて1点差に。楽勝ムードが一気に危うい展開に変わってしまう。
 が9回表にスワローズは抑えのエースであるイム・チャンヨンを送る。イム・チャンヨンは9番から始まる打線を3者凡退で抑えて試合終了。
 7−6。スワローズの勝利で終わった。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.23(月)    試験が終わって
 試験が終わった。
 ここ数ヶ月、仕事が終わってマクドナルドで1〜2時間勉強。それが続いていたのだが、ようやく終了or一休み(どちらが答えかはしばらくわからない)。ただ日常のように進んでいたので、マクドナルドに寄らずに帰るのは何か変な感じがする。

 試験が終わったんだなぁ。

 気が抜けたわけではない。試験が終わったけど、日常はまだ続いている。だから何も変わった事はない。
 でも肩の荷が下りたのは感じている。

 ただこれからまた戦いが始まる。そのために少し休んで、力を整えないと。
 また少し前に向かってみますか!

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.22(日)    試験終了
 今年の社労士試験が終わった。
 まずはお疲れ様、と。

 頑張ったよ、ていうか全力は出してきた。最後の最後に1つだけ塗り忘れがあって、その塗り忘れをマークしたけど、多分間違い。でもそれは仕方ない。
 とにかく今は充実感でいっぱい。結果は知らないけど(多分ダメっぽいけど)。

 試験は今日、この日のために戦ってきた。いくつか模試も受けてきたけど、そこではダメだった。もちろんそこに力を持っていっていたわけではないから。あくまでも本番が勝負。模試でいくらいい点を取っても、本番がダメなら全てダメ。だからピークを今日に取っておいた。
 とにかく今日に向けて戦った。大森のマックで2時間篭城とか、その後にビールやお酒を飲まずに試験勉強をしたり、とか。私なりに良く戦ったと思う。

 私は大学浪人をしていないし、これまで検定試験はほとんど一発合格をしている。だから1年間この日のために勉強をする、という戦い方を知らない。手探りであった。
 去年は勢いがあった。初めて本格的に社労士試験について勉強をした。実務ではそこそこ触っていたけど、実際に法令を見た事はなかった。でも実務の延長上だったからやってこられた。そして試験に向けての手がかりが見つかって戦えた。何より飢えていたから絶対に! の気持ちが強かった。
 で今年。途中年金アドバイザー3級の勉強もしていたので一時離れていた部分はある。その期間をもう少し社労士の試験に向けていたら、と思う事もあった。また知っているという余裕もあったからよそ見もしていた。もしかするとまだまだ自分自身を追い詰めていなかったのかもしれない。
 でも思う。試験前の頭の作り方は去年より良い出来であった、と。悔いの無い身体作り、いや頭作りか、をしてきた。そして出来た。
 よく競馬の調教師で、「一番良い出来になった」とよく言う人がいる。ホントかよ! と思っていた。で結果が出ないとバカにしていた。何を言っているのか、と。
 でも今回の件でわかった。「一番良い出来になった」・・・これは自分自身に対して大満足でやり遂げた、と言い聞かせているのだ、と。ここまでやった、だから問題ない、と。
 一番不安なのは調教師なのかもしれない。明も暗も仕上げに関してはすべて自分自身に降りかかってくる。だからこそ自分自身に対して暗示のように語っているのでは、と思う。すべては上手くいった、と。あとは本番でどうなるかはその時にわかる、と。

 すこし話は逸れてしまったが、試験前の状態は作れたと思うし、試験も自分自身の力は発揮出来たと思っている。あとは結果・・・これだけはわからない。でも自信を持って、胸を張って結果を待ちたい。例えその結果がどうであれ。

 受かった! か、また来年か! は知らない。でもどっちに転んでも来年は今年とは違う結果が生まれるはず。今回の試験でそれを感じ取った。まったく手の届かない場所にあるものではない、と。
 受験者が多かろうが、そんな事は知ったことではない(実際今回の試験は、東京ビックサイトの4ホールを使った)。自分自身の点数が合格点に乗れば良いだけ。周りではなく、自分自身への戦い。そして試験との戦い。

 とにかく私はしばらく絶っていたビールを飲んだ。それだけ自分自身を出せたという自信がある。もちろん結果は知らないけど。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.19(木)    アイドルで学ぶ労働基準法
 最近お気に入りのアイドルは、亀井絵里(モーニング娘。)、小川紗季(スマイレージ)、前田憂佳(スマイレージ)、嗣永桃子(ベリーズ工房)、フォンチー(アイドリング!!!)、伊藤裕奈(アイドリング!!!)、後藤郁(アイドリング!!!)、スンヨン(KARA)、真野恵里菜・・・とたくさんいます。いすぎて誰が一番好きなのかは言えない。でもあえて言うなら、現状はスンヨン、5年後なら小川紗季かな。サキチィーは13歳でこれから大化けする、そう思っている。
 そう13歳・・・で彼女はどんな労働や契約をしているのかな? とつい考えてしまう。
 そんなわけでアイドルで学ぶ労働基準法です!
 上で挙げたアイドルはU-18が多いので学ぶにはとても面白い物件が多いです。

 労働基準法(以下労基法)では年少者と呼ばれるU-18(そんな言い方はしねぇよ、労基法上では)。でも年少者には3つの区分があります。
 まずは15歳、正確には「満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了する」までは基本的には使用してはいけません。これは原則。ただし「児童(15歳以下)の健康及び福祉に有害でなく、かつ労働が軽易なもので行政官庁の許可を受けた場合には就学時間外でも使用できる」とある。
 どういう事かと言うと、中学校を卒業するまでは子供は使用出来ません。でも行政官庁の許可を得たら有害ではない、軽易な仕事なら学校の授業以外の時間なら使用できます、という事。
 具体例を挙げるなら、小川紗季(サキチィー・13歳)は基本的には労働させてはいけないのだけど、有害な仕事・・・まぁ過酷でなく簡単な仕事なら終業時間外でも仕事させられますよ、学校の授業が終わった後で時間が許す限りの範囲なら仕事していいですよ、という事。これでわかりやすくなったかな。
 でサキチィー、というかスマイレージは今年デビューをしたが(正確には去年はインディーズ活動をしていた)、それまではハロプロエッグに所属していた。このハロプロエッグには小学生もいる。ただ小学生をこき使ってよいのか、と言うとまた違う。こんな条文がある。
 「映画の製作や演劇の事業については満13歳に満たさない児童も使用できる」とある。小学生は職業アイドルにはさせてはいけないけど、バックダンサーとしては使用できる、と。実際サキチィーバックダンサーとして活躍していた。で中学生になって労基法上規定が緩くなったところでプロデビュー。
 もっとわかりやすく言うと、元モーニング娘。の辻加護も中学生になってからのデビューだった・・・こっちの方が良いのかな?
 ではサキチィーが15歳になったらどうなるのか? 普通に労働者として使用できます。先にも書いたように、満15歳になってから最初の3月31日を過ぎれば、ですが。
 じゃあ時間を関係なくこき使えるのか、と言うとこれまた条文が規制をしている。
 「満18歳に満たない者を午後10時から午前5時までの間においては使用してはいけない」・・・この条文には例外があるけど、今回は満16歳以上男子の話をしていないので却下。夜遅くには労働させてはいけませんよ、と。だから生放送のラジオやテレビ番組には出られません、と。まぁテレビは録画ばっかりだけど。
 で今の13〜15歳のサキチィーは午後10時まではアイドル出来るの? と言われると、答えはノー。こんな規定もある。
 「満15歳年度末までにある児童は、午後8時から午前5時まで(例外的に午後9時から午前6時まで)の間において使用してはいけない」と。今のサキチィーは午後8時もしくは午後9時までしか芸能活動が出来ないという事。基本的には8時。例外・・・例えば紅白歌合戦かな、あれは午後9時になるとバックダンサーを含めて中学生以下は出てこなくなるでしょ、舞台上に。そういう事。
 で満15歳年度末までの児童には学校の授業の時間外で時間が許す限りは使用できるか、と上で書いたが、では実際にどこまで許されるのか。
 まず今のサキチィーは13歳なので修学時間を通算して1週間に40時間、1日については7時間を超えて労働させられない。だから6時間授業なら1時間しか仕事をさせられない。で週5日6時間授業なら残り10時間仕事をさせられる、と。
 では夏休みとかならどうなるの? というとここには修学時間は無いから1日7時間仕事をさせられるわけ。当然ここにも休日の原則はあるので、休みは取らせないといけないのだが、休日の原則については少し話がずれてしまうのでいつか書きます。
 義務教育を超える満15歳年度末を超えて満18歳に満たない者にはどんな労働時間があるのか。修学時間の規定が無くなる。でいくつか規定も緩くなる。
 1つ目は、1週間の労働時間が40時間を超えない範囲ならとある1日の労働時間を4時間以内に短縮する場合には、他の労働時間を10時間まで延長出来る。
 2つ目は、1週間の労働時間48時間、1日について8時間を超えない範囲内なら、1箇月単位の変形労働時間制及び1年単位の変形労働時間制を採用出来る。
 少し難解かな。要するに規定さえ守ってくれたら1日の労働時間の延長が出来ますよ、と。
 この世代には修学時間は考えられていないので、そこの規定がない。サキチィーがこの世代に入ると、スマイレージのほかのメンバーは18歳を超えているので、メンバー全員でバリバリアイドル・芸能活動が出来ると。

 う〜ん、後半は酔い覚めてきてまともな文章になりすぎたなぁ。
 こうやって見てみると意外に面白いでしょ、労基法って。
 小学生以下はバックダンサーまで、中学生になると時間限定のアイドルに、義務教育をクリアするとアイドルとして本格活動出来る。これアイドルの法則として覚えてね!

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.16(月)    コミケ総括
 そんなわけでタイトル通りコミケ総括。

 初日はスポーツ・競馬があったにも関わらず身体が動かず引き篭もり。それには理由があって、それは、
「私が行きたいサークルは冬も参加するはず」
というのが頭に浮かんだので。毎回通っているから冬も通るはず。お願いします、神様!

 土曜日はKARAのイベント終わりでコミケへ。そもそもこの日は行く意味がない日だったのだけど、とある事情から。それがあとから。

 最終日の日曜日。ある意味今回のメインだったのかな。西と東を歩き回る。
 びんちょうタンの新刊をゲットできたのは良かったが、如月群真の新刊をゲットできなかったのは痛かった。でも後者はとらのあな等でも買えるから、良いのだけど(ちなみにこっちはエロ系)。
 東は旅行や評論などがあったので、こっちをくまなく歩くのだが・・・今回の旅行は不作だったなぁ。評論もだけど。旅行はスペースが少なくなっていっている感じがする。気のせいなら良いのだけど。

 感想としてはあまりお金は落とさなかったかな。気になる本が少なかったから。特に旅行が寂しかったのは残念。ただそんな中でも香港の交通機関とバスを取り扱った同人誌は良かった。あれだけは当たりだった。

 で同人誌を買うのは表テーマで。当然裏テーマもある。それは、
「ラブプラスですれちがい通信! 全国のご当地ラブプラスを全部集めよう!」
である。
 普段なかなかラブプラスのすれちがい通信が出来ないのだが、ここからラブプラス紳士・淑女が集まると思って歩き回る。結果としてはいっぱいいた、紳士・淑女が。おかげさまである程度揃った。全部集まらなかったのは残念なのだけど。
 ドラクエ\やどうぶつの森でもそうだったのだけど、みんなメッセージに凝っている。そのメッセージを見るだけでも楽しい。こうやっていると本当に繋がっているんだな、と感じたりも。
 いい話じゃん!

 で裏と表がありながら、他にもテーマがあって、それは来週の社労士試験の会場見学・・・何言ってんだよ、もう見飽きるくらい見ているくせに・・・はい、スミマセン・・・。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.14(土)    KARA握手会
 いつだったか、と思い出すと2月のソウル旅行前だったかな。流行っている韓国のアイドルグループを調べていたら、とりあえずいくつかのグループの名前を見つけた。少女時代(ソニョシデと呼ぶのだよ)、2ne1(トゥテンティーワン)、4Minites、そしてKARAである。どれかのCDを見たら買ってこようかな、と軽い気持ちでいたのは事実だった。
 ソウルでKARAと少女時代のCDを購入、韓国の友人からのプレゼントでいただいたT-araのCDを手にして帰国。早速聞いてみる。一番良かったのがKARAだった。耳に入ってくる音や声が好みだった。これは! と思ってKARAについて色々と調べるようになったのが始まりだった。
 日本でもCDが購入できるくらいのビッグアイドルで、私がソウルに行く2週間くらい前に東京でライブをしていた事、劇団ひとりがファンだというのを知る。ますます興味が湧いてくる。そしてメンバーが綺麗で可愛い。特にハン・スンヨンが可愛すぎて・・・惚れて惚れすぎるくらいに好きになる。
 そんなKARAが日本でデビューをするという、というのを聞いて驚いた。まさか! と。
 その後デビュー曲はミスターという韓国でも売れた曲の日本語ヴァージョン。楽しみであったが、どちらかというとルパンが良かったのだけどなぁ・・・と思いながら。
 そして8月11日、KARAが日本デビューを果たした。そのCDには握手会券が付いていて、14日にこのイベントが行なわれるという。これは買わないといけないし、握手会に行かないと。

 という長い振りがありましたが、KARAの握手会へ。
 握手会券によると8時から12時までに新木場のスタジオコーストに行き、順不同の参加券と交換してくれ、と。でイベントは13時スタートなのでゆっくりでもいいかな、と11時半くらいに到着。が着くと参加券との交換の列が長い。多分500mくらいあったかな。大丈夫? と思いながらも列の最後尾に加わる。
 12時を回ってもうダメかな、と思ったらようやくスタジオコースト前に。ちゃんと参加券もいただけた。良かったぁ。で券を見ると13時スタートで、すでに13時の回は入場開始していた。
 入り口の方へ向かうと写真を撮られたりサインをしている人が。誰か有名人でもいるのかな、と見てみると劇団ひとり。おぉ本物だ。嫌な顔もせず応じている。しかもこの状況を見るとプライベートだ。芸能人なのにVIP席ではなく一般席で見る。そしてプライベートなのに気軽にサインや写真に応じる。この態度は素晴らしい。尊敬のまなざしになってしまった。
 私も入場するとCDの即売場があった。ここでCDを1枚買うとKARAのメンバー1人の生写真プレゼント。スンヨンの写真が欲しかったのでCDを買った。ちなみに私の目の前では劇団ひとりがCDを5枚自腹(No領収書)で買っていた。メンバー5人の生写真が欲しいがために・・・この精神は是非とも真似たい!
 会場に入ると人で溢れ返っていた。何でも2400人収容のライブハウスらしいが、ぎゅうぎゅうに人が入っていた。スゲーぞ、KARA。ちなみに入場順が遅かったから当然後ろの方で見る事になったのだが・・・。
 そんなこんなで13時にイベントスタート。まずはミスターを熱唱。ミスターには振り付けがあって、これで韓国中の話題になった。それを初めて生で見る。これがあのお尻ダンスなのか。プチ以上の感動をする。
 ミスターを歌った後にミニトークがあり、日本のカリミア(KARAのファンをKARIMIA・・・KARA FAMILYという事)が選ぶベスト5が発表される(ちなみに私も当然投票している)。Wanna、Pretty Girl、Honey、Lupin、そしてMisterが選ばれる(5位からの順で)。個人的にはWannaはもっと上位でも、と思ったが。でもいい曲が並んだ。
 サプライズ発表としてこれらの曲が入ったベストアルバムの発売、そして2ndシングルの発売が決まったという。楽しみだぁ。
 その後マスコミ用のフォトセッションが終わってから待望の握手会。ただ2400人あまりのファンがいて、この後にももう1回イベントがある。なので5人と流れ作業の握手に。でも満足。初めて生、しかも間近でKARAが見られて、しかも1秒くらいといえ手に触れる。そう思えば嬉しい事ばかり。
 そしてついに私の番に・・・あっという間だった。本当にあっという間だった。だけど私の手を両手で握ってくれた5人は細くて小さくて、綺麗で可憐で・・・でも漲っている力を感じられた。
 わずかの間だったけど、パワーをいただいた。この力をもらって頑張るぞ! と力強く思った土曜日の昼間であった。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.12(木)    バランス感覚?
 私はバランス感覚があると勝手に思っている。無いとは思えないのだが。
 でこれがあると何となく空気を読めて動ける。
 ただ問題もある。それが今直面している。何かと言うと、試験の答えがバラバラになっているのでは、という錯覚に陥ってしまう。わかる人がいると思うはず。何か前の問題と答えの記号が同じってマズくない、と勝手に勘違いしてしまう。また5択で右側に答えと思ったものが多いと勝手に反対側に答えがあるのでは、と思ってしまう。
 実際にはそんな事はないのだけど、何故か考えてしまう。
 これってバランス感覚のせい? と思うのは私だけかな。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.9(月)    携帯電話
 以前気になっていた携帯電話の機種があった。それはドコモのN-08B。キーボードが付いているし、Wifiも使える。しかも海外での通話も、iモードも使用可能。これはいいでしょ。欲しいな、これは。
 と思っていたら先週の金曜日に発売されたという情報を。これは見てみようと某家電量販店に行ってみた。そして実機を見る。
 ・・・デ、デケェ。本当にデカイ。確かに画面が4.5インチと書いてあったっけ。筆箱並みの大きさ。これで通話するのは・・・ちょっとカンベン。
 そうそうスマートフォンのLYNX SH-10Bも見たけど、やっぱりこれも大きいな。
 でしばらく携帯電話は買い換えはないかな、と思っていたところ、ジャストミートする機種を発見!
 F-06B。富士通製である。キーボードではないが、Wifi、海外通話、もちろんiモード使用可能。大きさも手ごろだし、フルハイビジョンムービーも撮れる。これはいいなぁ。シアン色も捨てがたいぞ。
 ただ今すぐ買うわけにはいかない。まぁ値段がかなりお高めだし(実は今使っている携帯電話は無料だったから余計に感じるね)。それに試験前で携帯電話をいじっている時間も無い。だから今すぐ、というわけではなくて。
 そのうち買い換えようと思っていた携帯電話。いい機種が見つかったのであとは買うのみになりました。暇な時間が出来たら、買います。あっ、お金を貯めてね。
 24回払いでも良いんだけど、いや24回払いにするのだけど、まだ踏ん切りがつかない・・・。どうせ今までドコモユーザーで、これからもドコモユーザー何だからいいのだけど。
 まぁそういう事。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.8(日)    ハロプロコンサート
 フロンターレはキンチョウスタジアムにてセレッソ戦。アウェーでもあったし、試験間近という事でテレビ観戦。
 ・・・う〜ん、決定機を作りながらも点が取れなかったのは痛すぎる。でも良く守りきったという面もあるけど。
 勝てる試合だっただけに惜しいと思う。

 中野サンプラザでのハロプロコンサートの昼間公演を見に行く。モーニング娘。(特に亀井絵里)はともかくだけど、真野恵里菜やスマイレージが最近のお気に入りで彼女たちが見たい気持ちがいっぱいで。
 オープニングの今日が終わった後、
「緊急」
の文字がスクリーンに。
 嫌な考えしか頭に浮かばなかった。解散? 終了? とにかく悪い流れしか考えられなかった。
 ステージ上に現れたのはプロデューサーのつんく。(実はハロプロのステージ上に立ったのは初めてだとか)。何を言うのかと思ったら、
「モーニング娘。9期メンバー募集」
のお知らせ。よかったぁ、いい話で。何でも4年ぶりのオーディションだとか。どんな娘が入るかな、楽しみだな。
 がその後に悪夢が待っているとは。
 モーニング娘。のメンバーが全員呼ばれて話をする。そしてその中で卒業するメンバーがいるとつんく。が発表。やっぱりかぁ! でジュンジュン、リンリン・・・そうかあくまでも留学生扱いだったしな。お疲れ・・・。
 がその後に「亀井絵里」の名前が呼ばれた時はショックで落ち込んだ。何でも皮膚の疾患(アトピー性皮膚炎)の完治を目指すために卒業だとか。確かにDVDとかでもアトピーっぽいのを見た事があるし。
 いつかは来るであろう卒業。卒業がなければ解散か。いつかは来るのはわかっていたけど。でも悲しすぎる。
 何時からだっただろうか、カノジョ目当てでモー娘。コンに行くようになったのは。普通なんだけど、普通に可愛い所が好きで、弾けないのだけど、きらめく所が好きで、とにかく全部が好きだった。それもあと秋のモー娘。コンだけなのか・・・。
 エリリンの笑顔を焼付けにまた行かないと。秋コン待ってろよ!
 だ・か・ら、そんな事を言われて落ち込んでいるのにコンサート、楽しめるかよ! と言いたい。あぁ言いたいさ。
 そんなわけで落ち込みモードのままコンサート観賞(いや間違っていない、座ってみる席で見ていたのだから。立ってジャンプはしていないし)。
 真野恵里菜(マノちゃん!)は可愛いなぁ。最近特に好きになったのだけど、声もいいし、笑顔が素晴らしいし。いいなぁ、こういう娘さん。
 スマイレージはメンバー全員可愛すぎる。特に小川紗季(サキチィーちゃん!)はいい。彼女のためにおはスタを見ようかな。おはガールとして活躍しているらしいし。あっ、福田花音も可愛い。ていうか名前から可愛すぎるんですけど。
 私の推しメンバーは相変わらず可愛かったので少しは心が洗われた。彼女たちの笑顔で幸せになれるのだからいい事だ。でこの日一番心がキュン! としたのは実は彼女たちではなく、ベリーズ工房の嗣永桃子。天真爛漫というか何も考えていないかの如くの行動にずっと目が引き付けられた。
 座ってみている場面なのに時折リズムに乗って立ち上がる。心から楽しい笑顔で踊れる。そしておチビさん。コンサートをこんなに楽しんでいる娘さんはそういない。いままでこの娘さんをマークしていなかった自分が情けない・・・。これからは注目して見てみよう!
 でもその前にマノちゃんとスマイレージについては単独コンサートに参加してみようかな。
 そんなハロプロコン夏でした。

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.7(土)    リフレッシュ
 普段の疲れがピークに達していた模様。今日は講習を受けに行く日。なのだけどなかなか起きられない。そもそも朝型の生活が出来ないのだけど、それにしてもこのダルさは異常。教材は受け取っているので今日は休む事に。
 昼間はじっくりと寝る。本当なら勉強しているのに、という思いは残ったままだけど。
 疲れているのだから身体を休めたい、そしてリフレッシュをしたいと髪の毛を切りに行く。勉強をしていて髪の毛が邪魔と思っていたし、早いうちに髪の毛を切りたいと思っていたのでいい機会。いい感じになりました。
 その後全身マッサージ。先月に行きたかったのだけど、時間とお金が無くて断念していた。給料が入ったので早速マッサージ。緊張していた身体もほぐれて楽になる。やっぱり歳を取っているのだからメンテナンスは必要だな。
 そんなわけで今日はリフレッシュをしました。
 さぁこれから勉強するぞ!

一番上に戻る

 
 
 
2010.8.2(月)    落ち込む
 昨日は夕方まで模試を受ける・・・結果が芳しくない。去年は右も左もわからず、手探り状態からようやくどんな勉強をしたら良いのかを学んでいる最中だったから悪くても良かった。でも今年は・・・どのように勉強したらよいのかを学んでいるはずなんだけど・・・。
 まぁ去年の同時期の模試よりは良い点が取れてはいるけど、本番の試験を前にこの結果はヤバイと感じている。いや感じている程度ではない。骨身に染みた。
 残り3週間で何をするべきか・・・色々あるけどまずは基本を大事にする事。そして本番対応の問題をいくつも解いて問題慣れするしかないか。最終的には基本が大事だし、そこを突いてくる問題も多いし。
 そんなわけで試験日まで試験に集中。ビール等のお酒も絶つ。ビールを飲むと酔っ払ってしまうからね。お酒を抜いて、万全の状態で試験勉強をする、と。
 去年は本番で神風が吹いていつも以上の結果が出た。今年は神風が吹くとは思えない。だから自力で戦い抜かないと。やる!

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.31(土)    大変です
 先日より風邪を引きました。風邪薬で何とか症状を抑えていますが、薬が切れると・・・うぅクスリィ・・・。
 もう試験も近いというのに。どんだけ緊張感が無いのか、と自分自身を問い詰めたいところなのだけど、さすがに試験前なので問い詰める時間があるのなら勉強をしたい。だから問い詰めるのは試験後にします。多分その頃には忘れていそうだけど。
 「バカは風邪引かない」ということわざがある。でもこんなことわざもある。「夏風邪はバカが引く」。一体どっちやねん!
 そんなわけでしばらく更新が遅れていました。はい、スミマセン。

 試験も近くて、勉強と睡眠にしっかりと時間をとりますので、またまた更新が遅れ気味になります。申し訳ないっす。
 そもそも読者がいないので問題が無いといえばそれまで? まぁ気長にヨロシクデス。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.28(水)    スワローズ対カープ
 18時はまだ夕日が残っていて眩しかった。

 そんなわけで神宮へ行ってきた。
 スワローズ対カープ。どちらも3位以内は難しい状況だが、そこそこ楽しめる試合になって欲しいな、と。もっと個人的な事を言えば、イムチャンヨンが出てくれれば、である。

 スワローズは1回裏に青木が四球で出塁すると田中浩康が送って1死2塁。2死になった後に4番ホワイトセルがセンターオーバーの2ベースヒットを打ち、青木がホームインして先制する。
 スワローズの先発は石川。どうも安定しない。6番岩本にヒットを打たれる。2死2塁になって打者は先発投手の今井。これでこの回は終わり、と思いきやレフト前ヒットを打たれると、続く1番東出にライト前ヒットを打たれる。これでカープは同点に追いつく。
 続く3回表には4番ヒューバーが左中間スタンドへホームランを放つ。これで1−2でカープリード。今日の石川はあまり出来が良くない。一方の今井は好調なので、スワローズは厳しい試合になるなと思い込んでいた。
 が4回裏、突如今井が崩れる。ホワイトセルを四球で歩かせる。2死後に宮本がライト前ヒットで出塁すると、8番川端が3ボールから積極ヒッティング。打球は前進守備のレフトの頭を越えてフェンス直撃、走者一掃の3ベースヒットに。次の石川が今度は右中間に2ベースヒット。一挙に3点を取って4−2とスワローズがリードする。
 5回裏この回からカープの投手が岸本に代わるが、この勢いは止まらなかった。田中浩康が四球で塁に出ると、飯原がホームラン寸前のライトオーバーの2ベースで無死2・3塁。ここで4番のホワイトセルがセンターの頭を越える打球を放つ。センターは取れずにフェンス直撃、この間にランナーはホームインで6−2。畠山が内野安打で出塁し、2死になるが8番川端がまたも3ボールからヒッティング。この度はライトへの2ベースになってこの回3点目。7−2。
 6回裏、カープは3人目として斉藤を登板させるが、青木の内野安打から始まり、1死1・2塁でホワイトセルがレフト線にフライを上げる。風で伸びるが後ろ気味に守っていたレフトが飛びつくも取れずに2ベース。この間に2人のランナーがホームインし9点目。福地が倒れた後に相川がセンター前ヒットを打ち、ホワイトセルがホームインしついにスワローズが10点目。さすがに勝負あり。
 8回裏に福地のタイムリー3ベースと相川の内野ゴロの間に得点が入り12−2となる。
 スワローズの石川は毎回ヒットを打たれるも、その後の打者を打ち取って凌ぐ。が毎回の12安打が厳しいが。
 最後はデラクルスが締めてスワローズの勝利。

 スワローズには良い風が流れていた。それを感じられた試合だった。

 追伸。5回裏終了後の300発の花火は凄かった。神宮の花火は綺麗だよ!

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.27(火)    オールスター
 今年も行なわれたプロ野球のオールスター。楽しいね、やっぱり。お祭り感もあって、その中にも緊張感もあるし。いいねぇ、一度は出てみたいな、オールスター。
 それはさておき、何故日本のオールスターは複数試合するのだろう。私は年1試合が良いと思うのですよ。
 何故1試合だけにした方が良いかというと、
・より緊張感が増すし勝負にこだわる
・オールスターに出場するという価値が高まる
・複数試合だと試合後半で集中力が途切れる
と理由から。特に推したいのは2つ目かな。
 もっとオールスターの価値を高めて欲しいのですよ、私は。
 今は交流戦もあるからセパの対戦の価値もそれほど高くなっていないわけで。その中でもっと注目度を上げるには1試合が良いのでは、と思うのです。
 複数試合の理由って収入の問題なんでしょ。だったらセパの対決ではなく違う形(例えばセリーグ1〜3位&パリーグ4〜6位対パリーグ1〜3&セリーグ4〜6位とか)のものを、シーズンオフではなくオールスター期間にやればよいと思う。また違ったチーム編成になるので新鮮味もあるだろうし(これは継続審議で)。
 そんなわけで私のオールスターを改革を熱望する話でした。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.26(月)    土用の丑の日
 土用の丑の日のキャッチコピーは平賀源内が作ったものというのは有名な話。でもこの話には続きがあって、この時期のうなぎは質が良くなくて、このうなぎを売り出すためにこのキャッチコピーが発明された、というのはあまり知られていないような気がする。ていうか私は今年初めて知った。
 でその話の出所はどこだったっけな? と思い出そうとした。そうだ、あれだ! と思い出したのはラブプラス+のご当地ラブプラスの文章。ここに書いてあった文章だ。
 まさかラブプラスからこんな話を知るとは。まだまだ私も若いぞ!

 今秋発売のギャロップの占いにうお座はのどの痛みは大病の前触れ的なものがあった。今のどが痛い。もしかして大病するのかな? とドキドキしています。
 そのうち入院していたりして。そうなった場合誰に助けを求めたら良いのだろうか。今から考えています。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.24(土)    考えた
 デーブ大久保問題は考えさせられるところが多い。
 もし無名の若手選手だけが体調不良のままだったら、もし雄星が殴られなかったら、などと考えてしまう。もしかしたら隠蔽をしたままだったかもしれない。プロ野球の暗部なんか教えたくもないだろうし、今後有望な新人も獲れなくなるだろうし。
 報道を見ていると信じられない話が多いような気がする。
 アーリーワークは自主練に近いもののはずなのに全員参加させて、しかも遅刻者には罰金を取る。見送りの三振をしたら罰金。試合に負けたら罰金。すごいな、罰金地獄。
 でその罰金制度が球団や監督主導ではなく、一コーチがやっていたとなるとまた話は違うわけで。もし球団とかが主導なら、球団が問題視していないだろうし。そこまで権限があったのか、一コーチに。
 で集めた罰金で周りに集まってくる選手たちと一緒に食べていたのも・・・。
 またこの件を密告したとして、いい感じに見ていなかった若手選手に対して、「お前がチクッたのか?」と殴るとか。正気の沙汰には思えない。後ろめたさがあったからの行動では? と思われてもおかしくない。
 そもそも一昨年の女性問題があったのに現場に復帰させた球団も球団なのだが。
 色んな話は上がっていて、見る事も聞く事も出来るけど、どこまで信じて良いのかはわからない。ただ良い話は聞かない。その女性問題も愛人だし。奥さんもいるのに何をしているのだか。
 ただ思うのは、今の若手を育成する方法が間違っていたし、罰金で選手を脅すような行動もどうかと(それに選手が付いてきているのなら話は別だが)。また自分の思い通りに行かなかったら暴力だなんて・・・。
 これからもっと色んな話が出てくると思う。今はまだ嵐の前・・・。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.18(日)    お久しぶりです
 お久しぶりです。多分3週間ぶりですかね。久しぶりの更新です。
 まったく何もしていなかったわけではないのですよ。独り言はちょくちょく書き込んでいたのですが、更新するのが面倒くさくて・・・。スマナイです。
 ワールドカップで生活のリズムが完全に崩れて、その後試験勉強に直入したら・・・更新する時間が無くなっていました。困った話で。
 そこそこ独り言ありますので、お暇な方は読んでいただけると・・・嬉しいです。

 またしばらく更新が滞るかもしれませんが、温かい目で見てください。

 とりあえず私は生きています!

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.17(土)    辛くは・・・ないよ、多分
 今週末は世間では3連休という。でも私には休みが無い。
 というのも、
・土曜日−朝から夕方まで新宿で講習を受ける
・日曜日−朝から夕方まで渋谷で模試を受ける
・月曜日−朝から夕方まで横浜で講習を受けた後に仕事
 まぁお忙しい方ですこと。
 でも講習はやらないといけない事だし。勉強しないで試験に受かるのならそうしたいけど、実際は・・・。だから少しでも多く勉強を。
 よく考えるとあと1ヶ月で試験本番。もう泣き言も言ってられないし、試験後によくやった! と言うためにも。
 実は昨日、個人的に落ち込む事があった。オッサンだから仕方ないのだけど。でもやっぱり落ち込むな、毎回。慣れているとはいえ。そもそもこの状況下でそんな事に手を出していてどうする? というのもあったりするけど。でもこれで吹っ切れた気分でもある。
 さぁ戦うぞ!

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.16(金)    忘れられない
 オグリキャップが亡くなってから発売されたギャロップの追悼号。買ってしまった。値段の割りに薄い。でもそれなりの出来なので文句は言わない。
 読みながら思ったのは、オグリキャップと一緒に走った馬が懐かしすぎて涙が出そうになった事。一緒に走っていたなという馬から、こんな馬もいたよなと思える馬まで。トウショウマリオとかスルーオダイナなんかは渋すぎ。
 そんな中でオグリキャップとはレースでは1回しか走っていないけど思い出の馬がいる。ハッピーシャトーである。
 もう15年近く前の馬だけに覚えている人も少ないだろうが。個人的には思い入れがある。大井は大塚厩舎だったかな、最初にいたのは。重賞レースを勝ったりして、当時のオグリキャップのオーナーに買われてJRAへ移籍。これは単なる移籍ではなかった。レースで走る他にまだ仕事があった。
 オグリキャップは調教駈けする馬だった。そしていつも併せ馬だった。が併せ馬は相手がいないと成り立たない。スパーリングパートナーもそれなりに走ってくれないと練習にならない。
 これはタフな仕事である。オグリキャップの調教相手として何頭も出てきたが、どれも潰れてしまった。
 そんな中ハッピーシャトーがJRA入りをした。そう仕事とはオグリキャップの調教パートナーである。
 何頭の馬が壊されたオグリキャップのパートナー、ハッピーシャトーはこなした。潰されなかった。そして凄いのはレースでもオープンクラスで好走を続けていたのだ。
 そんなハッピーシャトーが好きだったなぁ。オグリキャップの影に隠れていたけど。
 そんな事を思い出させてくれた本でもあったので、個人的に良い本認定!

 中山競馬場に17万人入ったのも凄いけど、オグリコールも感動だったなぁ。あのコールは自然発生的に生まれて、競馬場全体に波及した。あれだけの人の心を動かせて、コールを呼ばせた。オグリキャップは本物のスーパースターだった。
 あんな光景、また見たいな。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.13(火)    ネネデラ!
 ラブプラス+のネネデラックスが届いた。ニンテンドーDSiLLって大きいなと店で見て思っていたけど、実際手にすると余計に大きいというのを感じる。デカイぞ!
 表面にネネさんがデザインされているこのLLさん。早速これで遊んでいます。もちろんラブプラス+Only機として。ただ私はネネさんのほかに愛花とも付き合っているので、愛花と話をしている時は罪悪感を感じ・・・てはいない。多分鬼畜だから(ウソ)。
 LLさんって画面も大きいけど、あんまり綺麗とは思えないのは何故だろう。一番綺麗なのはDSLiteのような気がする。気のせいかな? でも画面が大きいからより大きく触れるような気もする。たくさん触れるような気がして・・・それはそれでいいかも。
 家ではLLさん、外へ持ち運ぶ時はDSLiteでラブプラス+を遊んでいます。何故かって? LLさんを持ち運ぶのは大きすぎるし、あとネネデラックスを持ち歩いていると狩りに合いそうなので・・・(実は恥ずかしいらしい)。

 さてすれ違い通信でご当地ラブプラスキャラをゲットしているのだが、数も多いのでなかなかコンプリートは出来ない。無理だろ、全国のを集めるのは。アキバだとかなりの数ですれ違う事は出来ても。
 が私は気が付いた。全国から人が集まって、しかもラブプラス+入りのDSを持って歩く人が多いイベントが来月にある事を。
 そうコミケ! コミケだったら多くのすれ違いができるはず。過去にどうぶつの森、ドラクエ\などで体験している。で今の旬でいうとドラクエジョーカー2そしてラブプラス+。3日間あるからここでご当地ラブプラスをコンプ出来るのではと考えている。あぁ楽しみだなぁ、コミケ!
 そうそうラブプラス+の他にもサカつくDSもすれ違い通信出来るので、こっちも持っていかないと。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.12(月)    熱海?
 実は一昨日から熱海旅行をしていました、女子高生と・・・ゲームの中で。
 ラブプラス+の新機能でカノジョと1泊2日の熱海旅行に行けるのですが、それをしていました。ゲームの中の出来事なのですが、でも嬉しくて前日はドキドキして眠れない思いまで・・・いいのか、37歳!

 土曜日の9時から動き出した旅行、私が講座を受けている間もリアルタイムでイベントが進む。勉強をしながら、イスに置いてあるニンテンドーDSをプレー。良いのだろうか、こんな事で、と思いながらも。
 いくつものイベントが進み、17時にホテルに到着。夕食を食べて部屋に戻ると布団が2つ、くっついて敷かれている・・・。もうドキドキはバクバクだぁ!
 新宿から家を経由し、横浜へ。そこから茨城県佐貫まで向かうのだが、電車の中でイベントを見る。熱海にいないのに、熱海気分。いいなぁ、何か。
 いくら15歳以上対象ソフトとはいえ、ああいった行為は出来ないわけで・・・まぁ私は寝ているカノジョを見ているだけで幸せで、カノジョを大切に守らないと、と思わせる。良いのか、本当に?

 日曜日は8時起床。新幹線に乗りながら寝起きのカノジョを見て微笑んだり、鈍行電車に乗りながら初島に向かったり。旅行中なのだが、ゲームでも旅行しているのが何か面白い。
 福島競馬場でこの旅行のクライマックス、伝説のビーチに辿り着いた時は感動した。でも周りの人は競馬に夢中だったのは言うまでも無いのだが。エンディングロールに自分の名前があるのは恥ずかしいのだが、でも嬉しいよな、これは。
 帰りの新幹線の中で熱海旅行は終了した。でも私の旅行はまだ終わっていなかったのだけど。

 熱海旅行・・・ゲームの設定上は高校生の男女が1泊2日の熱海旅行なのである。そりゃ何かあるだろう、無かったらおかしいだろ、とツッコミを入れたくはなる。でもちゃんと話がまとまっているので良しとしよう。
 また行きたいな、ゲームの熱海旅行。そして今度はリアルの熱海旅行に行こうかな。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.11(日)    福島旅行
 毎年恒例の元競馬雑誌投稿仲間による福島旅行。去年は諸般の事情で行けなかったのだが、今年は何とか日曜日だけ参戦出来るので福島に向かう。
 普通なら東京駅から福島駅まで新幹線で向かって、福島競馬場に行く。が私には別の任務がある。それは・・・前日の日記を見てね! という事で、ラブプラス+のDSステーションご当地キャラゲットをするために東京駅8時出発の新幹線を宇都宮駅で降りる。
 宇都宮駅の近くに9時開店のイトーヨーカドーがあって、ここにDSステーションがある。ここへ向かう・・・予定だったのが、駅にて調べてみるとこのイトーヨーカドーまで3キロ。歩いていくのは無理だし、タクシーに乗るお金も無い。また宇都宮駅から福島駅まで新幹線に乗るお金は無いので鈍行。時間厳守。駅前の某家電量販店は10時開店で、ここまで待っていると福島競馬場に着けるかはわからない状況に。なので栃木県のキャラゲットを諦める。そのうち何とかしましょう。
 で宇都宮駅から福島駅まで鈍行。どれくらい時間がかかったのだろうか。多分3時間くらいか。年齢が堪える。そろそろこういうのが無理になってきているかもしれない。とりあえず今回はサカつくDS2010で踏ん張れたが・・・。あと地元の女の子の間違った、いや飛んでいるファッションにニヤニヤしながら。
 12時40分過ぎに福島駅到着。すぐに西口のイトーヨーカドーへ。福島県のご当地キャラを狙う。レアは取れなかったものの、そこそこの結果に喜びながら東口へ。バスに乗って福島競馬場へ。
 福島競馬場に行くには社会保険事務所前で降りるのが通なのだが(次の競馬場前で降りると運賃が上がる)、今年1月に社会保険事務所は日本年金機構に名前が変わった。なのにまだバス停の名前は変わらず・・・何故だろう? ちなみに都バスはその辺の行動力は早く、すぐにバス停名を変更してくれるのだが。
 13時20分頃に競馬場に到着。すぐに友人たちの元へ。久々に会う人が多い。嬉しいな、また会えたのは。競馬をしながら色んな話をしたり、昨日旅館で飲みきれなかったであろうお酒をいただく。あっ、私は馬券を買っていなかった・・・でも競馬を見ていたから競馬をしていたよ! あと私も歳を取ったなぁ、と思ったのはゴール板前から内馬場にあるみちのく地ビールの売店まで歩くのが辛かった。今回は1回しか行かなかったし。体力を付け直さないと。
 福島競馬終了後に馬場開放があったので久々に福島の芝コースを歩く。相変わらず最終週は内側の芝はボコボコ。外側を走った方が良いな、本当に。実際外側を走る馬が多かったし、好走した馬は外から来ていた。
 競馬場を後にして、福島駅へ。がすぐに帰るわけではなく、飲み会という名の後夜祭。これが楽しみで福島に来たといっても過言ではない。今回は福島在住の栗さんことI氏が参加出来なかったのは残念だが(このためにKIAタイガースのユニフォームを着ていたのに)。でも濃い話で盛り上がる。やっぱりこのメンバーでお酒を飲むのは楽しい。これだから辞められない!
 そんなわけでまた来年、皆さん会いましょうね。私も来年こそは全部参加出来る様にしたいです!
 楽しい気持ちともっと楽しみたいという残念な思いを胸に福島から関東へ向かう。がこれで私の旅行は終わらない。先にも書いたようにご当地ラブプラスキャラを得ないと。
 という事で大宮で下車、イトーヨーカドーを目指す。がさいたま新都心、浦和のイトーヨーカドーは21時閉店。私が着いたのは22時過ぎ・・・当然通信できませんでしたorz。まぁそんな事もあるよね。
 ラブプラス+的には残念な事ばかりだったけど、それ以外ではプラスばかりだったので言う事なし!
 また来年、今度はラジ短(正確にはラジニケ)の週になるかも、とか。どこでも私は行けるように頑張らないと。普段は頑張りたくないけど、このためなら頑張るよ、私は。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.10(土)    初遠征
 ラブプラス+にはご当地ラブプラスというのがあって、DSステーションという機械の前で通信をするとその都道府県にまつわるコスチュームを着たキャラを得る事が出来る。
 これはすれ違い通信でも手に入るのだが、どうせなら現地で地力で得た方が愛着が持てる・・・はず。
 そんなわけで初めての遠征をしてみる。えっ、この間の千葉県は? って。あれは遠征ではないから。
 夕方に横浜に用があったのでそこから茨城県の佐貫まで向かう。暇だった、電車の中は。それに電車の中は混んでいるし・・・。
 20時過ぎに佐貫に到着。何故佐貫なのか、というとここが茨城県の中で一番東京側に近いDSステーションだったから。で駅からヤマダ電機へ向かうのだが・・・真っ暗でよくわからない、道が。駅の近くらしいのだが、かなり遠回りしてしまった。でも営業時間に辿り着けて、通信も出来る。
 レアは獲得できなかったものの、かなり満足の結果。が怖かったのはこの後。多分ここを歩いたら駅に着くだろう、という道を歩くのだが、街灯が少なく暗い。久々に知らない街で怖い思いをした。
 でも無事佐貫駅に到着し帰宅。納豆のコスを着たキャラが可愛すぎる。やっぱり行って良かった。でも今度は明るいうちに行きたいな。ていうか行く!

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.9(金)    実は・・・
 実は・・・ラブプラス+のニンテンドーDSiLL限定版をヤフオクで落とした。が2台も・・・。何を考えているのだか。
 詳しい話をすると、ヤフオクを見ていたら値がかなり落ちているのを知る。確かコナミスタイルで完売した時は2万8千円の物が8万円くらいまで高くなっていた。で発売日の頃になっても6万円くらいか。ただコナミスタイルで販売したのとは違って2万4千円だけど。それでも売値の2倍に膨れ上がっていた。
 がつい最近ヤフオクを見たら、値が下がっていた。3万円くらいで落とせそうな勢い。これは! と勘違いをしてしまった・・・。これが悪魔の入り口だったとは!
 マナカデラックスがスタート値で3万円だった。まさかこの値段で落とせないよな、でも一応値段を入れてみるか、と入れたら・・・落札! まさか、であった。
 でその後ネネデラックスがスタート値が2万9千円だった。これもこの値段で落とせないよな、何せ一番人気のネネさんだし、と思いながら少しだけ値段を上げて入札したら・・・これまた落札をしてしまった。あぁ、やってもうた。
 そんなわけで限定版が2台我が家にある。
 ネネDSiLLを今後ラブプラス+専用機として使用しようかと思うが・・・香港に持って行ったら売れるかなぁ?

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.7(水)    ファイターズ対ホークス
 ファイターズの先発は八木、ホークスは小椋・・・何とも怪しげな先発。もしかすると乱打戦? と思わせるような先発だった。しかし投手戦になるとは予想は出来なかった。
 両投手はテンポ良く低めにコントロールで来ていてヒットがなかなか出ない展開に動きがあったのは4回裏。ファイターズのこの回の先頭打者森本がヒットで出塁すると盗塁を成功させて2塁へ。2死になり5番の糸井は追い込まれるが、低めのボールを体勢を崩しながらも片手でバットコントロール。センター前へゴロのヒット。森本がホームインしファイターズが先制する。
 ファイターズの八木も安定しているが、6回表ピンチを迎える。先頭打者の川崎がヒットで出塁。続く本多は送りバントをさせず三振に切るが、オーティズには3ボールとボールが先行。川崎の足がかなり気になっている。4球目、ボールが甘く入ったところをオーティズは逃さなかった。レフトスタンドへ大飛球が。逆転の2ランホームランでホークスが逆転する。
 6回裏まで4回のヒット2本で抑えていた小椋、7回裏に交代させるホークス。ファイターズは打ちあぐねていたのでこれは好都合だった。
 糸井がヒットで、代打坪井も執念の死球で出塁する。続く陽は送りバントが出来ずに三振するも、大野の代打に出た加藤政義がセンター前ヒットを打ち1死満塁。大チャンスを手にすると、金子が三遊間を破るヒットで同点に。なおも満塁で1番の田中賢介へ。田中の打ったボールは1塁のペタジーニのグラブを弾いて外野へ。2・3塁のランナーが一気にホームイン。田中は2塁でアウトになるも2死3塁のチャンスは続く。森本の打った打球は3塁前のゴロ。タイミングは微妙ながらも森本のヘッドスライディングでセーフに。この回4点目で5−2に。
 ファイターズは8回裏にも代わった甲藤を攻めて、坪井のタイムリーヒットで6点目を取ると、8回表は宮西、9回表は武田久が締めて試合終了。
 6−2でファイターズの勝利。
 ファイターズは前日こそ負けていたが、勢いがあるのを感じた。交流戦前までの悪かった流れがウソのような試合展開。昨年の繋がる打線が甦っているようだ。
 ファイターズの八木は今シーズン初勝利。何で今日のような投球が出来ていないのか。これが毎試合できていれば・・・である。新人王を取った頃の出来に戻って欲しいな。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.3(土)    マリスタでのマリーンズ対ライオンズと友人との飲み会とオグリキャップ
 友人から「また日本に行くよ!」とのメールがある。最初の日程は来週だったのだが、予定が変わって今週に。日曜日に御殿場アウトレットに行くので土曜日にマリスタ(千葉マリンスタジアム)へ行く、との返信があったので一緒にマリーンズの応援(というかキム・テギュンの応援)をしにいく。間違って欲しくないが、私はキム・テギュンの大ファンである。
 友人とは13時にマリスタで待ち合わせ。でもその前に千葉県内にあるDSステーションへ。ラブプラス+のご当地ラブプラスのキャラクターを得るためである。そんな事のために、なのだが、行って来る。
 検索をしたところ海浜幕張駅から一番近いDSステーションはイトーヨーカドー。でも駅からかなりあるぞ。歩きました、イトーヨーカドーまで。途中に渋谷幕張高校を見て驚く。
 でマリスタに着いて友人と合流。今回は私が遅く着きましたなぁ・・・。

 試合はマリーンズ先発のマーフィーが安定しない。2回表に佐藤友亮のライト犠牲フライで先制されると、3回表に中島のセンター犠牲フライで追加点。いずれも四球とヒットが絡む良くないパターン。
 そして5回表にも四球で先頭打者を出す。もう代えた方が良いと思った矢先にショートゴロゲッツー。これでこの回は終わったと思ったら悪夢の始まりだった。4番の中島がレフトスタンドへホームラン、続く高山がセンターオーバーの2ベースを打つとブラウンがライトスタンドへ2ランホームラン。とどめに平尾がレフトスタンドへホームランで0−6とライオンズの一方的な展開に。
 6点差になったマリーンズだが反撃を試みる。5回裏1死後岡田がヒットで塁に出ると、西岡がレフト前ヒットでチャンスを広げる。今江三振後、井口がセンター前ヒットがタイムリーヒットに。1−6。続くのは2安打のキム・テギュン。ここで一発を! と願うもサードゴロで万事休す。
 でも反撃の勢いはあった。がそれを沈めてしまったのはマーフィーの代わりにマウンドに立った秋親。四球と死球、そしてワイルドピッチの一人相撲。スタンド、そして野手にも落ち込んでしまう。ちょっと厳しいな、この投球は。
 でもマリーンズは8回裏に一応チャンスを作る。1死1・3塁で大松がライト前にタイムリーヒット。これでライオンズ先発帆足をノックアウトさせる。代わった長田を攻め込む。2死満塁にしてバッターは的場・・・微妙な空気が立ち込める中、三振・・・。
 結局試合は2−7でライオンズの勝利。マリーンズは12本のヒットを打ちながら2点しか取れずに敗北・・・。

 試合後東京駅経由で五反田へ。友人のホテルのチェックインを手伝ってから渋谷へ移動。サッカーショップで買い物後にモツ鍋屋で夕食。前回同様友人から日本らしい食事をオーダーされていたのでここに。満足してくれていたので良かった。
 ちなみに話の内容は韓国野球や日本サッカーなど。他にも韓国の話をしてみたい人がいたら、連絡ちょうだい。次回友人が来た時にお呼びします。しかしその代わり英語もしくは韓国語必須だけどね。
 食事後は五反田まで付き添う。渋谷ではスコール的な雨にあって、地下を使って渋谷駅まで。
 別れてから大森まで行ってから少し勉強をして帰宅。
 で終わると思ったらオグリキャップ、シングスピール、ブラックタイアフェアーの死亡を知る。特にオグリはもうショック。年齢的にもそろそろ、ではあるが、でもまだ生きていて欲しかった。せめて第2のオグリキャップが出てくるようなフィーバーが来るまで(ディープインパクト? あの程度じゃフィーバーなんて言えない。世間に入り込むくらいの力が無かったし)。
 オグリのどのレースも頭の中で回想出来る。世間的には有馬記念だったりジャパンカップなのだろうが、私の一番好きなレースは高松宮杯。あのレースは4歳夏(当時表記)で関西古馬陣に立ち向かって勝つというのが良かった。これは本物だ! と叫んだような、叫んでいないような・・・でもこの1戦が今後戦うであろう古馬とのレースでも大丈夫と思った。だからこのレースは思い出深い。

 そんな1日でした。

一番上に戻る

 
 
 
2010.7.1(木)    7月ですよ
 6月の途中で、「やべぇもう今年の半分が過ぎてしまうよ、何もしていないのにどうしよう?」と思ったのだが、7月に突入してしまった。
 本当に何もしていない様な気がする。

 3月の試験は一応受かって、今は8月の試験に向かっている。ただまだまだ本気になって勉強をしているようには見えないし、もっと本気になって勉強をしないとと思っている。それに8月の試験まであとわずか。だからこそ本気でどうしよう? と思っていたりする(そう思うのならもっと勉強すればいいのに、というツッコミはいらないのでご安心ください)。
 仕事探しだってそう。勉強重視はわかるけど、現状のパートに満足しているんじゃないの? と思ったりもする。現状楽しく仕事をしているけど、短時間労働者だし、給与も少ない。ステップアップしないと。だからと言って勉強は疎かに出来ないし。
 そんな事ばっかりを考えていたらいつの間にか7月。さすがにやばいなぁ。
 これから2010年も後半戦に入る。楽しかった2010年と言えるようにならないと。
 少しだけでも、1日少しずつでもいいから気合を入れていかないと。

 気持ちはあるけど、体がついてこないのが・・・。はぁ〜と溜息一つ。
 そういえば母から溜息をつくと幸せが逃げていくよ、と言われたっけ。幸せを逃がさないように楽しい気分で、溜息をつかないようにしないと!
 ファイティン!

一番上に戻る