×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2015/6/30 (火)  終わる
2015/6/29 (月)  ホークス対ライオンズ 鷹の祭典2015
2015/6/27 (土)  模試を受ける
2015/6/26 (金)  模試を受ける
2015/6/22 (月)  風邪続々報
2015/6/20 (土)  死去
2015/6/17 (水)  マウスピース
2015/6/15 (月)  スワローズ対マリーンズ
2015/6/13 (土)  風邪続報
2015/6/7 (日)  キャンセル
2015/6/6 (土)  選抜総選挙
2015/6/5 (金)  雨
2015/6/4 (木)  火事
2015/5/31 (日)  今日はダービー
2015/5/30 (土)  模試を受ける
2015/5/27 (水)  スワローズ対ファイターズ
2015/5/26 (火)  マウスピースへの道
2015/5/22 (金)  イースタンリーグ スワローズ対ベイスターズ
2015/5/19 (火)  追加
2015/5/15 (金)  香港メイド喫茶店
2015/5/14 (木)  香港メイド喫茶事情
2015/5/13 (水)  スワローズ対タイガース
2015/5/10 (日)  帰国
2015/5/6 (水)  明日
2015/5/5 (火)  ヤバい
2015/5/3 (日)  800万円
2015/5/1 (金)  スワローズ対カープ

過去ログページへ戻る

2015.6.30(火)    終わる
 川崎市内のセブンイレブンでnanacoのフロンターレ版を購入、そして対象商品を購入で貰えるクリアファイルをいただく。やりたかった事が出来た、良かった。

 さて題名の話。
 1月から新生活が始まった。ただもっとガツガツやりたかったのだが、目の前に出てきたのは薄っぺらいものだった。立ち位置から考えたらそんなもんだろうな、と割り切っていたが、しばらくしたらもっと回ってくるかな、とも期待していた。
 が来なかった。
 ボケっと過ごす事が長く、ここにいる意味さえ分からない状態。さすがにいいだろう、と思ったのだが、思わぬ事が起こってもうしばらくいる事になる。
 でも5月になると今後を考えたらもうここにいるのを辞めよう、と決意する。がまたも思いがけぬ事が発生。こちらから言わなくても良い事に。言うのは辛いし、次の事を考えると胸が痛かったのだが、これでホッとする。俺発信じゃないぞ。
 そんなわけで今日が最後。特に何もなく終わる。

 今後を考えるとどうなのかはわからないが、今は終わってよかった。
 さぁ試験勉強をしっかりやろう。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.29(月)    ホークス対ライオンズ 鷹の祭典2015
 年に1回のホークスの東京ドーム開催。しかも鷹の祭典。行かないといけない。
 が今年もチケットの競争に負けていた。要は出遅れ。今年は内野自由席の1階がいいな、と思っていたが、全滅していた。これはどうしよう、2階席でいいかな、と思っていたらバルコニーシートBというのがあった。ビュッフェシートと呼ばれるところなのだが、値段はそこそこ安い(後から知るのだが、ビュッフェの料金が付いていないからであるのだが)。そういえばこの席から試合を見たことがなかったな。面白いかも、と購入。
 バルコニーから鷹の祭典を観戦。

 今回の対戦カードはホークス対ライオンズ。この組み合わせは4年前最初に東京ドームで行われた鷹の祭典と同じカード。何とも懐かしい気持ちに。

 ホークスは武田、ライオンズは牧田の先発で始まる。
 2回表ライオンズはチャンス。2死3塁で鬼崎の打球はレフト前へ。これが落ちたら先制する。誰もが落ちるか、と思った打球。がレフト内川がダイビングキャッチ。このプレーは大きかった。
 その裏イ・デホ、松田の連打で無死1・3塁のチャンス。高田は打ち取られるも今宮がタイムリーヒット。イ・デホがホームを踏みホークスが先制。まだチャンスが続き、2死1・3塁で1番に戻って福田。打球はライト方向へ。これが走者一掃タイムリー3ベースになり、ホークス3−0とリード。
 ライオンズも反撃をする。4回表4番中村からの打順、四球・アウト・内野安打・四球で1死満塁のチャンス。ここで先ほどヒットを取られた鬼崎がライトへヒットで1点を返す。が後続が打てず。特に2死満塁で秋山は最大のチャンスであったが、三振。これは痛かった。
 その後は両チームの投手が踏ん張って残塁の山が築かれる。ライオンズは牧田―武隈―田中。ホークスは武田―寺原―サファテ。特に寺原の安定度が凄く、ライオンズの選手は打てるとは思えなかった。
 試合は3−1でホークスの勝利。ここ2年は東京ドームでの鷹の祭典で勝てていなかったので久々の美酒。そういえばライオンズ戦でしか勝っていないのか。

 今年の黄色ユニフォームは配色といいとても綺麗に見えた。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.27(土)    模試を受ける
 模試シリーズ第3戦。今日は1戦・2戦と違ってアウェイ感がのある学校での模試。ここのは過去はそんなに出来が良くない結果が多い。
 が今回は初回にしても点が伸びた。思った以上に伸びた。択一・選択ともに基準点を超えたのはこの学校では初めてかな。
 ただ喜んではいられない。ここは模試だから。本番で点を取らないといけないのだから。模試はあくまでも練習の場だからここで天狗にならないようにしないと。
 もっと頑張ろう。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.26(金)    模試を受ける
 今年の模試シリーズ第2戦を受ける。第1戦と同じ学校での模試、少しレベルが上がっていた。そこそこ出来ていたが、点数がもう少し伸びないと厳しいな、と悔しい思いも。特に労働系をもっとやらないといけない。
 ただ去年とかよりも出来は悪くないし安定もしている。残りの時間で更なる力の底上げをしよう。
 もっともっと。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.22(月)    風邪続々報
 薬のおかげで熱は飛んだ。ある程度動けるようになった。
 が咳だけが止まらない。本当に止まらない。食事をしようとすると飲み込めなくて咳き込む。キツイ。
 あ、あと喉に違和感もある。咳のせいだな。
 暑いのにマスクが欠かせない。蒸し暑いよ。
 大変。早く治れ。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.20(土)    死去
 TakeoverTargetの死去のニュースを聞く。
 何とも残念な話。
 スプリンターズSはスピードよりも力強さを感じた勝利だった。といっても私はあのレースの大半はSilentWitnessを見ていたのだが。
 でも強かったな。
 あの後香港スプリントに出られたらどうだったのだろう? 薬物違反で出られなかったのだが、もし出ていたら。
 強かった香港スプリント勢に対してどんな立ち回りをしただろうかをふと思った。

 ご冥福をお祈りします。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.17(水)    マウスピース
 昨日歯科医院で睡眠用のマウスピースを受け取る。マウスピースの効用は聞いていたが実際にどこまで効くのだろうと半信半疑であった。
 早速付けて寝る。下アゴが前に出る形になって舌が喉の方へ行かないようになっている。歯医者に言われていたようにこれならぐっすりと眠れそうだ。それに横アゴが痛くなるかも、と言われていたがそれほど影響はない。
 今現在まだ風邪が完治しておらず、咳が酷い。だから咳をするのは辛いが、それ以外はマウスピースを付けていても違和感がない。
 寝覚めはスッキリ。寝苦しさが全くない。これは素晴らしい! これからはよく眠れるようになるぞ。
 ただ過眠症は相変わらずみたいだし、不眠症も。
 まずは睡眠時無呼吸症候群は回避できたし、OKだ!

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.15(月)    スワローズ対マリーンズ
 交流戦も佳境に。試合数も残りわずか・・・というか日程上は昨日で終了している。あとは雨で順延したカードのみ。ただ今回の交流戦はセとパの勝利数で優勝を決めるのだが、パリーグの圧勝が土曜日の段階で確定している。となると・・・この試合は消化試合にすぎない。
 唯一の注目点はスワローズが勝てば勝ち越せるというところくらいか。交流戦ではいいところがないスワローズが今年はいい成績。勝ち越しを願う。

 試合は1回裏無死満塁のチャンスを作るスワローズ。畠山が犠牲フライを放ち先制。が後続が続かず1点しか止まらない。アップアップしているマリーンズ先発涌井を崩せなかったのは痛かった。続く3回裏にも畠山が犠牲フライで2点目。2回表のピンチも逃れているだけにこれは試合の主導権を握ったかな、と思えた。
 が5回表、試合は動いた。調子の良くない涌井を諦めて代打サブローがコールされる。サブローの打球はレフトスタンドへ一直線。このホームランでスタジアムの雰囲気が一気に変わった。続けて2連打を打たれたところでスワローズ先発古野は降板。が代わった久古が角中にヒットを打たれて同点になる。
 7回表、6回からマウンドに上がったオンドルセクが捕まる。無死1・2塁のピンチが。何とか2死を取るも、ここで代打井口が。井口の放った打球はバックスクリーン方向へ。センター上田が一度はグラブに収めたかに見えたがフェンスに当たってこぼれる。走者2人ホームイン、井口は3塁へ。マリーンズ逆転。しかも悪い事にオンドルセクがイライラしている。何かあるかも、と思っていたらボークが。井口もホームインし5点目。これで勝負があった。
 9回表にはバーネットが登場するも、打ち込まれて青松にタイムリーヒットを打たれる。これまで自責点0だったのが・・・。
 2−6でマリーンズの勝利。
 スワローズはチャンスはありながらもタイムリーヒットが生まれず完敗。交流戦勝ち越せず終了。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.13(土)    風邪続報
 先週末にひいた風邪はなかなか治らない。熱は強引に汗を流して落としたものの、喉が荒れている。そして咳が止まらない。
 市販薬を飲んだりするも、治りきらないので病院へ。診察の結果、薬を貰う。
 今飲んでいる薬、結構多くなったな。朝だけなら5プラス1。
 早く治れ!
 ただ即効での効果がまだない・・・。今日明日で何とかならないかな。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.7(日)    キャンセル
 土曜日に風邪を引いた。とにかく悪寒が酷い。布団をたくさん載せて、厚着をして寝る。汗をかいたのでそこそこ熱は収まったが、それでも頭痛がひどいし咳が止まらない。明日が月曜日でなければ行ったのだが、今日は日曜日。フロンターレの試合を見に行くのを断念。しっかり休んで明日には万全でなくてもそこそこの体調に戻したい。
 それにしてもツイていないな。金曜日は雨で野球が見られなくて、今日は風邪でサッカーが見られない。ツイていない。しかもそんな日に限ってフロンターレが勝つとは。どうも生観戦をすると勝てないらしい。風邪以上に性質が悪い。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.6(土)    選抜総選挙
 AKB48AKB48に興味がない。ただMNB48は大好きで、HKT48やSEK48は嫌いじゃない。本隊に興味がないってやっぱりへそ曲がり。
 だから、というわけではないが、選抜総選挙についても興味がない。
 がその選抜総選挙について少しだけ見方が変わった出来事があった。
 Facebookで香港のメイド喫茶を見ていたらテレビの前で盛り上がっていますよ、という投稿があった。あっこれは! 香港のメイド喫茶で香港人の反応を見ながら選抜総選挙の結果を見る。とんでもなく面白いじゃないか! 来年あたりにこのプランを実行してみようかな。
 面白そうだが1つ問題が。私が日本人とバレた場合、今何を言っているのか? と翻訳をさせられるのでは、という。困った事に英語も広東語もムリ。ダメじゃん。
 でもやってみたい。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.5(金)   
 今日は交流戦のスワローズ対マリーンズを見ようと思っていた。気合を入れて球場へ向かうが、その道すがら気になる情報が入る。でも本当かな? という疑心暗鬼。やっぱり行ってみないとと思い神宮球場へ。すると試合中止の発表が。あぁ・・・。
 着いた時点でも雨は降っていたし、天気予報でも雨が強くなるとは言っていた。それに備えてレインコートを持参したりしていた。
 すべてが水の泡。
 でも雨には勝てない。仕方ない。
 ただこのまま家に帰るのも、と思っていたのだが、電車に乗っている最中に心が折れる出来事が。
 帰ろう。
 こんな日もある。

一番上に戻る

 
 
 
2015.6.4(木)    火事
 テレビを見ていたのは昼前。消防車の音が鳴って、家の上でヘリコプターが飛び回っている。うるさい。この時点ではそんな感想だった。
 ちょっと外を見ようとベランダを眺めると消防車が止まっている。人ごみもある。焦げ臭い。これは近所で火事があったのか。そうなのか。
 どこら辺だろう、とお散歩。規制線の外側を歩きながら内側へ入り込むと小学校の近くに近づくと更に臭いと人垣が。この辺か。見てみると海苔屋さんのところで消火活動をしている。あぁこのお店、厳しいな。ここが火元ではないようだが、ここまで消火活動で水が被っているのを見ると。
 もう少し歩くと火元になったような家が見えた。焼けたな。
 家に戻ってからテレビを見ていたらニュースで流れた。なるほどあの辺の密集した家の中の1つが火元だったのか。そして縦に火が流れたのか、焼け具合もよく分かった。
 幸いにも近くの小学校には影響がなかったようで(ただ煙が流れてきていたので全校避難はしたそうだが)。そして火元が空き家あたりからだったそうで怪我人もいなかったという。それは良かった。
 平日の昼間から大変な火事でした。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.31(日)    今日はダービー
 大レース・・・と走れコータローより。

 ダービーを見に東京競馬場へ。ダービーを見るのもあるが、友人に会いに行く事も兼ねているのだが。
 レースは思っている以上にドゥラメンテが強かった。ここまでの力があったのか。ただ古馬との対戦になってどうなのかな。そこそこは走れると思うが。
 ミルコ・デムーロは皐月賞を勝った馬でダービーに乗ると勝つのか。2度目。

 馬券を買うつもりはなかったのだが、1万円札を崩すために馬券を購入。するとその馬券が的中。で配当は・・・勝った馬券代のほぼ同じ。なるほど、両替ね。問題なし!

 レース後は友人と飲み会。6月に共通の友人というか仲間が東京に来るのでその話と7月の福島旅行の詳細を聞く。
 いい飲み会でした。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.30(土)    模試を受ける
 今年も来てしまった、いや戦うべき時が来た、か。
 本試験に向けての模試。今年も結局本試験まで5つの模試を受ける事になる。
 嫌々受けているわけではなく、本試験に向けた体や頭作りになるのだから苦ではない。ただもう今年で終わりにしたい。

 第1戦、過去の第1戦よりは結果は出たと思う。まだ試験用の頭を作っていなかったのを考えると悪くはない。ただ悪くはない、であって良くもない。ケアレスミスで失った点が多かった。後から正解を見てあぁそうか! となってはいけない。
 今回の模試は本試験の過去問を多めに出してきていたようだった。だからこそ見極めが出来ないと。少なくとも今回のは悩まずに選びたかった。
 次の第2戦と第3戦は4週間後。そこまでにはアウトプットも出来る頭にしておかないと。
 にしても2と3が中1日。今日久々の模試だったが、やっぱり連闘で模試は受けられないな。その辺の日程を振り分けて欲しかった、LECさんとTACさん。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.27(水)    スワローズ対ファイターズ
 昨日から交流戦が始まったプロ野球。今年と来年でホームアンドアウェイになる方式で試合数も減った。残念ではある。去年までのホームアンドアウェイ2試合ずつは悪くはないが、変則日程になるのと先発投手が強いところが投手力を活かして勝ててしまう傾向もあったので考える余地もあった。今回のが良いわけではないが、もっといい形の交流戦が出来ればいいな。

 神宮球場にてスワローズ対ファイターズを観戦。
 1回裏、スワローズは山田がヒットで塁に出る。山田は調子が上がってきている。2死1・2塁から5番雄平が右中間にタイムリー2ベースヒット。山田がホームインしスワローズが先制。そして昨日入団したデニングが四球で満塁になるも、続く今浪が内野ゴロで追加点が取れなかった。ここでもう1点取れていたら楽な展開になったのかな。
 先制したスワローズであったが、直後の2回表、先発の新垣がこの回先頭打者の近藤に初球をレフトスタンドへ一発を浴びる。拍子抜けしてしまう失点であった。続く浅間、杉谷がヒットで無死1・3塁になって1死後浦野の打席のところでダブルスチールが成功。足で逆転をする。
 しかしスワローズは3回裏先頭打者の川端の2ベース、1死後雄平が右中間に2ベースヒットで川端がホームインし同点。そして4回裏は新垣2ベース、山田も2ベース。ただ新垣は3塁ストップで無死2・3塁に。ファイターズは浦野を諦めて左のガラテをマウンドに。スワローズも代打荒木。荒木の打球はショートゴロ。打球が緩かったので3塁ランナーの新垣がホームインし3−2と逆転する。
 スワローズ先発の新垣も良くないが、それなりに投球をしていたが、6回表に崩れる。四球、2ベースヒット、三振、死球で1死満塁にしてしまう。バッターは当たっていないレアード。がレアードにも死球。これで同点になってしまう。ファイターズはガラテのところで代打大谷。スワローズも新垣からロマンにスイッチ。大谷はセカンドゴロ、ゲッツーは取れず3塁ランナーがホームインしファイターズ逆転。大谷が盗塁で2・3塁になった後、西川四球でまたも満塁。中島卓がセンターへタイムリーヒット。3塁ランナーはホームイン、2塁ランナーの大谷もホームを狙うがアウト。ただ3−5とまたもファイターズがリードをする。
 ここから試合の進みが更に遅くなる。
 6回裏のファイターズは谷元がマウンドに上がるが、1死後西浦2ベースヒットで出塁、1番に戻って山田がヒット。西浦がホームインし4−5とまた1点差に。山田も2塁まで進み同点のチャンスが。ただここは谷元と石井のリレーで同点までは行けず。
 7回裏には宮西を攻めるスワローズ。畠山、雄平の連続ヒットで無死2・3塁とまたも同点のチャンスが。が犠牲フライどころか内野の頭を超える打球が出ない。大チャンスだったが無得点で終了してしまう。ただまだ山場は来る、と感じていた。
 スワローズはロマン→オンドルセク→松岡で追加点を与えず、9回裏へ。
 ファイターズは鍵谷を継いだクローザーの増井がマウンドに。3番川端からの打順。が川端、畠山と倒れて2アウト。続く雄平の打球は1・2塁間へのゴロ。勝負あったかな、と感じたが転がった場所がよく内野安打に。バッターボックスにはデニングが入る。増井の投じたボールは高く上がり大野が取れない。雄平は2塁へ。ここでスワローズは代走三輪を投入。ファイターズもセンターとライトを入れ替える。デニングが放った打球はセカンドの頭を超えた。三輪は3塁を回ってホームイン。デニングは2塁でアウトになるも同点タイムリー。大仕事であったし、2死ランナーなしから同点に追いついた。
 ライト側は勝ったような盛り上がりであった。
 10回表、マウンドにはバーネットが。2アウトを取るが、中島卓にヒット。そして田中賢介にはライト線への長打コースのヒット。中島卓は3塁を回る。危ない。が送球リレーが上手くいった。ホームでタッチアウト。よく守った。11回表も2死2・3塁のチャンスを作ったファイターズであったが、レアードが三振で無得点。
 12回表、スワローズは3人で仕留めて裏の攻撃へ。もう負けは無くなった。ただ延長に入ってからチャンスがない。この回こそ決めてくれ。畠山が四球、三輪が送れず1アウト。森岡も四球で塁に出ると、比屋根の打球はライト前へ。畠山の代走で入っていた中村はホームまでは行けない。だが1死満塁のサヨナラのチャンス。高まる期待感。が西田、西浦と内野ゴロで点が取れず試合終了、5−5の引き分け。
 試合時間も4時間54分と長い試合になった。スワローズは負けなかったのは良かった。ただ結局はいつも通り残塁数が多くて涙。まぁいいかな。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.26(火)    マウスピースへの道
 軽度の睡眠時無呼吸症候群の診察結果を受けて1枚の紹介状を手渡された。歯医者に行ってマウスピースを作ってもらうように、と。
 それがゴールデンウィーク前の出来事。紹介を受けた歯医者へ行かないと、と思っていたのだが、なかなか気持ちが乗らず日が経っていく。さすがにマズいな、と意を決して予約を入れてから今日検診に向かう。
 ここ数年で出来たビルだけあって綺麗・・・って知ってる。だって睡眠の病院と同じビルの同じ階数だから。でも受付から綺麗だ。
 名前が呼ばれたので中へ。最新の歯医者ってこうなっているのか、と驚く。まずはチェアーユニットのクッションが柔らかい。スムーズな倒れ方をする。全く苦痛がない姿勢になれる。しかもここはモニターがあって、モニターを使った説明もしてくれる。凄いなぁ。
 今回はマウスピース作成なのだが、歯と口の具合を見るためにレントゲンを撮る。で結果がすぐにモニターで見られる。しかも鮮明に。驚きが多すぎる。
 なるほど、歯と口には問題はないが、歯の着色が気になる、と。今度ホワイトニングをお願いしよう。
 レントゲンを見ていると右の奥の歯が割れていると。何でだろう、と思いながら説明を聞いていたら思い出した。ここは親知らずで5年位前に取ろうと思って取れなかったやつだ。その時の影響で割れてしまっていると。なるほど。先生曰く取れますよ、というので試験勉強が終わったらお願いするか。
 歯の型を取ってこの日は終了。次に来る時には出来上がっていて、最終的な完成はそのまた先。楽しみだ。ただ金銭面的には厳しいがね。
 今まで行っていた歯医者も悪くないのだが、以前に比べると仕事に対してあんまり意欲的ではなくなってしまっているし、元気もない。なので今回からこっちの歯医者にお願いしようかな、と思う次第。腕はどうかな? という不安がないわけではないが。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.22(金)    イースタンリーグ スワローズ対ベイスターズ
 神宮球場でのイースタン開催。しかもナイトゲーム。という事で見に行く。
 2軍の試合は試合結果より出場選手の活躍が気になる。特に若手が。
 がベイスターズのスタメンを見ると桑原や松本啓二郎、山崎憲、多村、高崎がいて、故障明けの梶谷もいる。全然フレッシュ感がない。もっともスワローズもユウイチや松井淳がいるから何とも言えないが。ただスワローズは原や星野、風張といったルーキーがスタメンに入っている分だけマシかな。
 気になった、というかもっと頑張ってくれている姿を見せてくれ、とスワローズの川上や川崎を注目していた。川上は2安打と良かったが、川崎はノーヒット。少しだけ1軍にいたが、また1軍に戻るためにもっと打ってくれ。
 スワローズの藤井は一体どうしたいのだろう? 三輪2世にしたいのかな? と思ってしまう。本職キャッチャーなのに試合に出る時はセンターやサード、セカンド。今日はセカンドで出場。どうしたいの?
 試合は4回表、無死2塁で宮崎の打球は1・2塁間へ。松井淳が追いついて1塁に投げるも悪送球で2塁ランナーがホームインし先制。そしてこの得点がこの試合唯一の得点となる。
 0−1でベイスターズ勝利。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.19(火)    追加
 台湾旅行と香港旅行の間に2本フォトムービーを作成。
 1本目は香港スターフェリー風景2014年12月。
 https://youtu.be/1HQL82QhIS8
 これは香港のヴィクトリア湾で活躍するスターフェリーの船窓を写真と動画を織り交ぜて1本のムービーにした。
 動画はスマホで撮影したモノ。それなりに撮れているだが、やっぱり夜だと弱いな、と思ってしまう。もっとも5年近く前のスマホだからカメラ機能も凄く良い訳ではない。それでも頑張っている。

 2本目はホウトン・猫村の猫。
 https://youtu.be/Bpzbz3s6exk
 ホウトンは漢字。ただここでは変換されないのでカタカナ。
 台湾のホウトンという村の猫たちを写真と音楽で1本のムービーに。
 ただただ猫ばかり。もっと村の情報や猫が動いているところがあれば。本当に雨が憎い。ただ1回行ったので次はもっと時間をかけて、行動範囲を広げて歩いてみたい。そしてそれを第2弾として作りたい。
 そのためには天気が良くないと。次は晴れて。

 どちらも5分程度のフォトムービー。お時間がある時に見ていただけると嬉しいです。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.15(金)    香港メイド喫茶店
 そんなわけで香港のメイド喫茶を調べた結果を紹介。

 まずはCafeMatsuri(彌敦道578-580 恒隆大廈8樓44室)。
 ここは硬派なメイド喫茶。ビルを探し出すのに一苦労。そしてこのお店はビルの入口にある郵便受けの上にも看板を張り出していない。エレベータも左右で止まる階が違う。ようやくエレベータに乗ってお店の前に行くとやっと看板が見つかる。まさに隠れ家的なお店。
 行った時は休業中(5月中はお休みとの事だった)でまたも入る事が出来なかった。
 次こそ。

 このビルの中にはもう1店お店がある。
 Henshin Cafe(旺角登打士街46 恒隆大廈11樓)。
 同じビルなのに住所が違うってどういう事だろうか?
 ここには入らなかったのだが、Facebookを見る感じでは日本の学校の制服を着ているのが多く見られる。多分メイド喫茶というよりコスプレ喫茶に近いのかも。一応メイド喫茶をあるが。
 次にチャレンジしたいお店の1つ。

 CafeMatsuriには姉妹店がある。
 MatsuriTearoom(甘芳街1-7A 新萬利大廈地下C舗)。
 彌敦道の向こう側にあるお店で、店舗の周りは工場などが目立つ。その中で水色を基調とした外装に違和感があるが、それもまた面白い。
 お店は10人くらいが入ると満員になってしまう小さな喫茶店。紅茶に自信を持っていて、メニューにはたくさんの紅茶の種類の名が。紅茶好きにはたまらないだろう。料理もしっかり作られている。またメイドさんの所作を見ているだけでも十分お金を払う価値がある、気品がある姿はたまらない。
 またホスピタリティも高く、ここでの時間は至福であった。
 ここに来て、CafeMatsuriに対してますます期待感が高まった。

 MaidCafeMoeとふわふわ喫茶店(〔豆支〕油街24-26 福泰大廈5樓B室・6樓B室)は姉妹店らしい。
 ここはビルの入り口にお店の看板が貼ってあるのでわかりやすいはず。
 行ったのはふわふわ喫茶店の方。メイドさんの衣装が青を基調していて、室内の水色とマッチしている。海と空をイメージしているのか、その爽やかさに居心地の良さを感じた。
 ここは飲み物の種類も豊富だったのだが、頼んだのがバニララテだったのだが、ミルクタンクのような大きめな容器に入ってやってきた。このまま飲んでいいのか悩んだ。MaidCafeMoeのメイドさんもこっち側に来ていたり。
 ここは香港オタクさんたちの憩いの場になっているが、そこまでガヤガヤしていないのがいい。
 メイドさんも必死に日本語をしゃべろうとしてくる姿がいじらしい。
 ここもいい時間だった。
 次はMaidCafeMoeの方に行ってみたい。

 同じ〔豆支〕油街にあるCafe魔法学園Maidjikku(〔豆支〕油街21-21B 昌記大廈4樓A室)。
 ここはビル自体があまり綺麗ではなく、入りにくい。またエレベータのところにいるオッチャンにどこ行くんだ? と言われる。メイド喫茶と言ったらセーラー服のところか、と。
 お店の中も正直綺麗ではないが、オタク感がいい感じ。隠れ家というより隠れ遊び場という感じかな。
 店内にあるPS3などのゲームで遊んでもいいそうだが、据置ゲームにはあまり興味がないので・・・。
 メニューは豊富でキッチンでキッチンで作っているのが見られるのが何ともいいかな。
 制服は学園というだけあってセーラー服を基調した物。意外と嫌いじゃない。
 行った日だけだと思うのだが、金曜夜はそんなに混まないのかな。個人的にはここは悪くない。また訪れたい。そんな雰囲気を作ってくれたメイドさんにまた会いたいというのもあるが。
 フレンドリーなメイドさんに癒された。

 CafeHikari(彌敦道566-568 僑建大廈2樓1室)。
 ここはメイド喫茶というよりアイドル喫茶。アイドルのコスチュームに似た制服を着た子たちが出迎えてくれる。
 行った日がメイド服イベントだったらしく、アイドルコスチュームではないのだが、この制服も可愛い。紺と白のメイド服。いい配合。
 ここのメイドさんというかアイドルさんは結構自由。お客さんへの給仕を給仕をしない間はイベント用の写真のデコレーションをしている。でもその姿も可愛いので許す。というか見守っていたい。
 その中のメイドさんが私に日本語でいっぱい話しかけてきてくれた。日本語もしっかりしていて、気兼ねなくおしゃべりが出来た。笑顔がキュートな女の子だったなぁ。
 店内は綺麗な装飾がされている。またダーツが出来るのでそれで遊んでいるオタクさんたちがいた。
 メニューはイベントデーのせいなのかはわからないが少なかった。ただガッツリと食べられるようなのでお腹を空かせていくのがいいかも。
 今度は正規のアイドルコスチュームの時に訪れたい。

 ATFieldCafe(登打士街43 登打士廣場13樓1301-1302室)。
 このビルには色んな喫茶店やレストランが入っているようでエレベータが混んでいる。
 店内は少し味気ないように感じるが、それを払拭してくれるのがメイドさんのコスチューム。ピンクをメインとするメイド服は好み。台湾のMaidenDinnerを思い出させる。このメイド服を見ているだけでも十分価値はある。
 メニューはオーソドックス。キッチンはカーテンで隠れていて、見せない配慮も悪くない。
 ここはあまりメイドさんがお客さんに絡まないのかな。それもそれでいいのだが、他が結構絡んできてくれたから少し拍子抜け。
 この店の名前であるATFieldって何だろう? という疑問が。帰り間際に聞いてみたら、場所を指さしてくれた。あぁなるほど、絶対領域の事か。確かにこのメイド服は絶対領域が輝くデザインになっている。
 夜遅くまで営業しているので真夜中に行ってみようかな。
 あとお店に貼られていた「巨乳」の習字。意味、わかっているよね、多分。意味知っている? と聞いたらセクハラになっちゃうかな?

 SugarFactoryCafe(西洋菜南街5 好望角大廈16樓03室)。
 ここもビルを探すのに苦労した。
 ようやくお店の前に着いたら、ドアにMemberOnlyと書かれている。えぇそうなの? でもベルを押してみたら中からメイドさんがどうぞ、と入れてくれた。Memberじゃなくてもいいみたい。
 過度な飾りがない、シンプルな部屋。うん喫茶店というより部屋というのが合っている。キッチンが席から見られて、料理を作っているのをしっかり見られるのもなんかいい。
 メニューも揃っている。多分キッチンでメイドさんが料理を作ってくれるのだろう。今度はその姿を見たいな。
 この日は何故かメイドさん1人しかいなかった。香港オタクさんたちと話をしながら写真のデコレーションをしていた。こっちには話しかけをしてくれなかったけど、それはそれで問題ない。逆にその姿を見ているのが楽しかったので。
 ここも遅くまで営業をしているようなので真夜中に来てみようかな。

 これが現在調べられた香港のメイド喫茶。
 もう一度調査のために来店したいし、香港に行くたびに訪れたい店もある。今回行けなかった店もあるし、多分今度行ったら違う店が開店しているかも。
 あぁもう香港に行きたくなってきた。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.14(木)    香港メイド喫茶事情
 今回の香港旅行ではメイド喫茶に足を運んだ。その数5つ。結構な数。何しているのだか。

 香港でのメイド喫茶はなかなかお目にかかれなかった。その理由の一つに香港にはリアルメイドさんがいるから。香港のほとんどの家庭には東南アジアからの家事労働者がいる。日常にメイドさんがいるという現実、日本人の理想のメイドさんが太刀打ち出来るものではない。そのせいかなかなかお店が出てこなかった。
 銅鐸湾のMaidDateが走りであったが、ここはメイド服を着た女の子が給仕をしてくれるくらいで魔法とかは特になかった。あと旺角にあったMaiderLandという香港の大学生が日本の文化の勉強と普及のために開いていた喫茶店もあった。がどちらも長続きはしなかった。
 ここがなくなって次に誕生したのがCafeMatsuri。出来た年くらいに行ったのだが満員で入れなかった。でいつかここでお茶をしようと思いながら行けずじまいだった。その間に旺角にいくつものメイド喫茶が誕生していった。
 誕生はしたが、それ以降足が遠のいてしまった。それではイカン、とメイド喫茶ツアーをしてみた。

 ツアーをするとなると情報が必要。ネットで調べてみるとすぐに出てくるのがCafeMatsuri。ここの姉妹店のMatsuriTearoomもよく出てきた。あとは情報が薄い。ただ数店の名前が出てきたのでメモる。
 日本だとHPだったりブログでお店情報が流れるが、香港だとFacebookが主になっている。Facebookで調べてみると結構出てきた。中には閉店しているお店もあったが・・・。でもこれでかなり検索がはかどった。Facebook繋がりで違う店が見つかったりもしたし。
 その中で気になるお店に突入してみた。

 メイド喫茶というお店もあれば制服を着た女の子がいる店もあり、多種である。でこちらが日本人だとわかると日本語でしゃべってくれる子がいたりする。拙い子もいれば普通に会話が出来る子もいたり。
 とあるお店の子は日本に短期交換留学した事があるという。その子は大学で日本語を勉強しておらず、もっぱら日本のアニメで日本語を覚えたという。それでこんなにしゃべれるの? という驚きが。
 他にもわかる範囲の日本語をしゃべってくれる子がいたりもした。
 台湾のメイド喫茶でも何とかしゃべろうとしてくれる子もいるし、その辺は同じ感覚であった。
 違うお店では片言英語でおしゃべりも。お店にお客さんがこちらだけという事もあったのだが、積極的に話しかけてきてくれる度胸が可愛かった。ケーキの話題で盛り上がった。
 気になったのは硬派のお店が多くなく、気さくにお客さんとの会話を楽しんでいるメイドさんが多かった事か。悪くはないし、多分これが香港スタイルなのかもしれないし。日本のが良いというわけでもないし、その国に合ったスタイルがあればそれでいいと思う。

 あと香港メイド喫茶あるあるなのだけど、各席に呼び鈴がある。これが良かった。メイドさんを呼んでいる感覚にもなったし。
 買いにいかないと。

 お店のメニューはまちまちで、揃えがいいところとそうじゃないところに差があるかな。ただそんなに良くなくても料理はしっかりしているようなのでその辺はもっと深く掘り下げないといけない。
 何せ今回は多くの店に回ろうと飲み物プラス甘い物で済ませていたからその辺をパスしていた。
 ただメニューを見ると、どのお店にもオムライスはあるようで、あとスパゲティを使った料理などガッツリ系も目立つ。

 どのメイド喫茶もどこにあるのかわからない。多分日本人で香港初めてですという旅行者には見つけ出す事はほぼ不可能。メイドさんに香港は初めてですか? と聞かれる事が多かったが、初めての人はここまでたどり着けないよ、と何度心で呟いた事か(これはメイドさんが悪いわけでもないし、お店も悪くないから言わないが)。
 特にCafeMatsuriはハードルが高い。初めて行った時はビルの前で30分近く迷った経験がある。
 もし香港でメイド喫茶に行きたいと思ったら、現地の地理に詳しい人を捕まえて行ってください、としか言えない。
 探すのも楽しめる人には是非とも歩き回ってほしいところです。

 結論としては日本文化の想像上のメイドさんを再現するように頑張っていて、また自分たちのアレンジも加えている姿を見に行ってください。日本のメイド喫茶とは違った楽しさがあるから。
 かなり強引な仕上がり。

 明日はFacebook上で探し出した、今営業しているお店の紹介。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.13(水)    スワローズ対タイガース
 神宮球場にてスワローズ対タイガースを観戦。スワローズは連敗中。今日のタイガースの先発が岩田なだけに、スワローズは新垣なだけにスワローズには厳しい戦いと予想。ただ今年は1軍の試合観戦は負けなし。その運を活かしてほしい。

 2回表のマートンがスワローズの捕手西田に対しての殺人タックルでスタジアムがヒートアップした試合はタイガースペースに。
 3回表に梅野に一発を浴びると、1死後西岡を歩かせてしまい、続く上本の左中間への2ベースの間に西岡がホームインし2点目。その裏に畠山がソロHRを打って1点差にするも悔いの残る先制点だった。
 その後新垣は復調するも、6回表に自滅する。2死2塁から新垣は2つの暴投でランナーホームイン。あぁというため息が残る中、マートンがヒット、福留がライト側へわずかにポールを巻かずファールになるも、今度はレフトスタンドへ文句なしのホームランで2点追加、1−5とタイガースリードになる。
 スワローズは7回裏に川端の犠牲フライで1点取り、岩田を降板させる。そして2死1・3塁から雄平のタイムリー2ベースで再び1点差に。
 が8回表、3番手の古野が乱れて無死1・3塁にしてしまう。マートンを内野ゴロ、ホームアウトで1つアウトを取ったところで徳山に。が徳山が福留を歩かせてしまって満塁。ピンチが続く中、今度はロマンに交代。ここで代打関本がタイムリーヒットで1点、続く代打狩野が犠牲フライで1点、4−7と再び突き放されてしまう。
 さすがにこれで終わった、と思った。しかも8回裏は3人で抑えられて、9回裏にはマウンドにオ・スンファンが上がるのだから。
 しかし先頭打者の山田がレフトスタンドへソロHRを放つ。1死後ランナーが2人。もしかしたら、とまた盛り上がるライトスタンド。がさすがはオ・スンファン。雄平・荒木と抑えて試合終了。
 5−7でタイガース勝利。
 ただ正直な話、今日は追いつける要素が無かった。完敗感がいっぱい。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.10(日)    帰国
 7日深夜というか時計上では8日に羽田を飛び立ち、早朝に香港に到着。そして9日のギリギリの時間に(正確な事をいうと時計上では10日になっていた)香港を離れて10日早朝に羽田に。
 日時的には1泊3日、香港には2日いたが、の短期間旅行に行ってきた。
 今回の旅行のチケットを買ったのは1月。ちょうどLCCの香港エクスプレスでセールが行われていて、そこそこ格安の値段で香港に行けるとあって勢いに乗って買ってしまった。全然後悔していないが。
 勢いに乗せた理由はクリームあにきに会いたいから。早くまた逢いたかった、あのイケメン店長に。

 ここ数年香港には年に1回しか行っていない。なので12月に香港に行くと行きそびれる場所がどうしても存在してしまう。そこの補完をするか、と旅行の出発直前に予定を練って色々と歩き回ってきた。行きたかったけど行く事が出来なかった場所に辿り着けた。なので今回の旅行は大成功。
 LCC万歳!

 ただいつも書くのだけど、香港はここ数年物価が上がっている。そして追い打ちをかけるように昨年10月くらいからの急激な円安。これはかなり痛い。滞在費が以前に比べると多分1.3倍になっているではないかな。財布に厳しい。
 それでも香港に行くと気持ちが晴れる。いい気分になる。
 台湾もいい場所だし、韓国も悪くない。だけど香港には敵わない。
 香港がイチバーン!

 LCCで安く香港に行けるのでせめて年に2回は香港に行けるようにしたいな。

 そんなわけで香港旅行に行ってきました。
 旅行記を作らないと、と言いながらまだ昨年12月のが出来上がっていないし、当然4月の台湾もまだ。台湾のはフォトムービーも作れていないし。頑張らないと。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.6(水)    明日
 明日出発。
 台湾旅行から帰ってから何をしようかで悩んだ。ノープラン過ぎて。その中でようやく見えてきたのがあって、やってみるか、と。
 一応考えているのはYoutubeでのフォトムービー旅行記の構成もあるから。まったくノープランだとスカスカな内容になってしまう。今でもスカなのに。だから柱を考えないといけなくて。でも光が見えた。これをやろう。
 そんなわけでやってやる!

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.5(火)    ヤバい
 今週香港旅行に行くのだが用意が済んでいない。なので焦っている。
 パスポートとお金を用意しておけば問題はないのだが、でも何か忘れているのでは、と焦る。困る。
 今回は1泊2日みたいなものだし、ただ香港をブラブラするだけだから特に持っていなくてはいけない物もないので大丈夫だと思うのだが。
 調べ事があってそれの結果を出しておかないといけないのだが、それもまだ。さすがにそれは困るよ。
 とにかく焦ってヤバい。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.3(日)    800万円
 1時間半の間に100円が800万円になった人がいた(正確には何十通りを買っているから100円ぽっきりではないが)。

 友人の事なのだが、WIN5を購入。1着を5レース連続で当てないといけないのだが、友人は全レース的中。的中数が61とかなり絞られての的中。その結果800万円の配当が。
 目の前の友人がWIN5を的中させたのも凄いが、800万円の配当のを当てたのが凄すぎる。
 勝てない。

一番上に戻る

 
 
 
2015.5.1(金)    スワローズ対カープ
 今日は山田哲人のボブルヘッド人形の配布日(ただしチケット購入先着1万名)なので早めにチケットを買っていた。じゃなかったら来なかったかな、ゴールデンウィークだし。おまけにチケットは前売りで完売。混み合う神宮にはあまり行きたくないからこのイベントがなかったら来なかったかな。

 先発はスワローズが小川でカープが黒田。とても魅力的な先発。これは面白そうだ。
 満員のスタンドではあるがカープファンの方が多い。もともとここ数年カープファンの神宮球場の比率は高かったので驚きではないのだが、スタンドの雰囲気はカープのホームのようだ。
 が初回から点が入るとは予想すらしなかった。
 山田ヒット、犠牲バントで2塁へ。川端がヒットで1死1・3塁で4番畠山がサードへのゴロ。打球が死んでいたので3塁ランナーの山田が生還出来てスワローズが先制。
 続く2回裏は荒木内野安打から始まり、2死満塁のチャンスに上田が右中間を抜ける打球を放つ。ランナーは全員生還し、打った上田も3塁へ。一気に4−0と黒田を攻略。
 そして3回裏には雄平がライトスタンドへホームラン。
 5−0。黒田先発でこの展開は想像出来なかった。スワローズは小川が先発だし今日は楽勝だと感じる展開であった。
 しかしそう簡単には進まない。
 4回表小川が乱れる。2つの四球で2死1・2塁で梵の打球はライト方向へ。わずかにポール手前で曲がるファールになる。が次に放った打球はレフトスタンドへ。
 5−3とわからなくなる。
 しかも黒田は4回以降はヒットを打たれない。梵のホームラン以降カープファンの応援のボルテージも上がっている。何かが起きてもおかしくない雰囲気が漂う。
 黒田は6回終了で、小川は7回終了でマウンドを降りる。
 8回表スワローズはオンドルセクが2番手としてマウンドへ。が田中、菊池にヒットを打たれる。ちょっと嫌な流れになり、球場もいつもの神宮球場ではなくなっている。丸の内野ゴロの間に1死2・3塁になり、新井のサードゴロで田中がホームインし1点差、しかもランナーが3塁に。ここでスワローズはクローザーのバーネットがマウンドへ。一打同点のピンチ。だがロサリオの打球はセカンドライナー。最大のピンチを脱すると、9回表もバーネットが締めて試合終了。
 5−4。ハラハラドキドキの試合。スワローズは勝てて良かった。
 それにしても球場ジャックされている気分であった。

一番上に戻る